ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール!トッテナムに1:0で勝利!南野は出番なし!21戦20勝の新記録達成《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

モウリーニョもクロップを止められず!

また勝利!そして記録達成!


klopp012.jpg

リヴァプールはトッテナムに1:0で勝利したが、2位のレスターに16ポイントを着けている。さらに1試合少ないのだ。

スポンサーリンク


そしてこれはリヴァプールにとって新記録となっている。21試合で20勝1引き分けで61ポイントを獲得したのだ。これを達成したチームはイングランドではまだない。リヴァプールは今から2年前のマンチェスター・シティよりも良いのだ。その時シティはシーズン100ポイントを達成している。そしてジョゼ・モウリーニョもクロップを止めることができない。


▶37分:モー・サラーがペナルティー・エリア内でフィルミーニョにパスする。このブラジル人がそれを簡単に決めてゴールだ。これでシーズン7ゴール目だ。


リヴァプールはその前からすでに圧倒的だった。3分にはチェンバレンがポスト直撃シュートを放ち、22分にはファン・ダイクがヘディングで大きなチャンスを外している。


一方トッテナムのスター、ハリー・ケーンは太ももの手術を無事に終えたようだ。彼は土曜日に病院のベッドの上で親指を立てた写真を投稿している。彼は“これから回復に向かう”と語っているがこれはモウリーニョにとってはうれししニュースとなった。




以上です

リヴァプールが完全に独走状態に入りましたね。南野選手はベンチに入りましたが、出番はありませんでしたね。まあ昨日は1:0でしたからタイミングも難しかったですね。前線では81分にオリギがマネの代わりに、そして91分にシャキリがサラーの代わりにプレーしていますね。


[ 2020/01/12 18:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
リーグデビューするための試合内容ではなかったですね。
早く優勝が決まり、消化試合が増えてくれれば絶好の機会が巡ってきそうですが。
CLの間にある試合はチャンスですね。
前線のトリオはもう世界ナンバー1の凄まじさなので、南野はフィルミーノの側にいるだけでもかなり勉強になると思います。
もう本当に凄い選手ですよね。
ザルツブルクで忍耐強く戦ってきた南野なら、時間を掛けても学んで吸収してくれるんじゃないでしょうか。
期待しています。
[ 2020/01/12 18:47 ] [ 編集 ]
ミランみたいに引き分けのみ全勝優勝達成狙えるな
[ 2020/01/12 19:03 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。