ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

サラゴサ!香川の冬の放出を否定!夏までの残留を明言!《スペインメディアの反応》

【Traspasos】

レアル・サラゴサ!香川の冬の放出を否定!


kagawa8870.jpg

この日本のミッドフィルダーは期待されたプレーができていない。しかしクラブはそれでもシーズン末まで彼を残る事にしたようだ。


香川真司はスターとしてレアル・サラゴサにやってきたが、良いスタートを見せたものの、その後成功を収めることができていない。このドルトムントから移籍してきた日本のミッドフィルダーはまだサラゴサでは完全に火がついていないのだ。彼は18試合で2ゴール1アシストを記録している。


スポンサーリンク


しかしレアル・サラゴサはこの選手の冬の放出を否定した。スポーツディレクターのアランテグイによると、香川がシーズン末までプレーするのはごく自然であるとのことだ。

このマネージャーは“ここサラゴサにやってくるために大きな努力をしてくらた。スポーツ面でも経済面でもね。もちろん彼にとって後半戦がより重要になる事は事実だ。彼はよりよいパフォーマンスを見せなければならないね。でも彼は今シーズン序盤にその力をすでに見せている。彼がその最高レベルを出せるように回復させる必要がある。これはシーズン後半に向けて非常に重要だ。”と語った。


仮に香川が移籍の希望を出した場合のみ、サラゴサは彼の意見を聞くつもりがあるようだ。しかし香川はすでにソーシャルネットワーク上で6月までサラゴサでプレーするつもりであると発言しており、クラブもそれを知っている。香川はサラゴサと2年契約している。




以上です。
サラゴサは2位のアルメリアと3ポイント差ですから、昇格の望みはまだありますね。しかし4位以降ともそれほどポイント差がないので、簡単な戦いではないでしょうね。香川選手の復活に期待しています。

[ 2020/01/13 16:46 ] 香川 | TB(-) | CM(8)
現在の香川選手状態だと、トップ下もしくはシャドーは厳しいと思います。
既にここ数年は、トゥヘルの時にやっていた4-3-3のインサイドハーフが適所のように思います。
香川信者の自分でも、信じきれなくなってしまっています。
まだまだやれるはずなのですが・・・
[ 2020/01/13 16:59 ] [ 編集 ]
サラゴサのスポーツディレクターの言う通り、後半戦はチームにおいて重要な存在になれるように頑張らなければなりませんね。
[ 2020/01/13 17:10 ] [ 編集 ]
香川加入で昇格に向けてスイッチが入ってポジティブな空気がサラゴサを覆った日の事を忘れないで欲しいね。出だしの10試合位(病気になる迄)はヒーローだった。
その後の腰痛やグロインペイン等コンディションの悪さから調子落としたけど、サラゴサにもたらしたポジティブな勢いはここ数年無かった訳で、重要な選手に変わりないよ。コンディションさえ戻れば頭抜けた存在で有る事は間違いないしね。
[ 2020/01/13 17:22 ] [ 編集 ]
リーガセグンダはブンデスと同じくカオスになってるから、ここから上に抜けていくには経験者の力をどれだけ生かせるかにかかってるでしょ。
まぁこの時期にリリースは自殺行為だよ。
この先フェルナンデス監督の腕の見せ所だよな。
[ 2020/01/13 20:09 ] [ 編集 ]
香川の不調が続いたのはインフルエンザで大幅に痩せたことと内転筋の怪我
治療しながらプレイしているためかいい時と悪い時とが極端に出てる感じかな
まぁ結果のことは言われてるけど、最初のほうでスコアポイントつかなかったけどベストイレブンに選ばれた試合もありましたね
[ 2020/01/13 22:36 ] [ 編集 ]
信者とか言ってる時点で、、、ね
[ 2020/01/14 16:29 ] [ 編集 ]
1米さんってあの「心配するふりして貶す人」ですね(笑)
[ 2020/01/14 18:09 ] [ 編集 ]
>香川加入で昇格に向けてスイッチが入ってポジティブな空気がサラゴサを覆った日の事を忘れないで欲しいね。

本当にその通りだと思います!あれがなかったら今年も中堅以下をウロウロしているんではないかな。そのくらいの前向きのインパクトでしたよ。香川のいることを大切にして勝ち続けて欲しいです。
[ 2020/01/15 16:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。