Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

BVB!選手たちがドルトムントがまだトップチームではない理由を説明!《ドイツの反応》

【Eurosports】

ビュルキとアカンジ!
どうしてドルトムントがまだトップチームではないかを説明!

akanji.jpg

目標は優勝だ。昨シーズンのドルトムントはそれにものすごく近いところにいたが、その野心も今シーズンはところどころでしか見られない。ルシアン・ファヴレのチームは完全にうまくいっているとは言えない。チームのリーダー的な存在であるロマン・ビュルキとマニュエル・アカンジはドルトムントがトップチームではない理由を説明している。

スポンサーリンク


目標は優勝だ。昨シーズンのドルトムントはそれにものすごく近いところにいたが、その野心も今シーズンはところどころでしか見られない。ルシアン・ファヴレのチームは完全にうまくいっているとは言えない。チームのリーダー的な存在であるロマン・ビュルキとマニュエル・アカンジはドルトムントがトップチームではない理由を説明している。


ドルトムントは頂上に立つというのがどういう気分かを良く分かっている。昨シーズンは時期においてはものすごいパフォーマンスを見せたが、それでも優勝には値しなかった。


ドルトムントは現在ブンデスリーガで4位に位置しているが、まだ優勝の可能性がなくなったわけではない。


ロマン・ビュルキとマニュエル・アカンジはスポーツビルトにおいて、以下のように説明している。

“僕たちのクオリティーはとても高いし、そのクオリティーは昨シーズン以上かもしれない。でも新加入が適応するのに時間がかかったかもしれない。でもそのプロセスはもう終わっている。”


しかしながらドルトムントはまだトップチームではないとこの二人は語る。アカンジがチームに継続性が足りないと指摘する。


“僕たちは4連勝したのに、その次のライプツィヒ戦とホッフェンハイム戦ではポイントを5ポイントも落としている。試合では大部分で相手を圧倒したのにね。もうこういうことが起こってはならない。何かを達成したければ、このような事を許してはならないね。”と彼は語った。


ドルトムントは前半戦最後の試合でホッフェンハイムに1:2で敗れ、その前の試合ではライプツィヒと3:3で引き分けている。


ドルトムントは現在30ポイントでバイエルンと3ポイント差、そして首位のライプツィヒと7ポイント差となっている。




以上です。

こういうことが起こってはならない・・。このセリフは今シーズン何度も聞いています。ロイスも言っていましたし、ファヴレも言っていましたね。それでも何度も繰り返してるのが気になります。



[ 2020/01/15 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
エクスキューズを言うことが常態化してしまったな。
お客はいつまでも言い訳を許すほど甘くはないと思うけどね、、、
クロップのチームは勝ってもスンマセンなのにな、、、
[ 2020/01/15 20:01 ] [ 編集 ]
ドルトムントの選手たちは、毎年僕たちはレベルアップしている、と発言しているような気がします。確かにメンバーを見るとなかなか粒揃いではある気がしますが、優勝となると現実的に考えられない詰めの甘さが彼らにしみついているように感じられます。
[ 2020/01/16 03:04 ] [ 編集 ]
メンバーはいいが以前みたいなチームとしてのオーラがないような気がする
監督のせいかな
[ 2020/01/16 22:53 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。