ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マン・ユナイテッドファン!ハーラント(ドルトムント)の獲得を逃したことで激怒!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ】

haaland55.jpg


ボルシア・ドルトムント!ハーラントを巡ってファンが激怒!


エーリング・ハーラントはボルシア・ドルトムントの後半戦開幕でファンに夢のような試合をプレゼントしている。ファン達の絶賛は鳴りやむこともない。このストライカーはデビュー戦となったアウグスブルクで途中から出場するとすぐに結果を出したのだ。


スポンサーリンク


そして彼は素晴らしい記録を残している。彼は最初のレバンドフスキ―、オバメヤン、アルカセルに続いて、最初のアウグスブルク戦でハットトリックを達成した選手となったのだ。


しかし別な場所ではこのハーラントの活躍がファンの怒りに火をつけている。


土曜日の午後、マンチェスター・ユナイテッドのファンは怒りに燃えていた。開始56分に途中交代で出場したハーラントがハットトリックを達成したのである。


多くのマンチェスター・ユナイテッドのファンはこの結果に激怒する事となった。なぜならユナイテッドもハーラントの獲得に動いていたからだ。メディアの報道によると、獲得間近だったともいわれている。しかしこのノルウェー人は最終的にドルトムントへの移籍を決断している。獲得できなかったのは、ユナイテッドがライオラとの交渉を避けたためだとされているのだ。


これはユナイテッドのファンにとっては許すことのできないミスだ。この責任はユナイテッドの会長エド・ウッドワードにある。

ユナイテッドのファンの反応は以下の通りだ。


・ハーラントはデビュー戦でハットトリックを決めた。ウッドワードは刑務所に入るべきだ。これは犯罪だ。

・すでにドルトムントはハーラントの獲得から利益を得ている。ウッドワードは本当に誰が必要か何も分かっていない愚か者だ。

・なんて愚かな人たちなんだ・・。

・これは今世紀最大の冗談だ。ハーラントのハットトリックが計画性のなさの良い例となった。

・ハーラントはドルトムントでうまくいったようだ。彼とサンチョのデュオは凄い事になりそうだ。ウッドワードがもっと嫌いになった。

・ク〇くらえ!マン・ユナイテッド!

・もし僕たちがしっかりしたクラブだったら、明日の試合でハーラントがプレーしていただろう。

・もうこんなバカげたことはやめてくれ!ハーラントの獲得争いに敗れてしまった。



すでにウッドワードとスルシャール監督が批判されてから長い事立っている。幹部たちはクラブを安定させることができないのだ。ハーラントの獲得ミスに対する批判は、氷山の一角に過ぎない。




以上です。


ライオラはポグバとミキタリアンの扱いでユナイテッドに対しては良い思いはしてなさそうですからね・・・。それでもビジネスですから利益があれば移籍させたでしょうが、現時点でのお金よりも、ドルトムントでプレーさせたほうが数年後に大きくなると思ったんでしょうね。






[ 2020/01/22 19:06 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
 ライオラ側はUTDとの取引でかなりの利益を得ていました。UTD側が嫌うのは当然ですけど。
[ 2020/01/22 20:52 ] [ 編集 ]
まぁ、俺もマンUよりドルト薦めるね。
[ 2020/01/22 23:59 ] [ 編集 ]
いやドイツだからやで
まだ若いゆえシュートは本当に上手いけどそれ以外は
あ、マンユーにピッタリやw
[ 2020/01/23 13:13 ] [ 編集 ]
今のマンUに行きたいやつなんかいるんかね
[ 2020/01/23 14:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。