ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント世代交代!夏には5000万ユーロで17歳若手を獲得か?《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

BVB世代交代!

誰が去り誰がやってくるか?5000万ユーロの補強?


rennes.jpg


エーリング・ハーラントの獲得は単なる序章に過ぎない。ドルトムントはさらなる補強に動いている。夏になれば、その計画を実現するべく、いくつかのポストに空きが出るとされている。


スポンサーリンク


ジェイドン・サンチョは多くのトップクラブの興味を引いている。ドルトムントが来シーズンも彼を留めておくことは無理だ。値段は1億5000万ユーロにもなるとみられている。


またマリオ・ゲッツェの時代も終わるとされており、さらにピスチェクの契約も今年の夏までとなっている。パコ・アルカセルは冬にでもクラブを去りたいとされている。


その他にはダフード、シュメルツァー、そしてブルーン・ラーセンが適切なオファーで移籍できるとされている。それはアカンジも同様だ。ローン移籍級のシュルレ、トプラク、トルヤン、ゴメスにドルトムントでの将来がないのは明らかだ。



ドルトムントはすでに補強に動いている。

そのリストの最上位に位置するのがアシュラフ・ハキミだ。ドルトムントは彼を正式に獲得従っている。補強の目玉となるのはスポーツビルトの情報によるとエドゥアルド・カマヴィンガだ。この17歳はフランスのレンヌでプレーしているが、16歳4か月27日でデビューを果たしている。これは5大リーグで最も若いデビューとなっている。カマヴィンガの値段は5000万ユーロとされている。




以上です。

17歳で5000万ユーロは凄いですね。いったいどうなっているのでしょうか・・・。世代交代とのことですが、このままいくと2,3年で常にチームの主力が入れ替わるというような流れになってしまいそうな気もします。

[ 2020/01/23 09:14 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(1)
世代交代ってドルトは17歳の選手が戦力になるまで何年待つ気なんだろうw
[ 2020/01/23 16:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。