Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

南野!プレミアリーグ、リヴァプール・デビューを勝利で飾る!マネは負傷!《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

南野!リヴァプールデビューを勝利で飾る!!


minamino76.jpg

スポンサーリンク


リヴァプールは木曜日に行われた試合で14連勝し、引き続きリーグ首位に立っている。リヴァプールは木曜日にウォルヴァーハンプトンと対戦したが、2:1で勝利を収めた。84分にフィルミーノが決勝点を挙げている。その前には8分にヘンダーソンがリヴァプールの先制点を挙げ、51分にはラウル・ヒメネスが同点ゴールをあげている。

その試合では冬に加入した南野拓実がリヴァプールでプレミアリーグデビューを飾っている。この25歳は約850万ユーロでザルツブルクから移籍しているが、前半に負傷したマネに代わって出場している。しかしプレーにおいてはそれほど見せ場はなかった。



以上です。


マネの負傷が心配されますが、南野選手のプレミアデビュー戦が勝利となって良かったですね。クロップはこれで40試合無敗となっています。2位のシティとの差はまだ1試合少ないのに16ポイントですね。このまま早く優勝決めてほしいです!

[ 2020/01/24 18:00 ] 南野 | TB(-) | CM(3)
南野は出てすぐに足やって、後半からポジションも変わったけど、やらんといかんことはちゃんとやれていた。box to boxで走れていたしピンチも防いでいた。フィルミーニョ、サラーがシュート態勢に入る頃にはいないといけないとこにちゃんといたしね。
まぁ今のリバプールはゲーゲンと個々のプレースタイルの組み合わせでやってるから仲間のスタイル覚えて、仲間に自分のスタイル覚えてもらえるようにやっていけば出場機会はどんどん増えていくだろ。
ポジションもどこでもやるつもりでガンガンやればいいと思うよ。クロップはこういうの好きだしね。ドルトムントの頃のグロクロとかデュルムとかな。今のミルナーなんかもそう。
試合は弱点つかバックが上がったとこの裏をヒメネスやトラオレに突かれて結構ヤバいとこまで行ったけど、最後はゴール前で数的優位作ってフィルミーニョがキッチリ決めた。追い込まれてこれ出来んだからこのまますんなり優勝まで行くかな?という感じだった。
[ 2020/01/24 18:41 ] [ 編集 ]
南野は最初(前半)はまずまずのデビューだったとは思いますけど、ハーフタイムに後ろにいたロバートソンから険しい顔でかなり色々言われてました。そして後半は逆サイドに変わっていたので、やはりロバートソンとは上手くいかないと思われたかも…
そこで攻撃よりも守備を中心に後半見ていましたが、南野のプレスが毎々外される、プレスが全くと言ってよいほどかからない事が気になりました。たぶんこれをロバートソンに注意されてたのかもね。左サイド(相手右サイド)はトラオレ居たし。
でも後半はボール入らなくなってきて、クレクレって真ん中やら逆サイド迄ウロウロしだしてゲーゲンプレスサボることも多くなり…ちょっと焦りすぎかと思いますね。まずはしっかり守備からの労力惜しまずプレス頑張れば、もう少し信頼されると思いました。まぁ怪我人多くなっているのでチャンスはまた来るでしょう。
[ 2020/01/24 19:22 ] [ 編集 ]
先々週に南野のプレミアデビューは2月になっちゃうんじゃないかとコメントした者です。大変申し訳ございませんでした。

マネが負傷してもここで南野はないだろう、と高を括っていたら、ユニフォーム姿になった選手の背番号が18でびっくり。家で見ているだけのこっちが緊張しても仕方がないのに一瞬で緊張感がMAXへ。南野本人のそれは如何程だったのか見当もつかない。まだリバプールのやり方が掴めてないみたいで、特に攻守の切り替えのところに問題があったように見えたけど、そこさえクリアできれば4-4-2のサイドハーフよりも4-3-3のインサイドハーフの方がいいんじゃないか?って感じにも見えた。今後どれだけ出番が貰えるか分からないけど、これから毎週、こっちも心の準備しておかないと、ほんと心臓に悪い。
[ 2020/01/24 22:23 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。