ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

元香川同僚チチャリート!LAギャラクシー移籍で涙した理由!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

チチャリートがMLS移籍で涙した理由!



chichi.jpg


チチャリートはLAギャラクシー移籍を前にビデオに姿を現した。この元レヴァークーゼンの選手は彼の両親に非常に感情的に移籍することを伝えたのだ。

スポンサーリンク


“もうほとんど決まったから話をしたかったんだ。”とこのメキシコ人は父との電話で語る。“もう大丈夫だよ。すべては完璧だ。でもこれは僕の引退に向けたキャリアの始まりなんだよ・・。分る?これまで多くを投資してきたけど、これでキャリアから別れを告げる事になるんだよ・・。”



この31歳は震える声で続ける。“そしてお父さんたちがそう感じている事も分かっている。でもこれからはポジティブな面をみて、素晴らしくなろう。気に入る、気に入らないは関係なく、ヨーロッパでの夢はこれで終わりだね。もちろんそれもオーケーだけれど、電話したかったんだ。”


チチャリートはACミランに移籍したイブラヒモビッチの後継としてLAギャラクシーに移籍した。彼はスペインのセビリアから移籍している。彼は2015年から2017年までレヴァークーゼンでプレーしていた。“スポーツ・イラストレート”が明かした事によると、チチャリートに940万ユーロを支払ったようだ。


彼はヨーロッパで10年間プレーしたが、その成功を収めたキャリアがこれで終わる事になる。“これは難しいね。でも僕は幸せだよ。でも10年だからね。ノスタルジックにもなるし泣いちゃうよ。でもこれが僕がもうできないという事を意味するわけではないよ。これはこれまでの素晴らしい経験からの単なる別れなんだ。”と彼は涙を浮かべながら語った。





以上です。

チチャリートももう31歳ですか・・。なんかユナイテッドにいたのがつい最近のように感じますね・・。本人は一つの挑戦が終わったと感じているようですが、アメリカに行っても元気でプレーしてほしいです。

[ 2020/01/24 19:24 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
 アメリカではなく日本に来てほしかった。
[ 2020/01/24 20:11 ] [ 編集 ]
決められる位置に顔出す力が最強レベルだが香川のパスだけ決めてくれないイメージ
[ 2020/01/24 21:51 ] [ 編集 ]
長友が34歳でトルコからセリエAへ戻るように、イブラヒモビッチがアメリカからセリエAへ戻るようにまだまだ終わりではないと思いますけどね。自分の中で限界を感じてしまっているのかもしれませんね。
[ 2020/01/25 09:38 ] [ 編集 ]
2コメさんと同じ印象だけど、
マンU時代に香川のフィードから裏抜けしてGKとの接触を恐れずにヘディングで決めたシーンは今でも鮮明に覚えてる。
好きな選手だったなー
[ 2020/01/25 09:48 ] [ 編集 ]
PSMのレアル戦が印象的だったね
その後退団する事になるんだけど…
[ 2020/01/25 19:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。