ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVB新加入ハーラント!ホームデビュー戦でも2ゴール!!2試合で5ゴール!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドッペルパック!ハーラント・パーティーだ!


ドルトムントでゴールラッシュだ。

haaland1234.jpg

ドルトムントはケルンを5:1で下し3位に浮上しバイエルンに並んだ。

ルシアン・ファヴレ監督は、“本当に満足しているよ。勝者に相応しかったね。もっとゴールをあげても良かったぐらいだ。”と語っている。


スポンサーリンク


でもまずは順番に見ていこう。この前のアウグスブルク戦でハットトリックを達成したハーラントはこの試合ではベンチスタートとなっている。スタンドでは父のアルフ・インゲが観戦していた。


この試合ではなんとアウグスブルク戦で最低評価だったロイスが輝いている。


キャプテンが4ゴールに絡んだのだ。


▶1分:サンチョがロイスのパスからゲレイロにパスする。ゲレイロがそれを決めて先制だ!

▶29分:フンメルスから40メートルのパスがロイスに届く。彼はそれを直接決めて2:0だ。


ドルトムントの前半のパフォーマンスは圧倒的だった。そして後半もそれが続く!


▶48分:またしてもロイスがゴールに絡んでいる。サンチョにパスをだして、そのまま3:0だ!


キャプテンは試合後にDAZNにおいて、“これは前進する上で重要なステップとなったね。チームにとっても僕にとっても。”と語っている。


ではケルンは?ケルンはこれまで4連勝中だったが、それは見る影もなかった。64分にウートが一点を返すと、少しばかり希望が生まれた。しかしその後でハーラントの登場だ。そして今回はハーラントがゴールをするまで12分かかった・・。


▶77分:ゲレイロのシュートが防がれたが、それをうまくかっさらってハーラントがゴールだ。スタンドでは父が喜び、下では息子がゴール!これもロイスが起点となっていた。



そして87分にハーラントが角度のない所から決めて5:1だ。


ハーラントの今日の数字は、25分でボールコンタクト8回、シュート3本で2ゴールだ。“そのために彼を獲得したんだ。”とロイスは語る。


ハーラントに続く補強はおそらくドイツ代表のエムレ・ジャンとなるだろう。現在ユベントスでプレーする彼の移籍金は4000万ユーロになるとみられている。





以上です。

ハーラント凄いですね。2試合とも途中出場で5ゴールですからね。これからの活躍にも期待してしまいますね!

[ 2020/01/25 07:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
過去、ノルウェーの有名選手といえばスールシャールとかリーセがいたけども、このハーランドとウーデゴールは遥かにその上を行きそう。
ドルはいい買い物したね。
[ 2020/01/25 10:43 ] [ 編集 ]
ハーランドのゴールは、サンチョが決めた時点で見るのをやめたから直接見てはいないけど、後でハイライト見た。
試合が、ほぼ決まっていた時点で2点取ったわけだけど、トドメを差しに行ったことはベリーグッド。ホンモノのストライカーの証だよな。
試合的には、フンメルスだったな。ケルンはサイドで仕事できる人が何人もいるドルトムント相手になぜか3バック。フンメルはそこを見逃さずに開いたスペースに情け容赦なくパスを供給していた。得点にも絡みそうになったしリベロとして様になってきたよ。
[ 2020/01/25 13:24 ] [ 編集 ]
ハーラントの2得点目を見た時、次の大スターが誕生したと感じた。

あの角度から、左足でゴールを決めるとは夢にも思わなかった。いいものを見せてもらった。

というか、サンチョやロイス、ブラントなどを見ていると、ブンデスリーガ獲得に十分相応しいチームと思う。ただ、正直ファブレ監督も波が激しいので、この調子で進むことを祈ります。




[ 2020/01/26 00:46 ] [ 編集 ]
これ以上無いくらい上手く行ってる様に見えてるだけで、まだスタメンで出場してる訳じゃないし厳しい戦いをしてる訳でもないから未知数
ただブンデスリーガ見たいな緩いリーグで複数年試合に出続け、活躍を続けれるならいきなりプレミアリーグのトップチームに飛び込むより、次のキャリアに繋がるね
[ 2020/01/31 17:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。