ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

クロップ!「大きなステップだ!」プレミアデビューの南野を絶賛!《イングランドメディアの反応》

【Teamtalk】

南野拓実:クロップを感心させた4つの事柄

minamino76.jpg

南野拓実の登場にすでに多くの人々が感心しているが、ユルゲン・クロップほど感激した人はいない。彼は彼を感心させたウォルヴァーハンプトン戦での4つの事柄に言及している。

スポンサーリンク


この日本代表選手は735万ポンドでザルツブルクからリヴァプールに移籍してきたが、本日行われるFAカップのシュル―ベリー戦でプレーするとみられている。彼はその前のラウンドのエバートン戦でデビューをしていた。


南野は2:1で勝利したウォルヴァーハンプトン戦で負傷したサディオ・マネに代わって1時間ばかりプレーしたため、クロップの計画はちょっとばかり難しくなっている。



クロップは彼のプレミアリーグデビュー戦に関して、“これは大きなステップだね。”と語っている。しかし彼はそのプレー時間が彼にどのような影響を与えたのか考慮しなければならない。



“それについては考えなければならないね。思っていたよりも彼は長くプレーしたからね。”とクロップは語る。


“木曜日の夜は彼にとっては大きなステップだったよ。あの試合は誰がプレーしても輝き、ベストプレーを見せるのはは難しい試合だった。”


とクロップは語ったが、南野が良くやった4つのポイントについて語っている。


“新加入の選手として、このようなタイプの試合に挑んだ様は、彼の能力を示すものではなく、彼のメンタル面とキャラクターを示すものだった。クレイジーに戦いに挑み、スペースを埋める。だからこれは本当にすごいスタートだったよ。”



“彼は本当に多様性に優れているし、まさに彼がやらなければならない事をやってのけたね。彼がこのようなインテンシティの高い試合の後でどのような反応を見せるのか見なければならないね。”


“まだその点では彼の事をそれほど知らないからね。でもどの試合も助けとなるよ。”


南野がこれまで見せた試合はエヴァードン戦での70分間だけだったのだ。彼はその5日前にチームに合流したばかりだったので、チームになれる時間はそれほどなかった。


しかしクロップは彼のチームへの溶け込み具合には満足しているようだ。


“彼は素晴らしい若者だね。まさに我々が期待していた選手だよ。”と彼は付け加える。


“試合では彼の能力の多くの部分を見ることができた。選手としては、なんでもうまく行って2ゴールできるような試合でばかりプレーできるわけではないからね。”


“この試合は本当に戦いだったし、彼はそれに対して完全に準備が出来ていたよ。慣れなければならない新しいチームで戦術面を考慮すれば素晴らしい試合だったよ。”



“トレーニングではフィニッシュと創造性を見ている。彼は我々が望んでいた選手だったけれど、今我々の一員になったね。”


クロップはシュル―ベリー戦ではスター選手を休ませるつもりだが、この前のラウンドよりは強いチームで試合に挑む可能性はある。





以上です。

南野選手は木曜日に予想よりも長くプレーしてしまいましたが、今日の試合では計画通り先発するのか気になるところですね。マネが負傷してしまったので、その次のリーグ戦で起用する可能性も出てきましたからね。
[ 2020/01/26 18:05 ] 南野 | TB(-) | CM(1)
まーた選手にゴマスリのヨイショだよ笑
前スレで書いた通り、最低限のことはやってたけど、そこまで褒めちぎられるほどでもなかったのにな。
まぁマネがケガしたら躊躇なく指名したから、選手起用の優先順位がかなり高いのは間違い無いとは思うけどね。
[ 2020/01/26 18:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。