ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》香川 キッカーランキングで5位(トップ下部門)に!!

先週からキッカーではドイツサッカーのランキング(ポカールや国際試合を含む)を公開していますが(半年ごとに公開)、本日発売のキッカーでは守備的ミッドフィルダーとトップ下部門(正確にはサイドを除いた攻撃的なミッドフィルダー。サイドは別部門)の発表がありましたので、いくつかの寸評とともに紹介します。


ちなみに順位の他に、ワールドクラス、インターナショナルクラス、その周辺のクラス、その他注目の選手、という分け方をしています。

20150622180945455.jpg







キッカーランキングリスト


攻撃的ミッドフィルダー(サイドを除く)



ワールドクラス

1,ケヴィン・デ・ブルイネ(ヴォルフスブルク)



インターナショナルクラス

2.ラファエル (グラートバッハ)

ラファエルのポジションを正確に一つに決めるのは難しい。ファヴレの4-4-2のフレキシブルなフォーメーションで彼はミッドフィルダーとストライカーのポジションを行き来していた。明らかなことはラファエルがグラートバッハの試合の正確を決定づけていることである。そして彼は何処にゴールがあるか分かっている。彼は後半戦で9ゴールをあげた。ハイライトは26節のミュンヘン戦で見せたドッペルパックである。


3.ラース・シュティンドゥル (ハノーファー)


シュティンドゥルは終盤にかけて彼の巨大な価値を示した。彼は30節から34節にかけて4ゴールをあげ、ハノーファーの残留に保障を与えた。中でも33節のアウグスブルク戦で素晴らしい試合を見せ(2ゴール採点1)、ハノーファー0に来てから最も良い半年間を過ごした。



その周辺のクラス


4.ジュヌゾヴィッチ (ブレーメン)


5.香川真司 (ドルトムント)

香川真司は後半戦に入っても、最初のBVBの時代のように(2010から2012)人を魅了するような状態にはいたらなかった。しかし彼のチームメートと同様にこの日本人は危機から脱出する道をみつけ、いくつかの試合で良いパフォーマンスを見せ、4ゴール、6アシストを記録した。それに加えて香川はポカールの決勝戦でも彼の能力を見せた(採点2)。そして再びランキングリストに戻ってきた(注:前半戦はランク外)。


20150622180834934.jpg


スポンサーリンク


2015062218165046a.jpg


6.ティアゴ (バイエルン)


彼は27節目にシーズンデビューを飾った。一年間の休養の後にしては驚くほど素早く、そして良い試合をした。6;1となったチャンピオンズリーグでの準々決勝のポルト戦は彼のハイライトだった(採点1)。準決勝のバルサ戦でのパフォーマンスは少し良くなかった。

7.フィルミーニョ (ホッフェンハイム)


冬の時点ではインターナショナルクラスで3位にランクインしていたが、その後はチームの成績と同様に交代し、継続性がかけていた。


8.チャラノル (レヴァークーゼン)


9.マリオ・ゲッツェ (バイエルン)

彼の才能は疑いがないが。マリオ・ゲッツェは何試合か力強さを見せたが、彼の欲の足りなさとそしてペップ・グアルディオラからの信頼のなさの間で揺れていた。グアルディオラはポカールやチャンピオンズリーグなど決定的な試合で終了間際に彼を投入したのだ。このワールド・カップの英雄はバイエルン・ミュンヘンで岐路に立たされている。


10. シュトッカー (ヘルタ)







以上になります。

タイトルは字数の関係でトップ下部門にしましたが、正確には攻撃的ミッドフィルダー部門です。サイドの選手は含まれていませんが、ラファエルのように2トップの選手が含まれたりもしています。

香川選手も冬のランキングランク外から5位へと順位を上げてきましたね。このランキングは半年ごとに発表されるので、次はさらに順位を上げて欲しいですね。


デ・ブルイネは2回連続ワールドクラスで1位に選出されていましたが、キッカーではチャンピオンズリーグで活躍していないからワールド・カップと言うのはおかしい、という批評もありました。


ちなみに同じく今日発表された守備的ディフェンダー部門ですが、1位はカストロとなりました、また1位から14位までの中に残念ながら日本人選手とドルトムントの選手の名前はありませんでした。長谷部選手はその他の注目の選手として名前は上げられています。

こうしてみると、やはりドルトムントの守備的中盤がシーズンを通して弱かったんだなあと思いますね。カストロには期待せざるをえませんね。時間があったらそのランキングもちょっと訳したいと思います。




【おまけ今日のドイツ】

IMG_0528.jpg

IMG_0538.jpg

IMG_0553.jpg

南ドイツのボーデン湖
メアスブルクの街並みとワイン畑
夏の避暑地としても人気があるボーデン湖です。メアスブルクはワイン畑が広がる静かで小さな町が可愛い所です。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/06/22 17:41 ] 香川 | TB(-) | CM(18)
No title
おお、翻訳ありがとうございます!
香川5位いいね。
[ 2015/06/22 17:50 ] [ 編集 ]
カストロ、超期待
香川ははよドイツ戻れ
[ 2015/06/22 18:05 ] [ 編集 ]
香川、いい時とダメな時が交互にある感じ
来季はせめて2試合良くて1試合消えてる位になって
[ 2015/06/22 18:17 ] [ 編集 ]
No title
やはり香川選手の活躍は嬉しいです。
どうしても気になるww
[ 2015/06/22 18:19 ] [ 編集 ]
No title
キッカーでのランキングなのにゴール数が間違ってますねw
前ドルトムント時代はフルシーズンでワールドクラスに選ばれていた記憶がありますが、次のシーズンは今よりも一つでも上にいくことを目標として欲しいものです
ドルトムントの全選手が全ての部門で1位独占とか夢があっていいですよね
[ 2015/06/22 18:26 ] [ 編集 ]
No title
5位♪次はもっと上に行けるはず。 ミキとの連携が今以上うまいこといくか不安だけど、トゥへルに期待。
[ 2015/06/22 18:40 ] [ 編集 ]
No title
ドルトムントのトップ下なら
ベスト3には、入ってほしいな。
[ 2015/06/22 19:55 ] [ 編集 ]
No title
来季はとにかく安定してほしいな。
ワールドクラスとった年は採点1や2を当たり前でベストイレブンの常連だった
悪い時もあったがその時期が今に比べて圧倒的に少なかった。
[ 2015/06/22 20:10 ] [ 編集 ]
No title
香川ー。 ムヒさんとうまく噛み合えば、めっちゃ面白くなるんじゃないかと、密かにものすごく期待してるんですが・・・。
[ 2015/06/22 21:34 ] [ 編集 ]
No title
ていうかいい時のせいで印象良くなりすぎて、悪いときなのに2や3がついてた覚えがあるw
[ 2015/06/22 21:51 ] [ 編集 ]
No title
キッカーの表紙、ユニフォームとトロフィーを見ると90年のW杯イタリア大会でのドイツ(当時はまだ西ドイツ)チームでしょうか?

右のマテウスはよくわかりますが、左はブレーメ?
インテルのドイツトリオ(マテウス・ブレーメ・クリンスマン)が懐かしいです。

今となっては三人それぞれの人生歩んでいて、あんまり仲良くなかったり、経済状況がよくないみたいですけど、当時の彼らは本当にキラキラしてました。いい思い出です。
[ 2015/06/22 22:09 ] [ 編集 ]
ワールドクラスと言われた前ドル時代を
知ってるだけに5位でも物足りなさを
感じてしまいますね~~
でも、前半のランク外からよくぞここまで
上がってきたなと思います。
香川選手の底力ですね。
今シーズンは1位を取ってほしいですね!
カストロは期待大大大です!楽しみです。
今日のドイツのかわいい建物はホテルですか?
ドイツはメルヘンチックな建物が多くて
見ているだけで癒されますね。

[ 2015/06/23 01:00 ] [ 編集 ]
No title
優勝した時の香川だとワールドクラスだったんだろうな
[ 2015/06/23 03:24 ] [ 編集 ]
No title
香川もだいぶ調子が戻ってきたようだけど
まだ良い時悪い時ムラがあるね
[ 2015/06/23 08:42 ] [ 編集 ]
No title
ドルは守備の負担を前線が受け持つところがあるのに肝心の後ろがgdgdじゃうまくいくわけがないよね。勝てた試合だって守備がマシな時がほとんどだし。
[ 2015/06/23 09:03 ] [ 編集 ]
No title
ムヒタリアンはドルでなら、トップで使えば上手くいくと思うよ
[ 2015/06/23 11:58 ] [ 編集 ]
こんにちは
いつも楽しく読んでいます

総括すると
トップのオバメヤン起用が
固定されるまでの試行錯誤と
中盤の底、
ギュンドアンだったり
シャヒンだったり
コンスタントに活躍できなかったのが
大きかったような気がします

でも
フンメルスもあれっていう
点のとられ方もあり
キーパーもワールドカップ優勝で
ひといきついたというか
燃え尽きたのかな?

2列目も香川選手含め
ワクワクする展開が
あまりなかったですね
あったけどコンスタントではなかったかな
最終節やポカール決勝あたりは
すごく見ててたのしかったけど

香川、ロイス、ムヒタリアン、
ちょっと似たタイプすぎ?
クバ、グロスクロイツ、カンプルとか
毛色がちがったタイプが
ひとりいたほうが
いいような気もしますが

来シーズンに期待ですね!
[ 2015/06/23 19:55 ] [ 編集 ]
香川の一番悪いところは全盛期ドルトムントにとらわれていること
[ 2015/06/29 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。