ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール南野!向上させるべき3つの課題について言及!《イングランドメディアの反応》

【フットボール365】

南野!向上させるべき3つの課題について言及

minamino76.jpg

リヴァプールの攻撃的ミッドフィルダーである南野拓実は、ユルゲン・クロップのスタメン・メンバーと同様の基礎理解を得るために向上させなければならない3つのポイントについて言及している。

スポンサーリンク


この日本代表選手はFAカップのシュル―ベリー戦でスタメンで出場している。


しかしジェイソン・カミングスは後半に2得点をあげ、クロップが恐れていた再試合にこぎつけたのだ。これによって来現の冬休みの計画が台無しになっている。



クロップは、さらに1試合増える事が計画を困難にすると不満を露わにしているが、これらの結果はクルティス・ジョーンズのFAカップ2ゴール目とドナルド・ラブにおけるオウンゴールの後でまったく不要なものだった。


この試合は南野がリヴァプールに来てから3試合目となったが、この25歳は後半でのプレーには満足していない。


南野は“もっと戦術理解力を上げて、さらに自分の多様性を示さなければならないですね。”と共同通信において語っている。


そしてさらに、“慣れたポジションでの先発だったので、何度か良いポジションでボールを得ることはできましたが、後半はあまり試合に関与できませんでした。もっとアグレッシブにならないといけないですね。”と語っている。






以上です。

日本での南野選手のインタビューが紹介されていましたね。日本のインタビューではもっといろいろ話していましたが、まあこんな感じに要約されて伝わっていますね。



[ 2020/01/28 09:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
流石に酷いだろ
若手でもないのにあんな扱いはない
わざわざ冬に取るなって話
[ 2020/01/28 11:51 ] [ 編集 ]
>若手でもないのにあんな扱いはない

この試合でもリーグでもオリギ差し置いて中央で使われてることがどんなにすごいことかわかってないね。それにこの試合には彼らの他にもAチームの選手は先発している。

>わざわざ冬に取るなって話

すでにユナイテッドなど資金力あるクラブがザルツブルグに接触していた。いくら友好関係築いているリバプールとはいえ、この冬に動かなければ価格つり上げで10億はおろか予算(リバプールは3倍程度までの上昇は覚悟していた)の見直しを迫られる事態と踏んだので先手を打ったまで。
[ 2020/01/29 06:36 ] [ 編集 ]
そもそも南野はリヴァプールが獲得するような良い選手じゃない
サポーターと選手がアンフィールドで活躍されたから病的に熱狂的になっただけ
それだけアンフィールドって場に絶対的な自信と信仰をもってるんだろうけど、CLのGLで緩いリーグのチームの選手が、厳しいリーグで戦ってるチームに対して個人的なジャイアントキリングをするなんて良くある話
[ 2020/01/31 17:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。