Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント新加入!ハーラントの契約解除条項の内容が明らかに!解除金は7500万ユーロ《ドイツの反応》

【ビルト】

ハーラントの契約解除条項の内容が明らかに!

haaland1234.jpg

57分ですでに5ゴール!ハーラントはブンデスリーガにおける成功で、ストライカーのカテゴリーにおいてまさにその地位を確立した。

ドルトムントがユベントスやマンチェスター・ユナイテッドを差し置いて彼を獲得できたのは本当にクレイジーだ。ハーラントは次のステップを踏むためにもドルトムントが最適なクラブだと考えたためだ。しかし彼はヨーロッパのトップクラブに行くために、その可能性を残すことにしたのだ。ハーラントは残念ながらお金で買えない存在ではないのだ・・。


スポンサーリンク


彼は契約解除条項を有しているのだ。スポーツビルトの情報によると、ハーラントの父と代理人のライオラは5000万ユーロ以下の解除金を設定したがったようだ。しかしこれはさすがにドルトムントにとっては少なすぎる。最終的には7500万ユーロで両者は合意に至ったようだ。しかしこれが適用されるのはこの夏ではない。


なのでこれは両者にとって良い交渉だったと言えるだろう。ドルトムントはヨーロッパで最も偉大なタレントとされるハーラントを獲得したが、仮に彼が2024年よりも前に移籍するとなったら、ドルトムントには最悪でもハーラントに支払った給料やボーナスなどが戻ってくるようになっている。


ドルトムントではハーラントをめぐるハイプが巻き起こっている。ハーラント加入後の3週間半ですでに5000枚のユニフォームが売れている。




以上です。

まあ2000万で獲得してさらに7500万で売れるのが分かっているのなら良いビジネスですね。給料がやボーナスが戻ってくるとの表現がありましたが、これは7500万ユーロで売れれば、それまでハーラントに支払った分が戻ってくる計算になるということでしょうかね。


[ 2020/01/29 17:51 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
相変わらず商売上手な事で(笑)
[ 2020/01/29 19:26 ] [ 編集 ]
bildも当初から様々なメディアで言われてた要求を飲んだと認めたのでしょう
当初移籍費用が3000万€と言われた様にザルツブルク加入時代理人の親父さんが保有権1/3持つ契約で保有権買取含めると3000
ライオラに1500事実上移籍ブローカーへの成功報酬でも財務諸表で外部アドバイザーや移籍コンサルタント料名目だと今の所FIFAの管轄外グレーゾーン
21/22シーズンまで年俸600ボーナス200の800、22/23から800+200の1000
2000+1000+1500+400+800+800+1000=22/23終わりで7500万€、それより前だとその分の年俸額が+になる契約ですね
[ 2020/01/30 15:18 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。