ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!アルカセル!ビシャレアルに移籍が決定的に!!《ドイツの反応》

【ビルト】

パコ・アルカセル!スペインに復帰!
2500万ユーロでビシャレアルへ!


paco34.jpg

バレンシアかビシャレアルか。

ビルトの情報によるとドルトムントのアルカセルはビシャレアル移籍目前とされている。移籍金は2500万ユーロとされている。すでに彼は水曜の夜にメディカルチェックのためにスペインに旅立っており、木曜の朝には公式に発表されるとみられている。


スポンサーリンク


パコ、スペインに復帰!

本来であればバレンシアが有力候補とされていた。しかしスーパー・スターのロドリーゴのバルセロナ移籍が破談となったために、バレンシアにはアルカセルが購入できなくなったのだ。その結果、パコはリーガ8位のビシャレアルに移籍する事となった。


アルカセルとファヴレ監督の関係は最終的には完全に崩壊したとされている。このスイス人は後半戦開幕となったアウグスブルク戦でアルカセルをベンチ外としており、さらにケルン戦では90分間ベンチに座ったままだった。しかもパコはウォーミングアップさえさせてもらえなかったのだ。それでもドルトムントはアルカセルで利益を上げている、ドルトムントは彼をバルセロナから2300万ユーロで獲得していたのだ。


パコが移籍したことで木曜日にはエムレ・ジャンの獲得が決まるとみられている。


いずれにせよこのドイツ代表選手の獲得のチャンスはアルカセルの放出で高まった。ドルトムントは4年契約でオファーしたとされており、移籍金は2700万ユーロになるとみられている。ジャンは1000万ユーロ以上の年俸を要求しているとされているが、ドルトムント高すぎると思っているようだ。ジャンが歩み寄らない限り、ドルトムントはこの交渉を破談させる可能性もある。





以上です。

まさか売らないと思っていましたが、アルカセルも態度を硬化させていた感じでしたし、これは避けられなかったのかもしれないですね。まあこれでジャンが獲得できれば、補強としては文句なしですね。




[ 2020/01/30 06:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
飽きもせずまたもビッグクラブの型落ち品を高額購入、
リバポ時代のジャンならいざ知らず、ユーベのポジション争いでたっぷり自信喪失した選手を。
なんど同じことを繰り返せば気づくんだろ。
[ 2020/01/30 20:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。