ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

南野は長い間リヴァプールファンだった!ドイツ紙特集《ドイツの反応》

【Redmenfamily】

南野は長い間リヴァプールのファンだった。

minamino76.jpg

リヴァプールにおいて最初の日本人がスカイ・スポーツにおいてインタビューに答えたが、どのようにしてリヴァプールに挑戦しているのかその様子をうかがう事ができる。


リヴァプールのスカウトまかせだったら、南野は今でもザルツブルクでプレーしてだろう。ユルゲン・クロップと彼のコーチング・チームは本来この冬の補強は考えていなかったからだ。しかしそれはチャンピオンズリーグのリヴァプール対ザルツブルク戦で変わる事となった。クロップはその試合で良い印象を残した南野を獲得することを要求したのだ。

スポンサーリンク


対戦相手から獲得したいと思われるほどの賛辞はない。南野はアンフィールドで素晴らしいプレーをし、2:3となるゴールをしている。


でもどうして南野は競争相手であるリヴァプールを選んだのだろうか?


“リヴァプールでプレーするのは子供のころからの夢でしたね。だから断る理由はありませんでしたよ。僕が最も好きだったのはフェルナンド・トレスとスティーブン・ジェラードです。”と彼は語る。


それに加えてリヴァプールの中で伝説となった一夜だ。


“2005年のチャンピオンズリーグ決勝で0:3から逆転する彼らのメンタルが本当に印象に残っています。彼らがどのように後半プレーしたか覚えていますよ。”


南野サッカー以外では、イングランドに慣れるために英語を勉強している。


“予定はぎっしり詰まっているんで英語を勉強する時間はあんまりないんですが、移動中に本を読んだり新しい単語を覚えたりしてます。”と彼は語る。



しかし言葉の壁にも関わらず、クロップの最初の言葉がものすごく印象に残っているようだ。


“彼の言葉は忘れません。リヴァプールに来てから2,3日たった後で、彼は僕がしたいようにプレーするんだ、そして楽しむんだ、と言ってくれたんです。彼がそういってくれて本当に幸せですよ。”と南野は語った。

これから数週間、南野がプレー時間を貰う事は確実だ。そしてリヴァプールのシステムに慣れていくだろう。




以上です。

明日はリヴァプールとシュル―ベリーの再戦が行われますが、クロップの宣言通りU23の選手で試合に臨むことになるでしょうかね。

[ 2020/02/04 09:06 ] 南野 | TB(-) | CM(2)
徐々にフィットしてきたよ。
ハードワークしてたからパスもらえるようになってきたね。出初めは控えのオリギあたりにも無視されてたけど、最近はエースのサラーあたりからも貰えるようになってきた。クラブのトップからパスもらえるようになれば、その他の選手たちも追随していく。
この調子でドンドン試合にコミットしていけばそのうち出場機会がどんどん増えていくね。
[ 2020/02/04 10:27 ] [ 編集 ]
イスタンブルの奇跡は最高の勝ち方でした。前半は悪夢でしたけどね(笑)
ここに香川かモドリッチが来ないかな?と何年も思ってがましたがまさかの南野でまさかの最高の獲得理由。
南野には同じ日本人ということで期待してます。
[ 2020/02/04 18:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。