Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

大迫アシスト!ブレ―メンがポカールでドルトムントを破る!《ドイツの反応》

【ビルト】

ブレーメンがドルトムントを敗る!


favre6660.jpg

ドルトムントにとって緑のカラーはホラーとなった。

ドルトムントはこれで一つのタイトルを逃すこととなった。ブンデスリーガで下位に沈むブレーメンに2:3で敗れたのだ。ハーラントの8ゴール目もこれを助けることはできなかった。


スポンサーリンク


またしてもブレーメンだ。今から364日前にもドルトムントはポカールでPKの末ブレーメンに敗れているのだ。そしてそれから7ポイント差を失い、リーガ32節では希望も無くなってしまった。その時の相手はもちろんブレーメンだ(2:2)。


何よりも今回のドルトムントは前半で失敗している。ファヴレ監督がローテーションで失敗したからだろうか。彼はハーラントをベンチとし、後半から投入している。しかしその時にはすでに0:2だった。さらに新加入のエムレ・ジャンもベンチだった。


マッツ・フンメルスは試合後、“前半は深さがなかったね。それから失点の前はミスだった。良いパフォーマンスではなかったけれど、だからといって悪かったわけでもない。”と語っている。それにしてもどうしてヴェルダーはリーガで16位に沈んでいるのだろうか?彼らはたった17ポイントしか獲得していないのだ。


もしかしたらゼルケがいなかったからかもしれない。このヘルタからの新加入は16分にラシカのシュートのこぼれ球を決めている。ゼルケは、“またここにいることができて嬉しいと感じれる夜だね。”と語っている。2失点目の場面ではロイスのクリアボールが短すぎた。しかしその後ビッテンコートが見せたプレーは素晴らしかった。彼はドロップキックで22メートルからファーサイドに決めたのだ。

ドルトムントは後半になってからそれに対処した。美しい連携からハーラントが67分に一点を決めている。これで4試合連続のゴールで通算8ゴールとなった。しかしその後70分に大迫がラシカにパスを送ると、彼がそれをファーサイドに決めている。コーフェルト監督は、“選手たちが自分たちにもできるんだ、という事に再び気が付いたのは良いことだね。”と語っている。


そしてその後はドルトムントの17歳レイナのプレーだ。この17歳はザガドゥーに代わってプレーしているが、78分に美しいソロからゴールを決めている。しかしその後モイサンダーとの一対一で最初に倒れこんだことでモイサンダーにつかまれている。これがイエローカードだったのはヴェルダーにとっては幸運だった。


その後ハーラントは2度のチャンスを外しているが、それは人間的というものだろう。


ドルトムントには運がなかった・・・いつもブレーメンに対してだ・・。





以上です。

大迫選手は先発復帰で結果を出せてよかったですね。ドルトムントが敗れたのは残念ですが・・。しかしどうしてディフェンダーが5人もプレーしていた簡単に2点も取られてしまうのか・・。最後のハーラントのヘディングは惜しかったですね。あんな体制でもしっかり枠内にヘディングするあたり可能性を感じます。これからも楽しみです。

[ 2020/02/05 17:33 ] 大迫 | TB(-) | CM(3)
ブレーメンは素晴らしいサッカーした。
90分間、試合の状況やチーム状態などお構いなしに真っ向勝負でガンガン行った。
おかげでドルトムントは試合開始直後からビビった挙句ミス連発。縦パス入れて仲間を走らさないといかんとこ斜めに入れてインターセプト喰らったり、失点に繋がるミス連発だった。おまけにスーパーゴール決められるは、最後は大迫とラシカに遊ばれた。
点取っても何の意味もなかったな、つかかえって火に油を注いでいた。
90分大慌てしていただけのみっともない負け方だった。
これで国内カップ戦ベスト8にも残れず負け決定。ブレーメンには何度も煮湯飲まされてるにもかかわらず改善の兆しすらない。
監督交代でいいんでないですか?

[ 2020/02/05 18:43 ] [ 編集 ]
ファブレにはもうリーグ優勝しか残ってない。プレッシャーかかりそう…
前半はなんかチグハグだったよね、ボール持ってるけどシュート迄行けない。アザールからホランドに変わると見違えたし、なんていってもレイナ!この場面で17歳出すのかよ!って思ったらなんと素晴らしい救世主だったね。あれがレイナにもカード出たのは納得いかなかったよ…PKになっていたら流れ的にも勝ってたと思うけど。

にしてもレイナはアメリカ代表だし第二のプリシッチとして高値でプレミアに売り払いそう(笑)
[ 2020/02/05 19:06 ] [ 編集 ]
前半は本当に噛み合ってなくて,ガツガツ来たブレーメンに圧倒されてしまっていた
後半は持ち直したけど,ゴールの直後に点取られて勢いが失われてしまった

そんな中ハーランドとレイナが目立った
昨日のロイスはとても調子が悪かったし,代わりにスタメンにしたくなるくらいにレイナは良かった
[ 2020/02/06 13:59 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。