ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ファヴレ、ロイス、アカンジ!ドルトムントの優勝を妨げる3つの要因!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントの優勝を妨げる3つの要因!

favre32.jpg



ドルトムントはまだ優勝するほど熟していない。


ドルトムントはブレーメンを相手に恥ずべき敗戦をみせたが、彼らの弱点が明らかになった。継続性がなく、傲慢、そして眠そうにプレーしている。この危険なミックスが、ここ数か月チームにおける不要な問題、敗戦、引き分けの原因となっている。


スポンサーリンク


ビルトがドルトムントを分析してみた。この3つがドルトムントのタイトル獲得を妨げている。


▶監督


ルシアン・ファヴレはドルトムントのチームをいまだに成長させる事が出来ていない。さらにこのスイス人監督はボスの優勝争い宣言から遠ざかろうとしている。最も大きな問題は彼が守備の問題点を解決することができない事だ。


さらにファヴレはブレーメン戦で大きなミスをしている。ハーラントをスタメンで起用せず、0:2となった後、後半から起用したのだ。


なんでそんなに遅いのだ?どうして最初からじゃないんだろうか?ファヴレは選手を70分に下げる事でも温存させることができることを知らないのだろうか?アザールの代わりにハーラントがプレーしてからドルトムントの攻撃は明らかに良くなった。ファヴレはもっと早くそれに気が付かなければならないだろう。


それだけでなくファヴレは今シーズン不調のニコ・シュルツを先発起用し、さらにロマン・ビュルキに代わってマルヴィン・ヒッツを起用していた。


▶キャプテン

今シーズンのマルコ・ロイスには継続性、スピード、リーダーとしてのクオリティーが欠けている。ブレーメン戦ではこの代表選手はまたしてもひどいパフォーマンスを見せている。さらに彼は89分に負傷しているのだ。彼の離脱は3,4週間とみられている。若き才能のレイナがプレーできるのはファヴレにとっては良い材料だろう。



▶ミスの原因


アカンジは今から2年前に大きな希望の星としてやってきた。しかし彼は現在では危険因子となっている。アカンジは失点につながるミスを続けており、さらに組み立てでも欠点を見せている。幹部もそれには気づいており、この冬エムレ・ジャンを獲得している。





以上です。


ロイスも不調ですし、アカンジは本当にどうしたんでしょうね・・・・。しかし一番の問題はやはり監督でしょう。もう1年半になりましたが、メンバーが変わっただけでチームはまったく成長していませんからね・・・。サンチョは大当たりでしたが、シュルツ、アザール、ブラントもまだ力を発揮できていませんし、ラーセン、アルカセルは出て行ってしまいましたし・・。

[ 2020/02/06 09:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
監督はここらが見切り時。
サヨナラする時が来たね。
国内カップ戦とはいえ、ベスト4、決勝進出は半ばお約束なのにベスト8にも行けんならバイバイしないとな。仮にリーグ戦とってもこれではダメだね。間違ってC Lベスト4でも疑問符がつく。
とにかくビビったマネジメントが多過ぎる。ビビリだから、逆に昨日のようにナメた采配しておかしな結果になる。
負け方悪すぎんだよ。
クライフじゃないけど、負けるときは堂々と負けろだけど、今まで見た限り、これ出来んわな。分析家としては有能みたいだけど指揮官としてはダメだね。
昨日の試合でいうと、あれほどボール持ってあれほどシュート打ちながら、ゴール前の迫力、キーパー慌てさせるのは負けてたしな。コーフェルト監督のように、自陣に引いていても真っ向勝負しろとはいわんけどな笑
[ 2020/02/06 12:15 ] [ 編集 ]
全て個人頼みですね。
この監督になって、守備だけでなく攻撃も連動性がなくなりました。スペースからスペースで回すタッチ数の少ないパスワーク、相手ボールの動線を切る前線の守備、ライン間のポジショニング、効果的なサイドチェンジ、仕掛ける選手のフォローアップなど、ファブレが来るまで残っていたドルトムントのレガシーがことごとく失われていきました。失敗したボシュ時代でさえ、最終ラインの異常に高すぎるリスキーなサッカーの中にも、こうした要素はまだ残っていたのですが、財政面の改善した今はただお金を使って優秀な個人を集めているだけに見えます。

ラーセンやアルカセルのような、チームプレーの中で生きる現代的な才能は、それこそリバプールやシティのような最先端のチームにいるストライカーと共通するものです。彼らを生かせないことからしても、この監督の力不足や時代遅れは明白だと思います。とにかく守備の改善やHTを挟んだ後半からのゲームの立て直しに監督の力が見て取れるものですが、この監督は何もできません。せめてモチベーターとしての力があればいいのですが、それも望むべくもないですね。
[ 2020/02/06 12:26 ] [ 編集 ]
>シュルツ、アザール、ブラントもまだ力を発揮できていませんし、


シュルツは今のところ駄目
トルガンはまあまあ
ブラントはサイドとかで使われてた時は微妙だったけどセンターハーフのポジションで大活躍してますよ
[ 2020/02/06 12:26 ] [ 編集 ]
降格圏争いしているブレーメンを舐めていたのでしょうね。アチラもリーグ優先でターンオーバーしていましたし、こちらもそうだっただけ。
ハランドはまだ完全なコンディションでは無いそうだし、ヒッツだって出番は必要。でもホントビュルキなら2点目は弾かなかっただろうし、アザールは醜かった…ハランドになって生き返った感じの攻撃陣!まぁ結果論だよ。

格下相手に勝ち点逃すってのはファブレになってから多い気がする。モチベーションの違い?戦術的な事?
ゲーゲンプレスも影を薄めて個人技頼みの戦術(絶対的個人技は他リーグには沢山居る)は、ドルトムントの良さが失くなってCLも期待薄だよ。
[ 2020/02/06 15:32 ] [ 編集 ]
個人頼みって言う人いるけど
そもそも個が無い選手はそりゃ淘汰されるでしょ
攻撃に連動性が無いって?
リーグ戦の得点数は過去最高ペースなんだけど
守備は相変わらずだが
[ 2020/02/06 20:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。