ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!マネージャー、ツォルク!疑問視されるライオラを称える!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

BVBボス・ツォルク!疑問視されるライオラを称える!


Haaland223.jpg

疑問視されることが多いライオラをドルトムントのスポーツ・ディレクター、ミヒャエル・ツォルクが称えている。

スポンサーリンク


彼らはこの冬エーリング・ハーラントを巡って交渉しているが、ドルトムントは最終的にハーラントを多くのライバルを退けて獲得した。その後ろではツォルクとライオラが何度も話をし、それはクリスマスの日にも及んだようだ。


“クリスマス・イブの16時にも彼と話をしたぐらいだよ。”とツォルクは明かす。


この話し合いでは何が話されたのだろうか?“ミーノは本当にタフな相手だからね。でもそれは私の仕事にとっても良いことだよ。なんで彼と一緒になのか最初からはっきりしているからね。”と彼は語る。


ハーラントはマンチェスター・ユナイテッドやユベントスのような国際的なトップクラブよりもドルトムントを選んだが、ツォルクはそれを誇らしく思っている。それと同時に彼は、“ミーノとエーリングの父アルフ・インゲはボルシア・ドルトムントが野心的なトップ・タレントにとって最適だといち早く気付いたんだ。”と強調している。




以上です。

ミキタリアンの移籍時にはライオラとの関係がこじれたかのように報道されていましたが、ハーラントが出ていくときは解除金での移籍になるでしょうし、こじれる事はなさそうですね。ファヴレがハーラントを起用しないとライオラが文句言ってくるかもしれませんが、まあそんな心配はなさそうですね。



[ 2020/02/06 18:54 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
クラブは勝てるか勝てんかの瀬戸際にいるんだからカネのハナシしてる状況じゃないだろ?
今月はまあ楽かなと思ってタカを括っていたけど、対戦相手になるフランクフルトやブレーメンがギアを上げてきたしトゥヘルのとこともある。しっかり対処しないと来月はかなりヤバいことになってもおかしくないと思うぞ。
[ 2020/02/06 20:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。