ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》 香川・マンチェスター時代を語る 最新インタビュー①

今日も、変わらず香川選手情報です。香川選手、本日発売のシュポルト・ビルトのインタビューに答えていましたの、紹介したいと思います。






IMG_4300_convert_20140918020032.jpg@ichliebefussball 転載お断り

BVBスター 香川真司

「僕は全てに勝ちたい!」

ドルトムントの帰還者が特別に、彼のイギリスでの時間や監督クロップとの関係、そしてバイエルンへの攻撃について語る。


質問 : 香川さん、スポーツビルトでユルゲン・クロップはチームの理学療法士が今回初めてあなたの声を聞いたと言っていました。あなたは初めの2年間、本当に黙っていたんですか?

香川 : (笑)それは驚きですね。僕の記憶とはまったく違います。


質問 : それはつまり?

香川 : 僕らの理学療法士のトールベン・ヴェステとはよく以前も冗談をいったりして楽しんでましたし、その時にはもちろん僕も話しましたよ。


質問 : 普段はどのように意思の疎通をするんですか?

香川 : 2年間イギリスで真面目に英語を勉強しましたし、それで結構上手くいっています。 
それから今にもドイツ語のレッスンも始めようと思ってます。



スポンサーリンク


質問 : あなたの帰還以来、とてつもなく大きく取上げられましたね。個人的にはどのような体験をしましたか?

香川 : 戻って来る前は、イギリスでスポーツ的に厳しい時期をすごしました。しかし、ドルトムントのみんなは、それにもかかわらず僕を評価してくれて、ソーシャルネットワークの中などでも勇気を与えてくれました。本当に最初からファンや前からの同僚、そして新しい仲間からとても心温かく迎えられました。トレーナー達がどうだったかについてはいまさら話す必要もありません。
 


質問 : 再び家に帰ってきたような感じですか?

香川 : それが正しい表現なのか僕には分からないですけど、僕の決断ははっきりしていました。僕はBVBに戻りたい、BVBだけに戻りたかったです。そして、他のチームではなくて、このチームでまた成功を収めたいと思っていました。
誰もが、マンチェスター ユナイテッドの2年間は厳しかったと知っています。マンチェスターでは監督は僕を本当には使わなかったですし、、チームもあんまり上手くいってませんでした。だから、またここにいることは何よりも嬉しいですし、僕の心はいつもBVBと共にあったんです。



質問 : あなたは一軒家を洒落たドルトムントのフェニックス湖周辺に買ったらしいですが?

 香川 : それは僕も聞きました。でも本当じゃないです。
 

質問 : あなたはイギリス時代、♯Freeshinjiのようなファンからの行動を耳にしましたか?

香川 : 勿論です!僕がクラブを去ったのにもかかわらず、BVBファンが僕を支えてくれたのは本当に凄いことでした。他のいくつかの場所に行ったとしても似たような状況になったかもしれません。ここは確実に、特別な場所です。


質問 : ユルゲン・クロップとの関係も特別ですか?

香川 : 全くです!ユルゲン・クロップは、僕のクオリティーを正確に知っていて、そのクオリティーを正しく生かしてくれる、と感じれる監督です。僕は彼にとても、本当にとても感謝してます。彼のやり方でサッカーができること、接することができることなど、とても気に入っています。


質問 : それでは単に2年前と同じということですか?

香川 : いいえ、完全に全く違う状況ですし、違うチームです。
僕はここで残した結果の上に胡坐をかくつもりはありませんし、僕にとっては新しいスタートです。



質問 : あなたはクロップをなんと呼びますか?また彼はあなたを何と呼びますか? 
 香川 : 彼は単にシンジと呼びますし、僕はトレーナーって呼んだり、ボスって呼ぶのも好きですね(笑)。




結構長いインタビューですので、これで約3分の1ぐらいです。一回の分量としてはちょうど良いかと思いますので、この辺でアップします。 



《お願い》このブログ内の記事と、写真を無断で転載されませんようにお願い申し上げます。

[ 2014/09/18 06:06 ] 日本人インタビュー | TB(-) | CM(35)
いいブログですね。いつもありがとう。
[ 2014/09/18 07:27 ] [ 編集 ]
No title
お疲れ様です
素の香川がどんな事考えてるか知れるいい記事でした
ドルに帰ってこれて良かった
あとは新しいドルのメンバー達と馴染んでいいプレイしないとね
[ 2014/09/18 07:45 ] [ 編集 ]
おはようございます!貴重な情報ありがとうございます!

ツイッターで更新情報を知れたら便利だなーと思うのですが、開設検討していただけませんか?
[ 2014/09/18 07:47 ] [ 編集 ]
No title
>僕はここで残した結果の上に胡坐をかくつもりはありませんし、
この謙虚さ、偉いなあ。
[ 2014/09/18 07:55 ] [ 編集 ]
毎日新しい情報を訳していただいて本当に感謝です!
と共に管理人さんのお仕事などのご負担にならないかと少し心配。
[ 2014/09/18 07:58 ] [ 編集 ]
毎朝立ち寄るのが日課です

最近の雰囲気から察するに、新しい読者ほど要望が多かったりして大変かもしれませんが、あまり気を遣い過ぎず、無理もしないでくださいね
[ 2014/09/18 08:01 ] [ 編集 ]
No title
猪八戒みたいな名前の女の記事と違って生の声が聞けてよかったです
[ 2014/09/18 08:07 ] [ 編集 ]
No title
いやぁ~
ほんとにいつも管理人さんGJです。
こういった記事のおかげでリアルな現地の声が聞こえて嬉しいです。試合の見え方も変わってきますし先日のCLで香川は出場しませんでしたが、ポドルスキに肩を組みながら談笑していたシーンがみえた時は思わずニヤニヤしてしまいました。
これからも楽しみにしています。
無理のない範囲で宜しくお願いします。
[ 2014/09/18 08:13 ] [ 編集 ]
とても興味深い内容で朝からほっこりしました!ありがとうございます(^^)
[ 2014/09/18 08:22 ] [ 編集 ]
No title
やっぱ家のネタはガセかw
英語覚えたからコミュニケーションがとれるだけに
前とは全然違う感じでチームプレイができそうだな。
[ 2014/09/18 08:31 ] [ 編集 ]
こんにちは!
香川選手の貴重なインタビュー記事を翻訳してくださり、本当に本当にありがとうございます!!
今から続きが楽しみで仕方ありません!(ご負担をかけてすみません)
[ 2014/09/18 08:37 ] [ 編集 ]
クロップをトレーナー(香川はボスとも、なんか新鮮です)と呼ぶのを初めて知りました。
上のほうに出てくる「トレーナーはもちろん…」も、クロップ監督のことなんですね?

紙媒体の記事をそのまま読んでいるようで、内容共々心温まります。
ありがとうございます。
[ 2014/09/18 08:38 ] [ 編集 ]
No title
良い空気感が出ている記事ですね
それにしても香川選手の写真が大きいw
[ 2014/09/18 08:49 ] [ 編集 ]
管理人さん、いい翻訳ありがとう。
楽しく読めたよ。
[ 2014/09/18 09:02 ] [ 編集 ]
No title
はじめまして。先日、偶然ここのブログを拝読し、管理人さんの誠実さが伝わる翻訳に感激して、すっかりファンになってしまいました(笑)。グロクロさんの記事も、とても素敵でした。で、今朝、香川がモイーズ批判か?とある英訳のサイトを見たのであれ?と思って、少し調べてみたら、元記事はドイツのメディアとのこと。多分、管理人さんがあげてくれたこの記事ですよね。全然、批判じゃなくて、ドルへの愛情と監督への感謝を述べてる記事じゃないか~。管理人さん、本当にありがとうございます。香川選手の人柄が伝わる翻訳素晴らしいです。続きも楽しみにしています。
[ 2014/09/18 09:29 ] [ 編集 ]
No title
あの家を買ったという情報をもとに、香川を攻撃している人もいましたね。

そのほかにも本人の声が聴けてうれしいです^^ありがとう!
[ 2014/09/18 09:41 ] [ 編集 ]
管理人さん、最近はこのホームページが
更新されるのを楽しみにしています
ほんとうに貴重な現地の情報を
リアルに伝えてくれて、読むのがワクワク
します
本当にありがとう!

管理人さんの負担にならないくらいの頻度で
これからもよろしくお願いします
[ 2014/09/18 09:41 ] [ 編集 ]
No title
いつもいつも貴重な情報ありがとうございます。
無理せず長く続けてほしいです。
ドイツの情報楽しみにしています!
[ 2014/09/18 10:23 ] [ 編集 ]
No title
イギリスではモイーズ批判ととられてセンセーショナルに取り上げられてそれをさらに日本が紹介する流れになっていて腹立たしい
思慮深い、いいインタビューですね
[ 2014/09/18 10:59 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんありがとうございます!
貴重なドイツの記事、続きが楽しみです!!
[ 2014/09/18 11:09 ] [ 編集 ]
英マスコミはモイーズいじり、叩きに利用したいんだろうね
確かにモイーズいじり面白いけど
[ 2014/09/18 11:12 ] [ 編集 ]
No title
面白かったです
続きも読みたいです
管理人さんいつも有難うございます
[ 2014/09/18 11:32 ] [ 編集 ]
No title
管理人さんありがとうございます
こういうサイトを待ってました
[ 2014/09/18 11:48 ] [ 編集 ]
No title
入手困難な現地生情報をいろいろ知ることができてとても嬉しいです。

先日のあの“深い感動を呼んだ”フランクフルター・アルゲマインの記事以来、
欠かさず拝読させていただくようになりました。
いつも本当にありがとうございます。
[ 2014/09/18 11:51 ] [ 編集 ]
そういえば香川本人がクロップをどう呼んでるかなんて、
今までこの記事で初めて知りました。
管理人さんありがとう!これからも楽しみにしています(でもどうかご自分のペースで!)
[ 2014/09/18 13:00 ] [ 編集 ]
とても楽しみにしているブログなので荒らされないか心配なくらい笑
ドルトムントvsアーセナルの試合はすごく面白かったですね。
怪我人が戻ってきたら、さらにどんな試合展開になるか考えるともう楽しみで仕方ない...!
その中に香川もいることが楽しみ。
頑張ってくれるといいですね!
[ 2014/09/18 13:49 ] [ 編集 ]
No title
ヤクテナ経由で読んでるけど面白い内容だなーと思ったらいつもここなんだよね
[ 2014/09/18 14:00 ] [ 編集 ]
No title
>僕はトレーナーって呼んだり、ボスって呼ぶのも好きですね(笑)。

気が緩むとつい「お父さん」と口走ってるのが見えます。(笑)
日本語なのでだれも気付かず大事には至らないでしょう。
[ 2014/09/18 15:24 ] [ 編集 ]
華麗なプレイとは反対に謙虚というか慎ましいというか
でも見せかけじゃなく本当に正直にコメントしてる
こういうところが選手とファンから好かれる一因じゃないかと思う
続きの記事も楽しみにしてます!
[ 2014/09/18 17:03 ] [ 編集 ]
No title
good job!!
[ 2014/09/18 17:05 ] [ 編集 ]
No title
いつも本当にありがとうございます。
またお楽しみしています。

「パパ」って呼んでいるかなと思いました。(笑)
[ 2014/09/18 17:45 ] [ 編集 ]
No title
>僕はここで残した結果の上に胡坐をかくつもりはありませんし、

謙虚さだけでなくハングリーな部分も見えるね
楽しみだ
[ 2014/09/18 18:19 ] [ 編集 ]
No title
私もヤクテナ経由で知ったのですが、過去記事を見ると最近始めたようですね。ドイツに住まいならではの情報収集能力+BVBファン

これはオンリー1でしょう。とても熱い記事でお気に入りです。
読み応えで言ったら私の中でサッカーブログナンバー1です
これからも楽しみにしていますヽ(=´▽`=)ノ
[ 2014/09/18 20:09 ] [ 編集 ]
No title
私がここのブログが好きなのは
他みたいに記事の内容から勝手にあれこれ想像めぐらせて挙句、
批判したり叩いたりするしょーもないレスやコメを見なくて済むからなんですが、
こうして現地での情報を知ることができるのは本当にありがたいです。
まだまだ道は長いですがドイツ語勉強中なので
「その雑誌欲しい!」と思ってしまいましたw
ほんと欲しい・・・・・・( 'ェ')
[ 2014/09/18 21:18 ] [ 編集 ]
No title
#Freeshinjiを非難してるファンも居たけど、これが本人の気持ちだよ。ファンなのに本人と隔離していくのが一番危険。ドイツ語覚えようとしてるってことは生涯居る覚悟したみたいだね。いいことだ

[ 2014/09/21 11:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。