ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

クロップ!南野のために席替え!マネとケイタとはドイツ語で会話!《ドイツの反応》

【Sport24】
クロップ!南野のために席替え!

minamino76.jpg

ユルゲン・クロップは新加入が一日でも早くチームに溶け込む事を望んでいる。


南野拓実は、元ザルツブルクの選手としてリヴァプールに移籍した3人目となる。リヴァプールもクロップもザルツブルクの大きなファンであるようだ。どの監督も選手が一日でも早くチームに溶け込むことを望むものだが、冬の移籍の後で、チームに溶け込む時間があまりなかったために、ユルゲン・クロップは特別な措置を施している。

スポンサーリンク


この監督は日本人をマネとケイタの隣にしたのだ。彼らは二人ともザルツブルク出身で、南野と同様にドイツ語を話すことができる。

“チームの一員ではありますが、僕の英語はまだ良くないので、マネとケイタの助けは本当に重要です。”と南野はリヴァプールホームページのインタビューにおいて語っている。“彼らは今でも僕を助けてくれますし、最初の日にはミーティングの時間や一日の流れなど、チームの規則を教えてくれましたよ。”と南野は語る。


この日本代表はザルツブルクで5年間プレーしていたが、“今のところはドイツ語ができる選手と話すことが多いですね。”と南野は明かす。もちろんこれは監督がドイツ出身だから良い事だろう。

南野は一月に850万ユーロでリヴァプールに移籍している。それ以来彼は公式戦4試合に出場している。さらに彼はチャンピオンズリーグにもノミネートされている。




以上です。

南野選手の席がマネとケイタの隣だったのはクロップが最初のインタビューで明かしていましたが、彼らとはドイツ語で会話しているようですね。ドイツ語ができれば英語も覚えるのは早そうですね。
[ 2020/02/08 05:23 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。