ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント監督ファヴレ!シーズン中にも解任か?《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレ、シーズン中にも解任か?

favre6660.jpg

レヴァークーゼン戦で敗れた後、ルシアン・ファヴレは最後にスタジアムから出てきた。


ビルトは彼の状況について質問しようとしたが、このスイス人は頭を振って、“それについて話すことはできないよ。”とチームバスに乗り込んでしまった。

スポンサーリンク


レヴァークーゼン戦は今シーズン最高の試合の一つではあったが、ファヴレにとっては最低点に達した試合でもある。ポカールでブレーメンに敗れた4日後、ドルトムントはわずか81秒のあいだに2失点して敗れたのだ。


ドルトムントの幹部たちはどう反応するだろうか?


彼らはビルトの質問に対して黙っている。これはスイス人監督にとっては良いことではない。


ビルトの情報によると、すぐに解任となる事はないようだ。代わりの監督がいないからだ。そのため今後の数試合の様子を見ることになる。ファヴレはそれまで少し時間を貰ったに過ぎない。


それまでにチームが上向きにならなければ2021年までの契約にも関わらず、シーズン終了を待たずに解任となる事もあるだろう。彼は11月にも解任の危機に立たされていたのだ。しかし本来であれば、ボスたちはシーズン中の監督交代は避けたがっていた・・・。

ファヴレの間違いは?

▶ファヴレはブレーメン戦でハーラントを先発起用せずに周りを呆れさせている。レヴァークーゼン戦ではいきなり4バックで試合に臨み、チームは混乱している。

▶フンメルス、ザガドゥー、アカンジ、ヴィッツェル、ジャン、ゲレイロの守備陣は何も考えずにプレーしているようだった。カオスだ。

▶選手とのコミュニケーションに問題がある。ファヴレは“終盤はもっと我慢強くプレーしてボールをコントロールしなければならない。”と語っている。



しかしフンメルスの意見はそれとは反対だ。“リードしたらこんなに受け身なプレーをしてはならない。積極的にプレーすることが大事だよ。相手に勢いを与えてはならない。”と語っている。


ファヴレの解任が解決策となるだろうか?






以上です。

ファヴレの解任のタイミングはもう逃してしまったような気がしますね・・・。今後も適度に勝ったと思ったら負けて、ずるずるいきそう・・・。

[ 2020/02/10 17:19 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(6)
ロイスの不在時、フンメルスがリーダーシップをより発揮するからより一層揉めそう 監督にも容赦ないから それより相変わらずピシュが先発じゃない時って勝率がメチャメチャ低いんじゃないだろうか 
[ 2020/02/10 17:45 ] [ 編集 ]
今のままならズルズル行って来季はヨーロッパリーグ行きかな?
そうならないことを願ってるけどね、、、
[ 2020/02/10 18:29 ] [ 編集 ]
つかもうフロントが監督やればいいんじゃないか
[ 2020/02/10 20:11 ] [ 編集 ]
この時期解任してもね…そこ迄悪い成績でも無いし。
まぁ優勝逃したらバッサリ解任は間違いない。
[ 2020/02/10 20:21 ] [ 編集 ]
終盤はもっと我慢強くプレーしてって言ってるけど、我慢強いプレーとはどんなプレーなんだろう?皮肉ではなく素直にわからん。守備を固める?ボール支配率を高める?こんなことをもし選手に言ってるとしたら選手も混乱するのでは?
[ 2020/02/10 22:36 ] [ 編集 ]
ファヴレのコメントとフンメルスのコメントの食い違い,昨シーズンのバイエルンでも同じ物を見た気がする
昨シーズンのバイエルンはフロントが間を取り持った(結局今季コバチは退任した)けど,ドルトムントはどうなるのかな
[ 2020/02/12 18:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。