ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレの将来はフンメルス次第か!?《ドイツの反応》

【ビルト】

ファヴレの将来はフンメルス次第!

hunnmme.jpg

BVBの会長ヴァツケは、フンメルスの買戻しを強く望んだ。そしてその結果3150万ユーロでバイエルンから獲得している。ルシアン・ファヴレ監督もこれには特に反対しなかった。


そしてファヴレの将来はフンメルス次第となっている。


ビルトはすでにシーズン中にファヴレが解任になる可能性がある事について報じている。そしてそれにはフンメルスが大きく関わる事になりそうだ!

スポンサーリンク


ドルトムントの問題は21試合で32失点もしていることだ。これは2007/08シーズン以降最も悪い数字となっている。これはあきらかにトップレベルではない。そしてこれをなんとかするのがフンメルスだ。


彼は3:4で敗れたレヴァークーゼン戦で3つの失点に関わっている。


しかしフンメルスはその後ドルトムントの受け身の姿勢に言及していたのだ。ファヴレ監督はこの発言については、“受け身だって?それが理由ではないよ。我々は終盤はもっと忍耐強くプレーし、ボールをよりコントロールしなければならない。”と答えている。

フンメルスとファヴレは戦術的に異なる見方をしているようだ。しかし失点の原因はフンメルスのせいだけではない。彼の隣にいるアカンジ、ピスチェク、ザガドゥーのミスは多い。


ではどうしてそうなるのだろうか?


▶ファヴレは常にシステムを変更する。レヴァークーゼン戦では3バックから4バックに変更している。


▶BVBはクロスに対して弱い。さらに91パーセントは連携で崩されたゴールだ。


▶ドルトムントはすでに6度も逆転負けしている。これによって14ポイントを失っている。


▶ビュルキのセーブ率は50パーセントとリーガ平均の68パーセントを大きく下回っている。



ドルトムントは優勝した2011年、12年以降、守備が常にもろくなっている。フンメルスはこれを止めなければならない。しかし彼にはそれが出来ていない。


バイエルンは最近調子を取り戻しているが、ファヴレの将来はフンメルスが大きく左右しそうだ。




以上です。

フンメルスが良いプレーしないとこのまま解任もあるとの見方のようですね。フンメルスはファヴレの戦術が気に入らないようですから、そっちの面でも問題にある可能性もありそうですね・・・。

[ 2020/02/11 17:30 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
フンメルスもかわいそうに、、、
1人が頑張ったくらいではどうしようもないくらい壊れてるのにな。
フィルタリングが全く出来ない中盤。前後のことはまったく無視したようにプレーするサイドバック。センターバックの1人は明らかにやる気なくしてるか頭がパニックだよな。
こういうメンバー選んだのファブレなのに責任転嫁されてるよ。
戦術的には去年から選手たちは文句タラタラだったし今更だな。
[ 2020/02/11 19:02 ] [ 編集 ]
元々ドルトムントは攻撃的なチームであって、ドン引きで守り倒す戦術では無い為ザルトムントなんて皮肉られてもいたけど…
でもファブレ以前はゲーゲンプレスで前からのプレスが効いていたので後ろはそこ迄守備に気を付けなくても容易に守れた。フンメルスや、ビュルキの様な攻撃的なCB.GKが後ろからのビルトアップするのがお約束。守り倒すなら別の選択肢になるけど…それでは中下位クラブだろ!
ゲーゲンプレスは捨てて完全にゾーンでやってるけど、簡単に自陣迄ボール入れられてそこから守る。又は簡単にロングボール真ん中に蹴りこまれるってのはフンメルスは苦手だよ。可哀想なフンメルス。
[ 2020/02/11 19:39 ] [ 編集 ]
まさに的を射た問題提起ですよね。

フンメルスが入ったことで、前線への攻撃力は増したと思いますが、同時に本当に守備が脆くなりました。
例えば、アカンジのミスが増えた。その為かジャンを獲得するに至った。

DFの選手にとっては本当に静心ない事態でしょう。





[ 2020/02/11 20:25 ] [ 編集 ]
守備をなんとかしなきゃって事で大補強したような記憶があるんですが、何で未だに守備崩壊中なんですか?補強が的外れだったの?
[ 2020/02/14 01:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。