ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》岡崎 キッカーランキングで9位に!!(フォワード部門)大迫は注目の選手!


本日発売のキッカーでファワード部門のランキングが発表されましたので、いくつかの寸評とともに紹介します。ちなみに寸評は全選手のものが掲載されているわけではなく、岡崎選手に対する寸評はありませんでした。基本的ににどうしてこういう選考になったかというものなので、選考外になった選手に言及されていたりもします。


201506251736142c4.jpg




キッカーランキング フォーワード部門


ワールドクラス 


なし

インターナショナルクラス

1.レヴァンドフスキー(バイエルン)


2.バス・ドスト(ヴォルフスブルク)


後半戦で14ゴールを上げ、リーガトップの成績。


3.トーマス・ミュラー


このミュンヘンの選手にとって、後半戦は笑える状況ではなかった。前半戦はたいていサイドからの出場だったが、後半戦はフォワードとして出場し、常に途中で交代させられた。ポカール準決勝やバルセロナ戦での途中交代は理解できるものではなかった。リーガでは90分以上プレーしたのはたった5回のみであるが、それでも6ゴール8アシストという注目に値する成績を上げている。


4.オバメヤン(ドルトムント)


その周辺のクラス

5.マックス・クルーゼ(グラートバッハ)


6.ダニエル・ギンチェク(シュトゥットガルト)

シュトゥットガルトの残留は彼の活躍と結びついている。彼は長い間苦しみ冬休み明けも状態は良くなかったが、彼の出番があった時は全力でプレーした。シーズン終盤でのシュトゥットガルトの残留はチームを救う7ゴールを上げた彼のお陰である。

7.ディ・サント(ブレーメン)



8.アレックス・マイアー(フランクフルト)

彼は最後の7試合に出場できなかったが、それでも6ゴールを上げ、その周辺のクラスでランキング入りを果たした。


9.岡﨑慎司(マインツ)


10.キースリング(レヴァークーゼン)


201506251736159c9.jpg


スポンサーリンク


20150625173612f1e.jpg


注目の選手

大迫、ゴールはなかったが輝いていた

大迫勇也 (ケルン)

ケルンの日本人は後半戦スタメンの座をかけて戦わなければならなかった。また2ゴール2アシストという成績でランキング入りの座をかけても戦わなければならなかった。しかし数字は届かなかったものの彼はシーズン残り4分の1で、非常に力強いパフォーマンスを見せた。大迫は中継点となり、物事をうまく起動にのせる働きをしたが、弾けることはなかった。

ゼルケ(ブレーメン)


ウジャ(ケルン)



なぜこの選手たちは選ばれなかったか


インモビレ (ドルトムント)


前半戦の彼はチャンピオンズリーグで力強いパフォーマンスを見せたが、その強さを後半戦で見せることはできなかったどころか、弱々しいパフォーマンスを見せ、前半戦以上の収穫もなかった。19節以降はスタメン出場はなく、後半戦は0スコアポイントである。ビッグ移籍からフロップへ。


フンタラー (シャルケ)


冬のランキングでは3位だったが、シャルケの試合と同様に下降線をたどった。リーガではシュトゥットガルト戦で2得点を上げるだけに留まり、これでは4:3で勝利したレアル・マドリッド戦で2得点を上げても慰みにならない。





以上です。


いくつかの寸評は時間の都合で部分的に訳しました。大迫選手について、ゴールはなかったが輝いていた、と書かれていたことが印象的でした。


キッカーの面白い所は、自分たちでランキングを発表し、その横にそのランキングに対する批評家の意見を載せている所です。このランキングに対してもカールハインツ・リードル(1990年にワールド・カップ優勝)の批評を載せているのですが、彼はそこで“レヴァンドフスキーは(インターナショナルクラスではなく)ワールドクラスだと思うし、ドストの順位については議論が必要だ。”と語っています。また“オバメヤンとドストは同じぐらいのランキングだろう。”と、キッカー記者のランキングと別視点の意見を載せています。

岡﨑選手は冬のランキングでは6位でしたから、今回は順位を落としましたが、毎回ランキング入りするのはやはり素晴らしいですね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball



[ 2015/06/25 17:51 ] 岡崎 | TB(-) | CM(5)
もう岡崎より大迫に期待ですね!
代表でもワントップなのに本田よりも2015年はゴールが少ない。
日本人は岡崎みたいなの大好きだからバッシングはありませんが。
プレーが単調過ぎでこれ以上期待できません。
正直、大迫の方が延びしろあると感じますし来季は個人的に大迫にランクインして欲しいです!
代表もワントップは大迫固定を期待しています。

[ 2015/06/25 22:46 ] [ 編集 ]
オバメヤン アーセナルで
岡崎ドルでいいんじゃね
[ 2015/06/25 22:58 ] [ 編集 ]
No title
マインツは引かれないけど、ドルはひかれるからね。オーバメヤンの難点は引かれたら困る事なのに、これまたひかれた時に消える岡崎取って誰得なのかと。
[ 2015/06/26 00:55 ] [ 編集 ]
No title
オバメヤンの評価が高すぎに思える。
まあ今季の起用で評価するの難しいけど。
大迫にはとても期待。
[ 2015/06/26 10:47 ] [ 編集 ]
No title
自分も岡崎の代表ワントップに将来性を感じない…。
上にも書いてる人いるけど大迫やあと個人的には柿谷が巻き返してくることを期待してます。

技術が高い選手が揃っているドルトムントで岡崎は浮くでしょうし本人の希望通りプレミア移籍がほぼ決定的だそうで良かったのではないでしょうか。
それこそフィジカルの壁さえ乗り越えられれば持ち前の泥臭さが活きそうです。

[ 2015/06/26 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。