ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

マンチェスター・シティ!2年間のCL出場停止処分!!!《ドイツの反応》

【ビルト】

とんでもない判決が!!
マンチェスター・シティ!2年間のチャンピオンズリーグ出場停止処分!

peppp.jpg

UEFAは大きなクラブに対しても処置を下すとすでに宣言していたが、ついにその時が来た!


とんでもない判決だ!!

なんとマンチェスター・シティーが2年間のチャンピオンズリーグ出場停止処分となったのだ。


スポンサーリンク


その理由はファイナンシャル・フェアプレーの規則に触れたためだ。

マンチェスター・シティは2012年から2016年にかけて、スポンサーからの収益をUEFAに対して正確に伝えていなかったようだ。それに加えてこれが明らかになった時点でUEFAに対してしっかりとした対処をとらなかったようである。

“Spiegel”の“フットボールリークス”によると、マンチェスター・シティの所有者である、アル・ナハヤンは数年にわたってクラブにお金を送金していたが、その事実を隠していたようだ。実際にはスポンサーは契約の金額よりも少ない金額を支払ったとされており、その差額をアル・ナハヤンが支払っていたようなのだ。

これはシティにとっては大きな痛手となった。チャンピオンズリーグに出場停止となった他、クラブは3000万ユーロの罰金を支払わなければならない。


シティはこの処分に対して、“がっかりしているが驚きではない”と意見を述べている。クラブはUEFAやUEFAの判決を厳しく批判している。クラブはこの判決に対して異議を唱えるつもりである。


マンチェスター・シティは2月にレアル・マドリッドと対戦するが、この異議が認められなければ、シティにとって最後のチャンピオンズリーグの試合となるかもしれない。




以上です。

これは驚きのニュースですね。スポンサーの収入を実際よりも多くあるように見せていたということですが、それによって補強によりお金を使えるようになっていたという事でしょうかね。


異議が認めらるかは分かりませんが、2012年から2016年までが対象となっているようですから、監督や選手からしたらたまったものではありませんね・・。

[ 2020/02/15 04:30 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(5)
シティ側は異議をUEFAではなくCASに対して訴えるようですので、少なくとも判決が出るには2年ほどかかりますから、その間は処分解除になりますね。ペップは逃げるでしょうがw
[ 2020/02/15 04:38 ] [ 編集 ]
ffp いらなくね
昔のレアルみたいのが見たい
[ 2020/02/15 05:14 ] [ 編集 ]
まあ普通の会社でいえば粉飾決算まがいのことをしたということでしょうが、上訴もするようなのでどうなりますかね?
仮に、上訴が棄却ならヨーロッパから2年追放。金額にすれば、罰金含めたら15億ユーロくらいの損失になるね。
ならば選手バーゲンになってクラブは終わるかもね?
[ 2020/02/15 08:15 ] [ 編集 ]
ペップは真面目に、レアルに負けたらクビになる覚悟だ、なんて言ってたけど、その前にCL出られ無くなるんじゃねー。ペップをクビにしても次に誰も来ない、それこそペップにすがりつくしかないんじゃ?
[ 2020/02/15 08:53 ] [ 編集 ]
ビックリ!でも仕方ないかもね、ルール破れば制裁。
ドルトムント的にはサンチョ留められるチャンスが増えた。良かったのかも…

ギュンドアンに嫉妬していた選手達は「ザマァ」って思うのか…
[ 2020/02/15 09:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。