ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!フランクフルトに4:0で勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!フランクフルトに4:0で勝利!

bvbvb.jpg

大事な試合に勝利した!これで今夜だけだが2位だ。


ドルトムントははアイントラハトに4:0と快勝した。これによって日曜日に試合を残すバイエルンに1ポイント差まで迫っている。

スポンサーリンク


最近風邪をひいていたルシアン・ファヴレ監督は2連敗した後で、メンバーを変更している。不調のマニュエル・アカンジは11月以来ベンチスタートとなっている。


その代わりルーカス・ピスチェクがプレーし、なんと得点をあげている!


▶33分:フランクフルトのペナルティー・エリア内にクロスが上がる。そこにやってきたハキミがピスチェクにパスを送る。このポーランド人はペナルティーエリア付近から不得意な左足でシュートを放つとそれが決まって先制点だ!


ここ5試合で4勝と好調のフランクフルトだが、この日は非常に弱かった。そのためドルトムントの守備が問題となる事がなかったのだ。


前半は1:0で終了したが、後半はさらに3つのゴールが生まれている。


アイントラハトはボールをロストしてしまったが、その後の展開はアイントラハトには速すぎた。ヴィッツェルがパスをサンチョに送る。アブラハムはスライディングするも、そんなのはなんのお構いなしに、冷静に決めてゴールだ。これでサンチョはシーズン13得点だ。


そしてその4分後にまたしてもゴールだ。ゲレイロがサイドのハキミにボールを送る。そして低いパスをハーラントに送ると、ハーラントがそれを決めて3:0だ。これで5試合で8ゴールだ。ハーラントはハーフタイム中にアウグスブルクでハットトリックを達成した靴に履き替えたようだが、そのせいだろうか?


最後は74分にゲレイロが17メートルの距離からゴールを決めて4:0としている。



以上です。

今日は好調のフランクフルトでしたが快勝したようですね。これでまた優勝争いしてほしいところですが、それが続かないのが今シーズン・・


ちなみにフランクフルトの長谷部選手と鎌田選手はベンチ入りしましたが出番がありませんでしたね。最近では日本人選手がプレーする機会がめっきり減ってしまったのでちょっと寂しいですね・・。
[ 2020/02/15 06:43 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
ファブレは悪運が強い笑
今日はまた3バックに戻して、かつバック7枚はセットプレーやコーナー以外上がり禁止だったのに、先制点はこぼれ球をピシュチェクがとりあえず逆足で振り抜いたら入っちゃった笑
あとはフランクフルトが長谷部ベンチにして中央3枚でうまくやっていたのを2枚にして守り薄くしてくれていたので、ホランドとサンチョに任しておけばOKだった。今日はロイスもブラントもいないからホランドとサンチョがトップでスタメン張ってくるのがわかってたはずなのに、なんで2対2の状況になりやすいフォメ組んだのかな?
まあラッキーだった。
ただしファブレの悪運が長い目で見てドルトムントの幸運になるかは知らんけどな。
[ 2020/02/15 08:07 ] [ 編集 ]
またピシュ不敗神話が発動しそう 
[ 2020/02/15 12:12 ] [ 編集 ]
こぼれ球?試合見てないのかな笑
[ 2020/02/15 18:46 ] [ 編集 ]
機械評価見てると両WBが躍動したって感じに見えるけど、サンチョ次第な感じだねー
リヴァプールのノリッジ戦見てたけど、リヴァプール相手に最下位のノリッジは弱者のサッカーで耐えてカウンター狙いしてたけど、ブンデスリーガは数年前に比べ上位チームに無様にやられ過ぎなんじゃないの
ドルトムントには問題が多く見られるのにポゼッションされボコボコに点取られるとか無策すぎる
コレがファブレ後釜候補として名前が挙がるとかお先真っ暗だね
[ 2020/02/16 06:02 ] [ 編集 ]
見え見えのヒールはこぼれ球と変わらないのでは?
ここのスレも言葉尻だけを捕まえてディスる人が出てきましたね。
[ 2020/02/16 13:55 ] [ 編集 ]
>リヴァプールのノリッジ戦見てたけど、リヴァプール相手に最下位のノリッジは弱者のサッカーで耐えてカウンター狙いしてたけど、ブンデスリーガは数年前に比べ上位チームに無様にやられ過ぎなんじゃないの

プレミアは今季9-0や8-0もあったけどね笑
[ 2020/02/18 08:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。