ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

大迫先発ブレーメン!ライプツィヒ敗れる!大迫はチーム最低評価!チームは降格圏突入!《ドイツの反応》

【WESERKURIER】

大迫!議論の余地なし!フォークトだけが相手に対処した。


osakooiiu.jpg

ヴェルダーはライプツィヒに0:3で敗れたが、弱々しいパフォーマンスを見せている。5人の選手が採点5の評価を受けたが、さらに一人が6の評価を受けている。


パヴレンカ 4


最初の2失点はノーチャンス。0:3の場面ではムキエレの股抜きされている。


ヴェリコヴィチ 5

出だしは必要なフィジカルを備えていたが、0:2の前は簡単にやられている。


スポンサーリンク


フォークト 2

少なくとも彼は相手に対する事が出来た。やばい場面で何度もボールをクリアしている。しかしもう少しオウンゴールする所でもあった。ヴェルダーのベストプレーヤー。


モイサンダー 5


出だしはポジショニングの良さでライプツィヒのボールをクリアできたが、それだけだった。彼の一番の見せ場は0:1とされた後で大迫を叱っていた場面だ。


ゼラシー 4

カムバック試合となったが、長い間負傷していたことが見て取れた。しかし徐々にパフォーマンスを向上させ、攻撃においてプレシャーを与え、守備においては火消しに努めた。


フリードル 4

彼が33分に放ったシュートはヴェルダーにとって最初のシュートだった。


エッゲシュタイン 5

攻撃においては素早さが足りない。16分は中盤でまったく不要なファールをし、これによってドルトムント戦は出場停止となる。そしてさらにそこから生まれたフリーキックがライプツィヒの先制点につながった。


クラーセン 5

ライプツィヒにとっては簡単に対処できる相手だった。多くのボールを失い、試合に入る事が出来なかった。


ビッテンコート 4

良く走っていたが、ボールを持つことはあまりなかった。ボールを持った時はたいていファールされていた。彼が前半アディショナルタイムに放ったクロスがヴェルダーにとっては最も大きな見せ場だった。

ラシカ 5

努力していた、というのが最高の表現だろう。


大迫勇也 6

0:1は彼の責任だ。なぜなら彼が相手選手を走らせてしまったからだ。少なくともそれによって彼が本当にプレーしていたことを知る事になった。それまでは消えていたのだ。また0:2の場面にも関与している。フィジカルではライプツィヒに完全に負けていた。またしても弱々しいパフォーマンスだ。評価7はないので彼は6を受ける事となった。





以上です。

ブレ―メンはこれで17位になってしまいましたね。どうしてポカールのドルトムント戦だけ調子が良かったのでしょうか・・。大迫選手は不調のようですが、なかなか厳しい評価を受ける事になってしまいましたね・・。

[ 2020/02/16 06:00 ] 大迫 | TB(-) | CM(2)
ブレーメンの守備は相変わらず不安定でしたね、大迫の対応もまずかったですがその前にフリーで折り返しのボールを蹴られてます、DFラインは怪我人多くフォクトがレンタルできましたが足りません、何とか持ち直してほしいところです。
リーグのほうはライプツィヒ、ドルトムント、ボルシアMGが勝ち、レバークーゼンも優勝狙えるポイント差ですね。
[ 2020/02/16 10:35 ] [ 編集 ]
贔屓目なしに見たらこんな評価になるはずないんだけどな。大迫以外にまともにポストできてた選手いなかったくせに弱々しいパフォーマンスとかどの口で言ってんだか。ほんと大迫移籍して欲しいわ、今のブレーメンじゃ大迫の頑張りが全く報われないよ。
[ 2020/02/16 21:05 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。