ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

BVBハーラント!驚異のスプリント!60メートルを6.64秒!世界記録にわずかに届かず!《ドイツの反応》

【ビルト】

ハーラント、もう少しでスプリント世界記録!

Haaland2234.jpg

このハーラントはいったいどれだけ凄いんだ?少なくとも彼がどれだけ速いかが明らかになった!


スカイイタリアがこのスーパー・ストライカーのデーターを公開した。それによると、PSG戦で2ゴールをあげた彼はなんと、60メートルのスプリントで世界記録にわずか0.3秒及ばなかったとのことだ。

スポンサーリンク


この場面が見られたのは開始14分のことだ。ハーラントは自陣ペナルティーエリアで、PSGのコーナーキックをクリアしたが、その後ドルトムントのカウンターになるのが分るとスプリントモードに切り替えたのだ。


彼は自陣深くからスタートし、スプリントを見せたが、そのステップは徐々に大きくなり、見方も対戦相手も抜かしたのだ。彼はセンターライン付近でサンチョに追いつき、パスを受けれる耐性になっている。


ハーラントはパスが来ないのがわかるとスピードを落としたが、スカイ・イタリアはこの時のスピードを計っていたようだ。


信じられない結果だ:なんと彼は60メートルを6.64秒で走りぬけたのだ。これは平均時速32.53キロだ。制限速度が30キロの道路では彼は罰金を支払わなければならないところだ。


比較:現在60メートルの世界記録保持者はアメリカのクリスティアン・コーレマンの6.343秒だ。ハーラントよりも0.3秒速い。


陸上ではスタートにスタートブロックを使用しているため、トップスピードになるのに時間がかかる。もしハーラントが同じ条件で走れば、その差は0.3秒よりも増えるだろうが、それでもハーラントが速いことに変わりない。


元ドルトムントのヴァイデンフェラーはPSG戦後ハーラントを絶賛している。“彼はクリスティアーノ・ロナルドのような偉大な選手と似たところがあるね。シュートに優れていて、反応も速い。ヘディングもできて足さばきも良いよ。”と彼は語ったが、彼がどれだけ速いかはまだ分かっていなかった。

しかしハーラントのスプリントがサンチョにとっても速すぎたのは残念だった。サンチョはこの素早いハーラントにパスを送る代わりに自分でシュートを打って外している・・。



以上です。

ハーラントのPSG戦でのミドルは見事でしたが、この体型にしてこのスピードですから本当に頼もしいですね。この補強は本当に大当たりですね。ファヴレにはザルツブルク出身の良い所を壊さないでもらいたいですね。

[ 2020/02/20 21:09 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
日本では50mのスプリントタイムはよく聞くけど60mのとかあまり聞かん。
50mにすると6秒フラットくらいか?
いずれにしてもこの身長と体重でこのタイムは陸上選手並みなのは確か。
これでレバやベンゼマみたいに2列目の技術を覚えたら楽しみだよな。
ファンバステンやブラジルのロナウドみたいにどこでもやれてどこからでも点取れるようになれとは言わんけど、大きくなってもらいたいですね。
[ 2020/02/20 21:59 ] [ 編集 ]
ハーランドが凄いのでドイツの記者も狂ってる感じですかね
陸上競技と比べるのはドイツでもアレなレベルということで、0.3秒とか陸上競技で言ったら論外レベルの差ですし
100m走で10秒切るような人は最高時速40km以上平均時速35km以上ですから、何の視点で比較したいと思ったのかは全く謎です

もちろん凄いのは間違いありません

サッカーだとトップスピード時速35kmくらいで凄いスピードだという記事はあったような。昔のロッベンとか
[ 2020/02/20 22:17 ] [ 編集 ]
記録云々は置いておくにしても、本当に素晴らしいな
改めてこのシーン見直してみたけどめちゃくちゃ速いし、その他のスプリントしてるところもめっちゃ速い

そして速いだけでなく点取るのが本当に上手いし味方も使える
とても良い選手とったね
[ 2020/02/21 15:38 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。