Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【EL】ザルツブルク戦でハットトリックを達成した鎌田!ドイツ紙で最高評価‼《ドイツの反応》

【ビルト】

キング・鎌田!採点1!!

kamada134.jpg


ザルツブルクに4:1だ。アイントラハトは力強いパフォーマンスで次のラウンド進出をほぼ確実にしている。さらにアディ・ヒュッター監督も良い起用法を見せている。



ビルトの採点!


トラップ 3
あんまりやる事がなかったが81分のアデイェミに対しては力強かった。高いボールへの対処は安定していたが、PKの場面はしかたない。


トゥレー 2
力強いプレー。1:0をアシストし、さらに23分にはダカの前でセーブしている。彼のシュートが防がれてコーナーになったのは残念。


スポンサーリンク


アブラハム 2
素早さを活かして良く走り、さらに35分には素晴らしブロックを見せる。非常に良い出来。


イルサンカー 3
守備においては非常に価値があった。対人も強く、ほとんど危険にさらすことがなかった。彼はユヌゾヴィチをペナルティーエリアで押したが、それがファールにならなかったのはラッキー!


ヌディッカ 3
序盤はボールの扱いがあまり良くなかったがその後良くなった。3:0のクロスは素晴らしい!


長谷部 2
守備と中盤のラインを繋ぐ選手となり、さらにボールの扱いは安定していた。それだけでなく彼はスライディングするのも厭わない!


鎌田 1
この日本人の何と素晴らしいショーだろう!3ゴール。何よりも2:0のループキックは本当に生意気だ!ザルツブルクの守備を何度も粉砕し、さらに4点目の起点ともなっている。


ローデ 2
戦士。何度も割って入り、さらに穴をスペースを埋めた。ザルツブルクの組み立てを何度も妨げた。62分のシュートがそれたのは残念。


ソウ 2
何度も賢い組み立てを見せる。さらに美しいパスで2:0をアシスト。


コスティチ 2
いつものように彼のサイドで頑張っていた。21分のシュートが外れたのは不運。後半はさらにギア意を一段上げ、ゴールで報われている。


シルヴァ 3
最前線で良く動いており、常に試合に関与し、守備もしていた。4:0のアシストはオフサイドの位置にいたが、まあそれはどうでもよい。

パシエンシア 3
78分に5:0となるチャンスを外している。


【フランクフルタールントシャウ】寸評

鎌田:本当に素晴らしい

驚くべきカムバック。すぐに存在感を発揮し、最初の3ゴールの得点者。最初のゴールではうまく裏をかき、良く考えられた2ゴール目は素晴らしかった。彼は長いソロの後でキーパーをループでかわしたのだ。そしてヘディングで決めた3ゴール目はラッキー。すでにこれで6ゴール目となったが、国際舞台は彼に合っているようだ。脱帽!

長谷部:良かった

彼の視野、落ち着き、そしてボールに対する感性はチームにとって良いものをもたらす。頭、手、足を使ってプレー。すぐに試合に創造性をもたらしている。素晴らしいポジションイング。彼はもうミッドフィルターとしてはプレーできないと最近では噂されていたのに。




以上です。

鎌田選手のゴールシーンはどれも素晴らしかったですね。4点目も起点となっていました。長谷部選手もリベロとしてプレーしましたが、高評価を得ていますね。またこれをきっかけにリーガでも出番が増えると良いですね。



[ 2020/02/21 17:03 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
この前のガナ戦の時は、メッシみたいだのロナウジーニョみたいだの書いた覚えがあるけど、今日はクリスティアーノみたいだった笑
両足とヘッドでハットだもんな。
こうなったらぜひ決勝まで行ってもらって得点王取ってもらいたいですよ。
[ 2020/02/21 17:35 ] [ 編集 ]
驚きだね。まさかハットするとは。これで得点感覚を掴んでくれたら嬉しい。
[ 2020/02/22 16:54 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。