Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

フランクフルトの鎌田!長谷部と並んでインタビューに応じる!!《ドイツの反応》

【ビルト】

キング・カマダ!“今度はリーガでもゴールしないといけないですね!”

kamada134.jpg

彼はボールをわきに抱え、サンダルを履いた姿で控室へと戻るところだった。しかし彼の同郷の長谷部がジャーナリストの下へと彼を呼んだのだ。その結果、鎌田大地が長谷部と並んでミックスゾーンで記者の質問に答える事となった。


スポンサーリンク


キング・カマダはリーガでもゴールするだろうか?


この日本人は4:1で勝利したザルツブルク戦でハットトリックを達成したが、アイントラハトのみんなを感動させている。監督、チームメート、ファン達、幹部・・・。


スポーツディレクターのブルーノ・ヒュープナーは、“彼は本当に脅威となる選手だ。常にアイデアを持っている。彼がいるのは良い事だよ。”と語っている。



そしてそれは何よりもヨーロッパリーグにおいて顕著となっている。鎌田はすでに6ゴールをあげているのだ。これはヨーロッパでは3番目の数字だ。彼よりも多くのゴールをあげているのはロベルト・レヴァンドフスキーとドルトムントの巨人、エーリング・ハーランドだけだ。


“3ゴールもするとは思っていませんでしたから、今は単に幸せです。後はブンデスリーガでもゴールしなければならないですね。”と鎌田は語る。彼の育ての親である長谷部は、“最初の2ゴールは素晴らしかったですね。この試合が彼に自信を与えると確信していますよ。”と語っている。


鎌田は冬休み中に負傷し、その後不調に陥っていた。その結果ベンチに座る事が増えていたのだ。そのためザルツブルクでの先発は周りに驚きを与えていた。


アディ・ヒュッター監督はこの起用について、“私はボールの扱いがうまい選手を起用したかったんだ。”と語っている。


鎌田はこの夏ベルギーのトロイデンから戻って来たが、彼の市場価格は450万ユーロから1000万ユーロまで上昇している。




以上です。

鎌田選手がドイツ人記者の前に姿を現したことで結構インタビュー関連の記事が出ています。最初は長谷部選手だけだったようですが、長谷部選手に呼ばれたようですね。インタビューは長谷部選手が通訳したようですが、やっぱりこういう機会に記者の前に姿を現すのも大事ですね。

[ 2020/02/22 16:38 ] 鎌田 | TB(-) | CM(2)
育ての親w
俺は長谷部の方が凄かったと思う
疲れがない長谷部はほんまカイザーや
[ 2020/02/22 17:06 ] [ 編集 ]
確かに、蒲田を整えているのは長谷部だと思うわ。次はウニオン・ベルリンかな。是非、一点もぎ取って欲しいね。
[ 2020/02/23 06:48 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。