ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール監督クロップ!ユナイテッド・ファン(子供)の手紙に自ら返信しイングランドで絶賛される!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

リヴァプール監督の素晴らしい行動!

クロップ、イングランド中で絶賛される!
klopp012.jpg

ユルゲン・クロップの素晴らしい行動だ!

このリヴァプール監督は今週、小さなファンを幸せにしている。しかし彼はリヴァプールのファンではない。よりによってライバルのマンチェスター・ユナイテッドのファンだ。

スポンサーリンク


10歳になるダラフ・カーリーは学校の宿題の一環でクロップに手紙を書いている。彼はその手紙の中でクロップに、なんとかリーグで負けてくれるように頼んだのだ。彼は“リヴァプールは勝ちすぎです。ユナイテッドのファンとしては悲しくなります。お願いだから次の試合では負けるか、他のチームにゴールさせてください。”と書いている。


そしてそのクロップの反応は素晴らしいものだった。



“君がどんなにそれを強く望もうが、私にはそれを許すことはできない。監督としての私の仕事は、チームが勝つことによって、数百万人のファン達を喜ばせる事だからだ。”と彼は答えている。しかしそれにもかかわらず彼は希望を与えている。“君にとっては幸運なことに、我々は過去に試合に負けているし、こらからも負けるだろうと言う事だ。10歳の君にとっては今の状況が大事で、変わらないと思うかもしれないが、52歳の私は、決してそうではないと言う事が出来るよ。”と彼は続けたのだ。


ダラフの父ゴードンはクロップからの手紙に感激している。“彼は本当に親しみやすいタイプだと思っていたが、この手紙が彼が素晴らしい人物であると示しているね。”と彼の発言がBBCに取り上げられている。そしてこの発言の元となっているのが、最近のクロップの発言だ。クロップは“両クラブはライバルとされているが、互いに敬意を抱いている。そしてこれこそがサッカーで大事なことだ。”と発言していたのだ。


この手紙にはクロップが個人的にサインしているが、ダラフはそれを誇らしげにクラスメートに見せている。“彼は最初それを信じることができなかったよ。”と父のゴードンは語る。



このユナイテッドファンの少年がこれからリヴァプールのファンになるかは分かっていない。いずれにせよこの少年がクロップのファンにならないと考えるのは難しい・・。




以上です。

少年の願いに対して、決して冗談ではなく、しっかり答えるところがいかにもクロップらしいですね。

[ 2020/02/22 19:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
クロップは本当に素晴らしいリーダーだ。
よく彼をドルトムントは放出できたと思うよ。
[ 2020/02/22 20:10 ] [ 編集 ]
優秀なモチベーターは言葉が上手い!
流石だよクロップ
[ 2020/02/22 20:14 ] [ 編集 ]
素敵な記事ありがとうございます。感激でウルっときました。以前誰かがコメントしてるのを読んでなるほどと思ったのですが、クロップ監督は見た目も話術も包容力も、海外ドラマの「ドクター・ブル」(演:マイケル・ウェザリー)にそっくり。いや、監督はもっとかっこいいかもですね。最高です。
[ 2020/02/23 00:20 ] [ 編集 ]
クロップのファンは、どのチームのファンよりも多いかもしれないですね。
[ 2020/02/23 15:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。