Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ハーラントに続き17歳のカマヴィンガ(市場価格€3500万)の獲得へ動く!《ドイツの反応》

【トランスファーマルクト】

ハーラントと同様の戦略!
BVB:カマヴィンガの獲得が最優先事項!


camavinga.jpg

フランスのトップ・タレント、エドゥワルド・カバヴィンのドルトムント移籍の噂が過熱している。ドルトムントが現在レンヌでプレーするこの6番の獲得に興味を持っていることは、すでにビルトが報じていたが、今度は“フランスフットボール”がドルトムントが5000万ユーロを支払う用意があると報じている。

スポンサーリンク



その報道によるとドルトムントの幹部はカマヴィンガの獲得を最優先事項にしたようだ。彼はアクセル・ヴィッツェルを補うのに理想的な存在だとされている。そうなるとエムレ・ジャンがディフェンダーとしてプレーする事も可能になる。移籍金は5000から6000万ユーロになるとみられており、それが実現すれば18歳以下としては最高額の移籍となる。

ドルトムントは、レアル・マドリッドとの争いを制するために、ハーラント獲得と同様の戦略をとるつもりだ。クラブ、スタジアム、それから高いレベルにおけるプレー時間の確保。そして黄色い壁と言われるドルトムントのファンが説得材料だ。


ドルトムントは過去にウスマン・デンベレを巡ってレンヌとは交渉をまとめている。当時ドルトムントはデンベレを1500万ユーロで獲得していたが、その後1億2500万ユーロで放出している。当時レンヌは合計で3000万から4000万ユーロを受け取ったとされている。




以上です。



それにしても17歳にして市場価格が3500万ユーロというのはすごいですね。ドルトムントは高額な若手を買って、さらに高額で売る戦略みたいですね。ハーラントのような若手にドイツ代表クラスをうまくまぜてチームを作っていくつもりでしょうかね。


[ 2020/02/25 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
そろそろ実体経済も不景気の芽が出てきたみたいだし高額商品に手を出していいんかな?
中国がなんとかウイルスで失速したらモロに影響を被るのは大型取引先のドイツなはず。
昔みたいに掘り出し物見つける努力した方がいいと思うよ。
[ 2020/02/25 19:43 ] [ 編集 ]
この若手転売路線はタイトルを勝ち取る気のない二流クラブの路線だから気に入らないけど二流だと割り切って考えればカマヴィンガは良い選択ですね
[ 2020/02/25 20:57 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。