ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》「岡崎ありがとう!!」岡崎に感謝するマインツサポの反応

昨日岡崎選手のプレミアリーグ、レスター・シティへの移籍がクラブ側から公式に発表されました。それにともないマインツサポのコメントも沢山寄せられていましたので、紹介したいと思います。

20150529182702f92.jpg



【マインツの公式コメント】


君の疲れを厭わない献身性とマインツのユニフォームでのゴールに感謝!!イングランドで夢を叶えて、イギリス人に何が出来るか示してくれ!!全てがうまく行きますように!シンジ!!



【ファンのコメント】

201505131949124b5.jpg



・シンジ・オカザキ!!!オー、ありがとう!!きみの100%の働きぶりに感謝!!君の将来を祈っているよ!!


・君の移籍を喜んでいるよ。移籍金は問題じゃないんだ。僕はこんなに疲労困憊するまで働く選手をほとんど見たことないよ。彼はイングランド行きを果たすに相応しい選手だ。彼は全ての試合で全力を注ぎ、僕らの為に身を裂いてくれた。僕はだから彼の夢がかなって嬉しいんだ。彼は冬に移籍でなくて残念だったかもしれない。それでもその後も全力でプレーし、重要なゴールしてくれたんだ。本当に心からそう思うよ。今度は彼にとって最後の大きな契約になるだろうね。だから彼がもう一度稼ぎたいと思っていたとしても誰も非難はできないよ。彼は本当にそうするに相応しいんだ。おめでとう!!そしてうまくいくことを願っているよ。マインツファンは僕に賛成すると思うよ。そして君の帰りをいつでも歓迎するよ!


・↑僕は彼がお金を稼ぎに行くとは思わないよ。これはかれの夢の一部なんだ。キャリアで一度イングランドでプレーするのがね。高い給料は単なるおまけさ。


・ハイデルはマネージャーの神!!!ありがとうシンジ!ありがとうガイス!!


・君の献身性に感謝するよ!!うまくいきますように!


・オカザキありがとう!僕は君が去ってしまって本当に信じられないぐらい悲しいんだ。だけどイングランドの夢をかなえるチャンスだもんね。これが君にとって正しい決断たってことは十分に理解しているよ。君は僕にとってはここ数年で最高のフォワードだ!アリガトシンジ!!


・オカザキありだとう!君がいなくなるのは寂しいよ!


・幸運を祈っているよ!君がいなくなって本当に残念だけどね!


・本当に君がいなくて寂しくなるだろうな!アーレス・グーテ(注:全ての物事がうまくいきますように!)!


・ありがとうシンジ!!素晴らしく、そして親しみやすく、そして闘士に溢れた選手だった!!君のプレーは僕達の魂に深く残っている。アリガト、シンジ!そしてイングランドでの成功を祈っているよ!


・ありがとう!もしうまく行かなかったらまた戻ってこいよ!


・本当にスーーーーパーーーな選手がまた去っていく。彼なしでいったいどうすればいいんだろう。彼は本当に本当に素晴らしい点取り屋だった。アーレス・グーテ!シンジ!イングランドの天気が気に入らなかったらまた直ぐに戻ってこいよ!


・ありがとう!ありがとう!ありがとう!!


・また良い選手が去ってしまって残念だ。なんでだろう?


・↑ハイデルには選手を引き留める勇気がないんだ。だからマインツがトップクラブになるのは難しいね。マネージャーもリスクを負わなければならないよ。選手を引き留めるというね。給料を上げたりね。


・↑とりあえず一部に残るのが大事なら、今の道は正しい道だ。


・↑マインツは育成所として定評があるんだ。それは変らないだろうね。マインツが選手を育てて、それを売る。そしてお金を得るんだ。


・ほんとうに心から有難う!オカザキ!


・イングランドでの成功を祈っているよ!今後も引き続きバサラマインツをよろしく!


・君が去ってしまって本当に苦しいよ。君は僕らの一番のお気に入りだったんだ。英雄だ。そして良い選手だ。君がいなくて今もう寂しいよ。幸運にも君の名前入りのユニフォームを注文しておいてよかったよ。ほんとうに有難うシンジ!!



・幸運を祈っているよ!!そして君が去ってしまって残念!

スポンサーリンク


okazakibild.jpg


・僕は彼が残ることを本当に望んでいたんだ。皆と同様にね。だけど彼は自分の夢を叶えるに相応しい。プレミアリーグでね。僕は今後も彼の活躍を追っていくつもりだ。アーレス・グーテ!


・本当に心からありがとう!!シンジ!島にいっても頑張って!(注:ドイツではイギリスの事を島と言う事が多いが、普通の表現)


・すげー残念。だけどこれは予想していたことだ。うまくいくことを願っているよ!!


・マインツの歴史の中で最高のフォワードの一人!全てにおいて感謝している。君を忘れることはないし、君のことはいつでも歓迎しているよ。頑張れ!!


・僕は君がお金を選んだことを残念に思うよ・・・。


・↑彼はお金を選んだわけじゃないよ。イングランドでプレーしてみたいんだ。彼は前からそう言っていた。君はアジアに居たことはあるかい?みんなイングランドでプレーしてみたいんだ。


・素晴らしい時間をありがとう!!


・サムライよ!!成功を祈っている!君はいつも全てを僕らのために捧げていた。イングランドでの夢を応援しているよ!たくさんゴールを上げてくれ!!本当にありがとう!


・本当にシンジを見ることは喜びだった。ゴールを見るのは大きな楽しみだった。ありがとう!!


・マインツのためにいつも全力でプレーしてくれたシンジがいなくなって本当に残念だ!ありがとう。怪我するなよ!


・君はアジアの選手にとって光り輝くお手本となるだろう!君の将来がうまくいうように願っているよ。シンジ!!


・バイバイシンジ!一度マインツでプレーした選手は、いつまでもマインツの選手だ!!そのことを覚えておいてくれよな!素晴らしい時間をありがとう!






以上です。


実際にはもっと沢山の感謝のコメントが良せられています。良い形の別れになって本当に良かったですね。読んでいるこっちもジーンと来ました。

最近はギュンドガンの件でもファンの反応を取り上げていましたが、本当に去り方って大事ですね。当ブログでは岡崎選手のメディアの記事はたくさん取り上げてきましたが、ファンの反応はあまり取り上げていませんでした。今回訳していて、本当にファンに好かれていたんだと改めて感じました。


岡崎選手がブンデスリーガから去ってしまうのは残念でもありますが、イングランドでの活躍を祈っています!!


【選手のカタカナ表記に関して】

コメントで指摘がありましたので、返信になります。当ブログでの選手名のカタカナ表記は主にドイツでの発音(テレビでの発音)に近いものにするように努めています。



・ヨナス・ホーフマンJonas Hofmann(ドルトムント)

 日本ではホフマンと表記される事が一般的ですが、ドイツにはホフマン(Hoffmann)姓とホーフマン(Hofmann)姓があり、明確に区別されています。日本語でも区別する努力をするべきかと思い、当ブログでは最近はホーフマンにしています。

・テア・ステーガン ter Stegen(バルセロナ)

日本ではテア・シュテーゲンと表記されることが多いようですが、ter Stegen はオランダ姓のTersteegenという姓に由来していると考えられており、ドイツメディアでもオランダ風にシュテーゲンではなくステーガンと発音されることが一般的です。最後の“ガン”は正確に言えば曖昧母音となりますので、“ステーゲン”よりは“ステーガン”や“ステーグン”みたいな感じになります。ちなみにテア・ステーガンはドイツ人ですが、彼のルーツはオランダではなくてベルギーのようです。ただ本人にも詳しい事は分かっていないようです。


・ミキタリアン Mkhitaryan (ドルトムント)

アルメニア語の正確な発音はまた違うようですが、ドイツではミキタリアンに近い発音がされています。ファンの掲示板でよく使われる愛称がミキ、やミッキーであることから、ミキタリアンに統一しています。


・ドゥツィアク Dudziak (ドルトムント)


彼のようにまだ無名で外国姓の選手だと発音が統一されるまでに時間がかかります。テア・ステーガンのようにドイツ人でありながら本来の発音を尊重しオランダ風の発音が定着した場合もありますが、ドゥツィアクのように聞きなれない姓の場合はドイツ語風の読み方にされてしまう事も多いです。(このへんがドイツでも矛盾です。)。現地での本当の発音はダジェークに近いようですが、時代と共にドイツ語化されてドゥツィアクと呼ばれるようになってきています。



【おまけ今日のドイツ】

IMG_1478.jpg

近所のワイナリーで作られているスパークリングワイン

天使の絵が可愛らしいです。重いのですがお土産にいいですよね。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball
[ 2015/06/28 06:41 ] 岡崎 | TB(-) | CM(7)
岡崎だってシュツットの2年目は全然ダメで、Jに戻るしかないと言われてたのが、マインツ移籍すると活躍してこんなにサポに愛されて・・・わからないもんだねー。
レスターへの移籍もうまくいくといくといいね。
[ 2015/06/28 07:35 ] [ 編集 ]
No title
サポーターから惜しまれながら出て行けるのは、マインツで成功した証。
そしてサポーターから移籍先での活躍を祈ってもらえるのは、愛された証だと思う。
GMの発言も最大限のリスペクトを感じるし、岡崎にとって本当に良い場所だったな。
そして俺は岡崎が在籍している間に、このクラブを好きになった。
岡崎移籍してもマインツは見ようと思ってたけど、武藤が来たから楽しみもあって良かった。
[ 2015/06/28 07:58 ] [ 編集 ]
No title
> ドイツにはホフマン(Hoffmann)姓とホーフマン(Hofmann)姓があり、明確に区別されています。

アルファベットが一文字少ないほうが、よみがなが長くなる怪奇。
寿司(すし)が司を取ると寿(ことぶき)になるようなもんか。
なんか違うwww
[ 2015/06/28 08:23 ] [ 編集 ]
No title
ザキオカ頑張ってほしいですね。
代表ワントップは対アジアラウンドでは私も向いてないと主張してる派ですが、いつまでもザキオカ抜けない若手の方がだらしないだけとも言えるので、ブンデスFW組は下剋上狙って頑張ってほしいです。

イングランドは差別とかドイツよりきついので正直プレミア反対派でしたが、29歳のザキオカには代表とか考えないで、のびのび夢を追って欲しいですね。代表はザキオカより若いFWがもっと責任を負うべきですから。
[ 2015/06/28 08:31 ] [ 編集 ]
No title
>島にいっても頑張って!(注:ドイツではイギリスの事を島と言う事が多いが、普通の表現)
なんか島流しみたいですねw
ライバルも多いようですが頑張ってほしい!
[ 2015/06/28 10:35 ] [ 編集 ]
No title
ハノーファーにいるのはhoffmannだからこの場合ホフマンでええんか
[ 2015/06/28 22:09 ] [ 編集 ]
ジーンと来ますね!
岡ちゃんが親しまれるのは日本でもドイツでも一緒なんでしょうか。
イングランドでもそうなって欲しいです。もちろんそうなるには活躍しなければなりませんが、岡ちゃんならきっと大丈夫でしょう。
[ 2015/06/29 05:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。