ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

リヴァプール南野!香川がリヴァプール移籍を後押しした事を明かす!《イングランドメディアの反応》

【ゴール】

南野!元マンチェスター・ユナイテッドの香川真司がリヴァプール移籍を後押しした事を明かす!
minamino7.jpeg


南野拓実は元マンチェスター・ユナイテッドのミッドフィルダー香川真司が、リヴァプール移籍を後押ししたことを明かしている。


南野は1月に約725万ポンドでザルツブルクからリヴァプールに移籍したが、それ以前にチャンピオンズリーグでリヴァプールと対戦した際に、興味を引いていた。

スポンサーリンク


リヴァプールのライバルであるユナイテッドでプレーした香川のプレミアリーグでの記録は最高で6ゴール8アシストだったが、香川は南野がリヴァプールに移籍することを問題だとは思わなかったようだ。


ドルトムントでクロップと共に働いた香川は、この監督を“世界最高の監督”と評する。


“サウザンプトンの吉田麻也とも話しましたが、彼にはリヴァプールについては質問しませんでした。”と南野はクラブの公式プログラムの中で明かしている。“僕は彼にただプレミアリーグに移籍するだろうと言ったんです。でもリヴァプールになるだろうとは話しませんでした。”と彼は続ける。

さらに南野は、“ドルトムントでクロップと働いていた香川真司とも話をしました。クロップは僕とシンジについて話しましたし、シンジも僕とクロップについて話しました。そこでこの二人の関係が良好だと言う事を感じましたよ。”と明かしている。

“シンジはクロップが世界最高の監督であると語っていましたが、今実際にここで働いてみて、それが事実である事が分かりました。”と南野は付け加える。


実際に香川は南野のリヴァプール移籍が決まった後でツイッターにおいて “おめでとう。これから最高の挑戦が始まるね。自分を信じて世界最高の監督の下でベストを尽くせ!”と称えるコメントをしている。


南野は今の所ファーストチームではたった4試合でしかプレーしていない。まだ彼はゴールもしておらず、チームのサポートとなる事を見せられてはいないが、それでもクロップは南野に期待している。クロップは“自分のやりたいようにプレーするんだ。”と南野に語ったとされている。


いずれにせよ南野はFAカップのチェルシー戦でプレーするチャンスを得るとみられている。






以上です。

南野選手の出番はまだそれほど多くはありませんが、徐々にプレー時間が増えることに期待したいですね。予想ではFAカップに出るとのことですから、そこでの活躍に期待したいです。





[ 2020/02/27 20:03 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
2月もそろそろ終わり。
入団からふた月たって研修期間も終わりの頃に差し掛かってるな。
たぶん来月からはそこそこ結果を求められていくんだと思う。
この前のリヴァプール戦で見せたような動きができれば結果は後からついてくるんでないですかね?
[ 2020/02/27 20:28 ] [ 編集 ]
これまでヘディングで2回、キックで1回ゴールチャンスがあったと思うけど、あれを決めてたらまた違ったんだと思う。最後に決められる/決められないって差はやっぱり大きい。だけどまあ、焦らず頑張って欲しい。つーても、できればチェルシー戦で決めてほしいなぁ。俺が必死こいても仕方がないけど、それでも必死で応援する。
[ 2020/02/28 14:51 ] [ 編集 ]
ちょっとコロナ関連で日本混乱してますからね。

Jリーグも延期でサッカー界も明るいニュースがここ最近鎌田くらいしかなかったんでここらで結果出していいニュースを届けてほしいところです。
[ 2020/02/29 21:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。