Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!サンチョのシーズン14得点目でフライブルクに勝利!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムント!フライブルクに1:0で勝利!
SANCHO SUGOI


今日は苦労してフライブルク勝った。それ以上ではない。


ドルトムントはほとんど見せ場がない試合において、フライブルクに1:0で勝利している。バイエルンはホッフェンハイムに6:0で勝利しているので、4ポイント差のままだ・・。

スポンサーリンク


そしてこの日の勝利に貢献したのがジェイドン・サンチョだ。このイングランドのトップタレントはドルトムント唯一のチャンスから無人のゴールに押し込んで1:0としたのだ。こえはリーガ22試合で29スコアポイントだ。彼はすでに14ゴール15アシストを記録している。


それ以外ではドルトムントのいつものような攻撃は見られなかった。フライブルクが良く守ったこともあるが、ハーラントがベンチに座っていたためだ。このノルウェー人は今週胃腸炎のためほとんどトレーニングができなかったのだ。63分から途中出場したが、今日はゴールはなかった。



この日動きがあったのはフィールドではなくスタンドだった。ドルトムントのファンがホッフェンハイムのパトロンであるディーター・ホップを揶揄したために、試合が一時中断されたのだ。ドルトムントのファンはこの措置にブーイングで往訪し、さらにホップを侮辱している。しかし試合は再開されている。


ユリアン・ブラントは、“たとえそれが誰であれ、このような事が起こるべきではない。”と語っている。


ドルトムントは落胆させるプレーを見せたものの、1:0で勝利している。ドルトムントはピスチェクが75分にライン上でクリアを見せるなど、運もあった。


フライブルクはこれに対して6試合で4敗となっている。



以上です。

苦労したようですが、とりあえず勝ち点が撮れてよかったですね。それにしてもバイエルンが徐々に調子を上げてきてますから4ポイント差は大きいですね。

[ 2020/03/01 06:03 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(2)
厳しいサッカーやられたけど、よくしのいだ。
スペースが全然開かなかったどころかシュートコースもほぼ切られていた。シュートが枠に行ったのもサンチョの得点のとこだけじゃなかったか?
守備はビッツェルとジャンがところどころでマリーシアきかせてたから危なかったのは2度。
賢くやれるようになってきたかな?という試合だった。
[ 2020/03/01 12:14 ] [ 編集 ]
サンチョに1点のみ
押せ押せの試合で飛び道具のハーランドを途中出場させるも不発
出来すぎたハーランドフィーバーはそろそろ終息するし、サンチョ頼みが続きそうだな
[ 2020/03/02 21:22 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。