ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

6:0で勝利のバイエルン!ファンのヘイトに対して試合をボイコット!《ドイツの反応》

【ビルト】

13分間、ボールを回していただけ。

バイエルン・スター!ホップに対するヘイトに対してボイコット!

RUNMEGE.jpg

バイエルンは力強いプレーをしたが、もうそれを話題にする人はいない。

バイエルンのウルトラスはアウェー・ブロックでディーター・ホップに対するヘイトを繰り広げた。バイエルンは6:0でホッフェンハイムに勝利したが、77分以降は試合なんかどうでも良かった。

スポンサーリンク


ブンデスリーガ初!


試合は2度中断されたものの、再び開始された。しかし両チームの選手がプレーするのを辞めたのだ。バイエルンとホッフェンハイムの選手はプレーをするのを拒み、ボールを回すだけとなったのだ。そして90分になるのをただ待っていた。



ルンメニゲはスカイに対して、“あれは選手のアイデアだった。ほんとうにああした行動に対して恥ずかしく思うよ。これはミュンヘンの醜い一面だ。それは簡単に許されるべきことではないね。我々はすべて録画している。そのため法的措置に訴えるつもりだ。”と語ったが、“サッカーは素晴らしいスポーツだ。だけれど今日のような出来事に関しては・・正直に言って本当にショックを受けたよ。このような人々はスタジアムに来るべきではないね。”と続けている。


何が起こったのか?


67分の事だ。バイエルンのウルトラスが“また昔のままだ。ドイツサッカー協会は約束を破っている。ホップはサノバビッチだ!”と書かれた横断幕を掲げたのだ。


またしてもホッフェンハイムの投資者ホップにたいする侮辱だ。先週はグラートバッハのファンが彼の顔に銃の照準を合わせたイラストを掲げていた。これを見たフリック監督は、怒りを露わにし、すぐにこの横断幕が取り下げられることを望んだ。ルンメニゲはホップを腕に抱いている。


その3分後にこの横断幕はとりさげられ、試合が再開された。しかし77分までだ。


またしても審判が試合を中断したのだ。今度は“サノバビッチ”と掲げられた横断幕だ。


フリック監督もサリハミジッチもこの大バカ者達の所にかけより、さらに選手たちはフィールドからいったん去っている。


これはもう一度横断幕が掲げられたら試合を中止するというメッセージだ!



選手達は控室の通路で待機していたが、ホップも選手とともにいた。フリックはホップと話していたが、おそらく謝罪していたのだろう。


17時21分:チームは戻ってくる。試合が再開されたが、選手たちはプレーを続けることはなかった。ウルトラスに対するメッセージだ。観客からは拍手が送られている。ホップに向けられたヘイトに対して皆がボイコットだ。


試合後は両チームとも一丸となる場面が見られたが、その最前線にいたのがディートマー・ホップとカール・ハインツ・ルンメニゲだった。




以上です。

ホップはsapの創始者であり、ホッフェンハイムを一部に昇格させるまでに2億ユーロ近くを投資していますね。ホップは自分が若い頃に自分が所属していたクラブに投資しして8部から1部まで昇格させました。

そんなわけでドイツではものすごく嫌われています。ここ最近彼に対するヘイトがかなり増えていましたが、選手たちはこうしたヘイトに対してボイコットする事で対処したようですね。



[ 2020/03/01 09:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(15)
ホップが嫌われる理由がよく理解出来ません、。
ユースのとき所属していた地元のクラブに少しずつ資金援助して自分は会長などの立場にはならず一貫して出資者として“地元のクラブ”を盛り上げた人ですよね?
金持ちになったのも自分の力でなってますし、、何故嫌われてるのでしょうか。
[ 2020/03/01 09:17 ] [ 編集 ]
なぜ自分が所属したチームに投資して強くしたオーナーが嫌われるのでしょうか?
正直言って理解できないのですが。
[ 2020/03/01 09:20 ] [ 編集 ]
自分の所属クラブを成功したお金で引き上げる…日本だったら完全に美談でしょうに。
ドイツサッカーの投資に対する拒否感は今持って変わりませんね。
バイエルンのような特別扱いは許すのに、不思議な話だと思ってしまいます。
[ 2020/03/01 10:13 ] [ 編集 ]
ファンは当時金満と言われたマンシティでのオアシスのリアムの言葉を聞くことだな。
[ 2020/03/01 10:21 ] [ 編集 ]
8部から一部に昇格させたから嫌われてるてもう意味がわからないな
伝説的な人物に思うけど
どこの国も自分の人生に不満を抱えてる人達の、富裕層に対する妬み嫉み被害って凄いんだな
[ 2020/03/01 10:23 ] [ 編集 ]
ホップ氏に対してヘイトはドルトムントが始めましたよね、それで2年間アウェー席閉鎖されてませんか?
以前ウルトラス同士情報交換していると聞きました、ドルトムント、グラードバッハ、バイエルンとヘイト行動すると約束してたんじゃない?
[ 2020/03/01 10:55 ] [ 編集 ]
 投資で伝統が阻害されると主張するなら、バイエルンも100年以上の歴史の中で投入された累計の投資額は結構なものなんじゃないかな。国策な部分も含めてね。
[ 2020/03/01 11:24 ] [ 編集 ]
嫌われてる理由がよくわからないのでもうちょっと詳しく解説してくれるとありがたいです。
[ 2020/03/01 13:50 ] [ 編集 ]
実業家として成功を収めた人が、かつて自分が所属し汗を流したクラブに投資して強くするって一見すると美談のようにも思えますが、
これだけ過激な反応が出るとなると、その過程でいろいろドロドロしたものがあるのでしょうね
[ 2020/03/01 15:21 ] [ 編集 ]
ライプツィヒが嫌われているのと同じですよ
ブンデスリーガは地元密着を伝統としてずっとやってきたわけです。
その中でホッフェンハイムやライプツィヒ、レバークーゼンなどは一企業や一個人がクラブの決議権50%以上を持っているので金持ちに魂を売り渡したクラブと嫌われているんですね。
しかもそういうチームって要するに資金力があるわけですから結果も付いてくるので他所のチームのサポーターからしたら気持ちの良い話ではありませんよね。
[ 2020/03/02 00:19 ] [ 編集 ]
なぜホップの件では行動できるのに、他の差別された人のときやライプツィヒのときには行動しなかったの?
という答えをドイツサッカー界に問われることになりそうとの事

ファンを無視しかねないスーパーリーグ構想とかも含めて、金にまみれたサッカー界の流れを危惧しているという面もあるみたいです

いまやホップ云々はその象徴的な使われ方なのかも⁈
[ 2020/03/02 01:39 ] [ 編集 ]
ドイツではこのホップやRBがずっと悪者扱いを受けてるけど、訳が分からないね
トップリーグにいるクラブを無理やり買収したわけでもなく、アマチュアリーグのクラブをインフラから造り変えて、時間をかけて昇格させた功労者なのに。

お金の力でフットボールを汚してるとでも言いたいなら、バイエルンやドルトムントのウルトラスは今CLで戦ってる相手のチェルシーやPSGのオーナーに対して100倍は過剰に反応すべきじゃないの?
[ 2020/03/02 01:57 ] [ 編集 ]
DMMがドイツでやってたらとんでもない事になってだろうなw
[ 2020/03/02 10:03 ] [ 編集 ]
企業がついてるようなクラブは嫌われているとしてもやりすぎですね
資金力のあるクラブが増える=ブンデスリーガ全体のレベルアップにも繋がるかと...資金力の差でプレミアに選手や監督が流れていくほうがドイツのサポーターはよいのでしょうかね?
ウニオン・ベルリン対ヴォルフスブルクでも同じ事をウニオン・ベルリンのサポーターが起こしてしまったようです。
個人的にはこのホッフェンハイムやライプツィヒ、レバークーゼン、ヴォルフスブルクなどはブンデスのレベルを上げ欧州全体でも屈指のクラブとなりえる可能性があると思うんですが
[ 2020/03/02 16:35 ] [ 編集 ]
結局ドイツの保護主義&保守主義かつええ格好しいのが関係してるんだろう
メルケルが批判されたら手のひら返しして難民押し寄せたの見てもそんな感じ
未だにイデオロギーが酷いままだったりするし、老人はそこで道を固められたから今更そこから変わりたくないんだろう
[ 2020/03/02 21:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。