ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ブンデスリーガでホッフェンハイムへの投資者ホップが嫌われている理由!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

どうしてディートマ―・ホップは嫌われているのか?

hoppe.jpg

ホッフェンハイムへの投資者であるディートマ―・ホップはブンデスリーガのファン達から嫌われている。その理由を時代ごとにみていこう。


スタジアムではホップに対してヘイト横断幕が掲げられ、さらに彼を侮辱するコールが起こっている。ブンデスリーガでは大きなスキャンダルとなっているが、その中心にいるのがこのホッフェンハイムへの投資者だ。彼がバイエルンのファンからこのような扱いを受けるのは何もこれが初めてではない。でもいったいその原因はなんなのだろうか?


スポンサーリンク


大金持ちでありホッフェンハイムへの投資者であるディートマ―・ホップはブンデスリーガを大きく変えている。ホッフェンハイムがブンデスリーガに加入してからすでに13年もたつが、多くのファンにとって、“サッカーの現代化を体現する存在”とみられている。そしてドイツで最も嫌われるキャラクターに成長した。


その中でもドルトムントのファン達は、このSAPの投資者と敵対関係を築いている。ドルトムント、バイエルン、グラートバッハなどの伝統的なクラブのファンとホップの関係は複雑だ。


ディートマ―・ホップへのヘイト


ホップへのヘイトが起こったのは何もこの間の土曜日が初めてではない。すでに2007年にホッフェンハイムが1部に昇格した時から起こっている。ホップは自分が若い頃にプレーしていたチームに巨額の資金を投資し、一部昇格に大きく関わっているのだ。


それに際して、ブンデスリーガにおいて投資者の影響力を抑えるために設けられた50+1の規則(投資者が権利がその半数を超える事が認められていない)がないがしろにされていると大きな批判が起こっている。そのためホップはその時から多くの敵を作っている。当時マインツのマネージャーだったクリスティアン・ハイデルは、“このようなクラブがブンデスリーガの36チーム(※1部と2部)にいることは残念だ。”と発言している。


そのため2007/2008シーズンにディートマ―・ホップは横断幕やシュプレヒコールなどで侮辱を受ける事となっている。特にその時に作成されたホップの顔に銃の照準を重ねたイラストは有名となっている。ホップはこの時のドルトムントファンに対して、被害届を提出しているが、ドルトムントファンが謝罪した後でその被害届を取り下げている。


このような出来事はここ数年で何度も繰り返されていたが、特にドルトムントのファンとの関係は悪いものとなっている。ホッフェンハイムとの試合が行われるたびにこのようなヘイトが繰り広げられたのだ。ほとんどの試合でホップを侮辱する横断幕が掲げられている。

ホップはこれに対して毎回裁判所に訴えるという行動をとっており、さらにそれがファンの行動を過熱させている。その結果2020年にドルトムントのファンはホッフェンハイムのスタジアムの出入りを2年間禁止される事にまでなっている。しかし2019年後半、執行猶予下に置かれていたドルトムントのファンがまたしてもホップを侮辱してしまう。そのため今度はドイツサッカー協会が介入してドルトムントのファン全体に罰が科させることになったのだ。


そしてこのドルトムントのファンの全体に罰が与えられたことが多くのクラブのファンに火をつけている。


まずはグラートバッハのファンが、ホッフェンハイム戦でホップの顔に照準を当てた横断幕を掲げ、この罰に抗議している。この試合前には、差別テロの犠牲になったハーナウの犠牲者たちへの黙とうが行われていたが、クラブマネージャーのマックス・エベルは“我々は試合前に今週起こった出来事に対して黙とうし、明らかなメッセージを送ったはずだ。我々は差別に反対しているが、その後でこのような横断幕だ。ほんとうに恥ずかしいよ。”とコメントしている。


そしてその1週間後のホッフェンハイム対バイエルン戦だ。この試合でもファンが侮辱的な横断幕を掲げているが、ドイツサッカー協会に対しても批判している。さらにドルトムント対フライブルク戦でも同様の横断幕が掲げられた。


この二つの試合は何度も試合が中断されることになったが、バイエルンは試合2度目の中断の後で、残り13分間プレーすることをボイコットしボールをただ回すだけとなっていた。


ディートマ―・ホップが深くかかわっているのはホッフェンハイムだけではない。このSAPの創始者は1995年に支援機関を設立し、若い人のためのスポーツやがん治療、教育を支援している。

この支援機関の発表によると、すでに8億ユーロものお金がこうした事に使われているとのことだ。特にホップは医療機関にその3分の2のお金を投資している。





以上です。

この間の騒動の原因を解説した記事がありましたので紹介しました。

[ 2020/03/02 19:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(15)
非常にわかりやすかったです。ありがとうございます。
ほとんどライプツィヒと同じ様な感情を持たれてるみたいですね。
彼の場合は一人なので少し違うかもしれないですけど。
ドイツ人はサッカーが商業化する事にものすごく抵抗感があるんですね。
[ 2020/03/02 19:24 ] [ 編集 ]
こう見るとドイツ人はまだ資本主義に抵抗感を抱いてるのではと思えてくるね。
[ 2020/03/02 19:29 ] [ 編集 ]
このおじさんたびたびトラブルネタになるけど、金持ちになった過程でなんか裏があんのかな?
まあドイツ版ビルゲイツだよね。ゲイツも徹底的にバッシングつかリンチスレスレのとこまで行って最後は会社手放したんだけど、似たようなことが起きてるんかな?
とはいえ、サポには同情はしない。なんやかやもっともらしいこと主張してるみたいだけど、要は、欲求不満解消でしかないからな笑
[ 2020/03/02 20:31 ] [ 編集 ]
 50+1が具体的にどうないがしろにされているのかは書かれてないですね。もし、規則を破っているなら厳格に制裁が課せられているはずだが、そうではない。
 UTDを買収したグレイザーのように買収資金をクラブの負債にして回収する禿鷹商法をしたとか、どこぞの華僑系オーナーのようにチームカラーを変えて伝統を踏みにじったとか、そういう類でも無いと。

 この記事では根底にあるものがわからない。もしかして記者の人が書き辛い問題があるのかしら?
[ 2020/03/02 21:53 ] [ 編集 ]
ルール違反やってるのに特別扱いされてるのが面白くないんだろうな
裁判毎回起こすのも金持ちだからこそだし、そりゃ貧乏人のサッカーファンから嫌われるわな
試合中断した件にしても黒人やアジア人などの白人以外にあたる選手が差別されたから、なら美談で済むが
金持ちのドイツ人が守られたってだけだからな。余計火が付きそう
[ 2020/03/02 22:55 ] [ 編集 ]
50+1ルールという、ブンデスのサポーターたちの大半が支持しているルールの抜け穴を利用してクラブを強くしたから、嫌われているということですか。
近年躍進したライプツィヒが嫌われているのと同じ理由ということになるのかな。
なるほどこれは、遠く離れた日本にいるただのサッカーファンに過ぎない私のような人間とは温度差があって、本当の意味で共感するのは難しそうです。
興味深い記事をありがとうございます。
[ 2020/03/03 00:36 ] [ 編集 ]
「50+1ルール」を乱すものとして忌み嫌われているのか
確かに50+1ルールが作られた事情を考えると嫌われるのは分からないでもないけど……でもDFBに文句を言うならともかくホップに個人攻撃をするのはちょっとなぁ…
[ 2020/03/03 01:06 ] [ 編集 ]
面白い記事でした
これだけ見るとファンが愚かに見えますが、そういう激しい行為に走らせる文化的や社会的背景があるんでしょうね
一日本人からすると想像もつかないですが
[ 2020/03/03 01:46 ] [ 編集 ]
買収されて1部定着とかイタリアのサッスオーロとか同じパターンですけど、あちらはそういう話を聞かないですよね

どこらへんがバッシングされるポイントなんだろう
[ 2020/03/03 02:04 ] [ 編集 ]
形だけルール守ってればバイエルン独裁でも構わないって事なんだろうね
なんともばかばかしいような気がする
[ 2020/03/03 05:46 ] [ 編集 ]
このサイトの読者達の疑問に答えていただきありがとうございます。
非常に分かりやすかったです。
Jリーグでもヴィッセル神戸に対する“やっかみ”は少なくなかったですし2連覇してDAZNマネーで資金が潤沢になった川崎フロンターレに対する“やっかみ”も未だに多いそうです。
ホップ氏の件とはちょっと違うかもしれませんがなんとなく納得致しました。
[ 2020/03/03 08:14 ] [ 編集 ]
ライプチヒの時不思議に思ってドイツサッカーを調べたけど、正にサッカー文化の違いだと。それだけサッカーが地域に根付いているから興る感情であって日本人には理解出来ないけど、何時も殆ど満員のスタジアムは世界的にもブンデス位?ってほど地元ファンと密着しているのは素晴らしいよ。
義弟が昔デュッセルドルフに住んでいたけど(香川がクロップと優勝した年辺り)地元ファンは当時2部のデュッセルドルフに熱く応援に駆けつて、近くのドルトムントが優勝争いしていても無関心?って感じるほどのデュッセルドルフ愛に驚いてた。

大金持ちに自分達のクラブを乗っ取られる感と、金で勝ち点買われている感が我慢できないって事かな…クラブを支えているのは俺たち(ファン)であって、金で買われたクラブは汚らわしいって?
[ 2020/03/03 09:43 ] [ 編集 ]
管理人さんサンキュー!
ホップが嫌われている理由わかったよ。
[ 2020/03/03 10:15 ] [ 編集 ]
調べてみたら50+1ルールには例外があって「20年以上の長期に渡って一つのクラブを継続的にサポートしてきた」場合は
投資者が50%以上の権利を保有して良いことになってる
ホップ氏は1990年頃からずっと一貫してホッフェンハイムをサポートしてきたから
この例外として認められてて、ルール違反でもなんでもない
投資の方法も有名選手を買いあさるような近視眼的なものではなく、
スタジアムとか育成施設とかクラブ環境から手をつけて地に足をつけた長期的なサポートをしてる
伝統的なやり方と違うから嫌われてるってだけで、ホップ氏自身はちゃんとルールに従った上で
サッカー界だけでなく地元の医療や教育にも多大な貢献をしてきた人だよ
[ 2020/03/03 17:47 ] [ 編集 ]
ホッフェンハイムがそのような状況になってるとは知りませんでしたが、歴史的背景で労働階級が支えてきたチームが多いブンデスではお金でチームを私物化するようなやり方が嫌われるのはよくわかります。

正直最近のドルやバイエルン辺りはあまり強く言えないとは思うんですがサポとしてはそれでも最低限50+1の規則だけは守れと言いたいんでしょうね。

個人的にも日本で言えば清水、プレミアならリバプールみたいな市民、労働階級チームはつい応援したくなります。
[ 2020/03/03 18:10 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。