ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!16歳の若手ベリンガムを3500万ユーロで獲得か?!!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

3500万ユーロ

この若手がドルトムントの移籍記録を更新する!


beoo9.jpg

ドルトムントでは、すでに1年以上にわたってジェイドン・サンチョが大活躍し、さらに一月からはそこにエーリング・ハーラントが加わっている。そしてそこにもうすぐさらなるタレントが加わるかもしれない。

スポンサーリンク


ジュード・ベリンガム(16)というタレントがこの夏ドルトムントに移籍するとされている。現在2部のバーミンガム・シティでプレーしている彼は、イングランドで最も大きなタレントとされているのだ。すでにリヴァプール、マンチェスター・ユナイテッド、そしてチェルシーがこの若者の獲得に動いていたが、スポーツビルトの情報によるとドルトムントがその中でも有力とのことだ。


すでにドルトムントとベリンガムはこの夏の移籍で合意に至っているとされている。そしてこの若者はドルトムントの移籍金を更新するかもしれない。移籍金が3500万ユーロになるとされているのだ。これまでドルトムントの最高額の補強はフンメルスの3100万ユーロとなっていた。


ベリンガムの市場価格はすでに1200万ユーロになっている。17歳以下でも最も価値のある選手ランキングで彼は4位に位置しているのだ。ドルトムントの至宝であるジョヴァンニ・レイナは13位に位置している。ちなみに1位に位置しているのはバルセロナのアンス・ファティだ。


ベリンガムはドルトムントの補強政策にぴったりだ。育成機関を率いているラース・リッケンは“我々はスーパー・スターは買わない。自分たちが作るんだ。”としている。




以上です。

スーパースターは買わないと言っても3500万ユーロとは、なかなかすごい金額ですね。デンベレー、プリシチ、サンチョ、ハーラント当たりの活躍で、若手にとっては非常に魅力的なクラブになった事は確かでしょうね。
[ 2020/03/04 17:40 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
 16歳に3500万€は凄いね。凄いポテンシャルがあるのでしょう。早く観たいです。
[ 2020/03/04 19:06 ] [ 編集 ]
昔はアーセナルなんかのプレミアのチームがスペインからセスクとかぶっこ抜いて批判されてたが、
それをブンデスリーガがやり始めるとはね
[ 2020/03/05 07:20 ] [ 編集 ]
イングランドの過大評価は異常
[ 2020/03/05 21:52 ] [ 編集 ]
いや、ブンデスなら青田買いは前からだろ
[ 2020/03/06 15:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。