Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

【ポカール!】フランクフルト!鎌田のゴールのおかげで準決勝進出!《ドイツの反応》

【Sportbuzzer】

シルヴァと鎌田のおかげ!フランクフルト、ブレーメンを下し準決勝進出!

kamad889.jpg

アイントラハトがポカールで準決勝に進出した。準々決勝ではフランクフルトとブレーメンが対戦したが、フランクフルトがホームでブレーメンを下したのだ。ゴールをあげたのはアンドレ・シルヴァと鎌田大地だった。

スポンサーリンク


アイントラハトが準決勝進出のチケットを手に入れた。準々決勝でブレーメンと対戦したフランクフルトはブレーメンを相手に2:0で勝利したのだ。アイントラハトでは45+6分にアンドレ・シルヴァがそして60分に鎌田大地がゴールをあげている。


準決勝ではバイエルン、レヴァークーゼン、そしてセンセーションを起こしたザールブリュッケンのどれかと対戦する。抽選は土曜日の18時からARD放送で行われる。



試合序盤は両チームとも控えめな入りだった。試合が進むにつれて徐々にブレーメンが有利となる場面が増えたが、32分にはフランクフルトのマルティン・ヒンターエッガーがコーナーから最初の良いチャンスを得ている。その直後、ヴェルダーにも大きなチャンスが回ってくる。ストライカーのゼルケが良いヘディングシュートを放ったが、おしくもケヴィン・トラップに防がれたのだ。


試合が動いたのは前半終了間際だ。アンドレ・シルヴァがビデオ判定によって与えられたPKを決めて1:0としたのだ。ヴェルダーのディフェンダー、ルードヴィヒアウグスティンソンがハンドをしていたのだ。


鎌田が決める!


後半は先制したフランクフルトが解放されたようなプレーを見せる。そしてブレーメンのボールロストから2点目が入る。サイドのフィリップ・コスティチは時間を十分に使って、フリーの鎌田のクロスを送ったのだ。そして彼はそれを決めている。その後ヴェルダーは時々しかシュートまで行けなかった。


良く整ったフランクフルトの守備を前にブレーメンのストライカー、ラシカには決断力とシュート力が足りなかった。アディショナル・タイムにはフランクフルトのコスティチがトプラクにファールをしてレッドカードとなっている。トプラクはその負傷により担架で運ばれる事となった。



以上です。

昨日は現在ブンデスリーガに所属する日本人3人が一緒にプレーするチャンスでしたが、先発したのは鎌田選手だけでしたね。大迫選手は途中から。長谷部選手に出番は回っていませんでした。

鎌田選手はこの間ハットトリックを達成したばかりでしたから、それからそれほど間を開けずにポカールでもゴールしたのは大きいですね。後はこの勢いをブンデスリーガで見せてほしい所ですね。

[ 2020/03/05 19:27 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
勝敗を分けたのはキーパーの差だった。
開始直後からトラップが何度もいいセーブしていた。
攻撃は中に周りを使うのがうまいシルバと鎌田を置いていたからサイドが生きた。ブレーメンを振り回せたな。長谷部がいなくてビルドアップがハンパだったのに大慌てさせていた。
次はどこと当たるかはわからんけど、優勝狙えるだろ?
[ 2020/03/05 20:43 ] [ 編集 ]
大迫選手はずっと転がってたな。なんであんなに弱々しくなってしまったのか、、。残念(+_+)
[ 2020/03/06 09:50 ] [ 編集 ]
前半はブレーメン優勢に見えたけど、先制して迎えた後半(特に2点目を取った後)は支配できていた

次コスティッチが使えないのは痛いけどレヴァークーゼンかザールブリュッケンなら決勝まで行けるんじゃないかな
[ 2020/03/06 10:15 ] [ 編集 ]
鎌田は、徐々にだけど周りの選手と意思疎通が出来始めている。後はいかにゴールを決めるかだね。ブンデスは、他の五大リーグの中でもDF力はGK含め、高いと思う。
[ 2020/03/06 13:22 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。