ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!グラートバッハに勝利し2位浮上!《ドイツの反応》

【ビルト】
ドルトムント!グラートバッハを2:1で下す!

sdf.jpg

ドルトムントがまたしてもバイエルンハンターナンバー1に戻って来た。


ドルトムントがグラートバッハに2:1で勝利し、リーガ第10節以降2位に戻って来たのだ。日曜日に試合を控えるバイエルンに1ポイント差まで迫っている。


ではグラートバッハはどうだろうか?グラートバッハはまだケルン戦を残しているが、この敗戦で優勝争いから脱落したと見てよいだろう。サンチョがドルトムントの目を覚ましたからだ!



スポンサーリンク


このイングランド人は、ベンチスタートとなった。ファヴレはその原因について、“彼は私のところにやってきて、スタメンでプレーできる状態じゃないと言ったんだ。”と説明している。サンチョは今週たった2日しかトレーニングしていなかったのだ。ファヴレはサンチョを65分に投入したが、それが勝利への鍵となっている。


▶71分:ロングボールが中盤に。サンチョがハキミにパスを送ると彼が角度のないところからシュートを放って2:1だ。


この日はグラートバッハもベストな選手抜きで試合に臨んでいた。トゥラムもサンチョと同様に65分までベンチにいたのだ。そこで彼は元グラートバッハの選手が活躍する姿を見る事となった。


▶8分:シュティンドゥルがパスミスだ。ハーランドが間に割って入ると、アザールにパスを送る。彼はザカリア、ギンター、エルヴェディを交わして左ファーサイドに決めて0:1だ。


アザールはこの日、ヴィッツェル、サンチョ、アカンジと共にスター美容師のシェルドン・エドワーズに散髪してもらっていた。奇妙なことに4人のグラートバッハの選手もこのジャマイカ人に散髪してもらっている。


しかしよりによってアザールだ。アザールは2014年から2019年までグラートバッハでプレーしている。彼はこの夏2500万ユーロでドルトムントに移籍したのだ。


開始30分にはザカリアが膝を負傷し交代するという一場面もあった。さらに前半終了間際にはペナルティーエリア内でザガドゥーがホーフマンに接触している。しかし監督はファールをとらずに試合を続行した。


後半に入ってからグラートバッハが同点に追いつく。プレアからシュティンドゥルだ。ブラントが彼を見失ってしまい、さらにハーラントがオフサイドを解消してしまったのだ。


しかしこれ以上の反撃は見られなかった。79分にはサンチョがシュートを放つもポスト直撃となった。しかしドルトムントは3ポイントを獲得し、バイエルンハンターナンバー1として戻って来た!







以上です。

今日は大事な試合でしたから勝てて良かったですね。ライプツィヒが勝ち点を落としたことで2位に浮上しました。明日バイエルンが勝てばまた4ポイント差になってしまうので、なかなか厳しいですが、直接対決まではこのまま頑張ってもらいたいですね。



[ 2020/03/08 05:29 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
バイエルン今日負けんかな?
負けたら順位争いは俄然面白くなるけどな。
まあ試合はミスからの失点が2つだったし崩しにかかるとこもあまりなく盛り上がらんかった。
最初の得点は相手の不用意なバックパス見逃さずに獲ってきわどいとこアザールがよく決めた。決勝点はハキミがよく狙ってマタ抜いた。
失点はハーランドのミス。最初からポストのそばいとけだよ。その後ケガしたみたいだけど大丈夫かな?
[ 2020/03/08 09:16 ] [ 編集 ]
BMGってドルトムントには滅法弱すぎだろう
これでドルトムントが真のグラートバッハになったな

しかし夏には居なくなると思うけど、サンチョが必要だわな
ハーランドは居なくてもパコでも良かったし
ロイスが居なくてもチームは負けないってのは良いんじゃないの
[ 2020/03/08 21:30 ] [ 編集 ]
だいぶポジティブな見方だなとは思うけど,グラートバッハに勝てたのは確かだしバイエルンを追うと公言できる順位になったのも確か
バイエルンも勢いに乗ってるけどなんとか優勝して欲しい
[ 2020/03/08 21:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。