ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!ドルトムント時代に経験した、“悪かった時期”について語る!《ドイツの反応》

【Sport.de】

香川!ドルトムント時代の、“非常に悪かった時期”について語る!
kagawa-romareda.jpg


香川真司はボルシア・ドルトムントのユニフォームを着て216試合でプレーしている。彼はリーガとポカールで2度ずつ優勝している。この日本人は現在スペイン2部のレアル・サラゴサでプレーしているが、だからと言ってドイツを忘れたわけではない。

スポンサーリンク


彼は“ザ・アスレチック”のインタビューにおいてマンチェスター・ユナイテッドからドルトムントに戻って来てからの事について語っている。


“良いかった時期も悪かった時期もあります。またすごく良かった時期、そして凄く悪かった時期もあります。”と香川は思い返す。


香川は2014年の7月の移籍市場が閉まる最終日にドルトムントにやってきた。香川はドルトムントに来てから再びうまく行くかのように思われた。ユルゲン・クロップ監督はこの失われた息子を起用し、公式戦28試合で16スコアポイントを挙げている。


しかしクロップがクラブを去ってから、香川の価値も少しずつ下がってしまった。トーマス・トゥヘル、ペーター・ボシュ、ペーター・シュテーガー、ルシアン・ファヴレの下で香川がレギュラーとなる事はなかったのだ。


しかし彼はだからと言ってあきらめたわけではなかった。“悪い時期に過ごし方はマンチェスター時代に学びましたからね。”と香川は語る。


日本代表で97試合に出場したこの日本人は、今でもクロップと良好な関係を築いている。この前香川がクロップと合った時は、彼はドルトムントでほとんどプレーしていなかったが、それでもクロップは彼を勇気づけている。


“彼は、僕のプレー時間が少なすぎると言っていましたよ。僕はそれはオーケーだと言いましたが。彼は僕の事を良く知っていましたから、僕がオーケーではないと分かっていたのかもしれないですね。”とこの控えめな日本人は語る。


さらに、“彼はドルトムントが優勝したのは、僕がクラブのためにプレーしたからだと言ってくれました。もちろん他にもたくさん選手がいましたが、それで本当に自信が出ましたね。彼は何も心配するなと言ってくれましたよ。彼の言葉は僕を幸せにしてくれましたし、その言葉は決して忘れません”と香川は続けている。香川は今シーズンサラゴサで25試合に出場し、2ゴール2アシストを記録している。



以上です。

クロップとの関係は今でも良好なようですね。それにしてもトゥヘル以降の活躍がなかったように書かれるのは残念ですね。少なくともシュテーガーは明らかに香川選手を中心的に起用していたでしょう。トゥヘルは一時期香川選手を起用しませんでしたが、最終的にはまたレギュラーに戻りっていましたね。



[ 2020/03/09 09:00 ] 香川 | TB(-) | CM(7)
管理人さんありがとうございました。
同じザ.アスレチックのインタビュー記事、日本でもメディアが報じていますが、こちらはファン・ハールが戦力外通告した。という記事で終わり、その後香川の活躍は無かった様な印象記事。
その他、バス事件の時の話を報じる記事も有りますがクロップ関連はここで知りました。
クロップの言葉は本当に選手の力と勇気になりますよね。素晴らしい監督。

それにしても元記事はアメリカメディアですけど、何故今香川のロングインタビューしたのか気になりますね。それ位彼が世界的に注目されている証拠でしょうけど、アメリカ行くのはまだまだ先にして欲しい。来季プリメイラで輝く香川を見たいよ。
[ 2020/03/09 09:11 ] [ 編集 ]
トゥヘルは土壇場では信用してたよ。
優勝したカップ戦の最後の方ではキモのとこに置いてゲーム仕切らせて舵取りやらせてたよ。
まあクロップは香川みたいなが大好きだから褒めるわな。
あの人は王様10番じゃなくて汗かき10番がマニアックなまでに好きなんだよ笑
[ 2020/03/09 10:41 ] [ 編集 ]
なんでいつも出戻り後は活躍してない扱いされるんだろう。
復帰してから香川より多くアシストを記録した選手なんていないのに。
[ 2020/03/09 12:25 ] [ 編集 ]
トゥヘルが香川を起用しなかったのは1年目の冬に、クラブがカストロをドイツ代表に戻そうと、レーブが観客席にいる試合で香川の代わりにカストロを使った3試合程度と、その後しばらくして股関節の古傷が悪化して治療に専念した時だけですね。2年目はボランチ起用が多かったですが、香川を絶賛するコメントを残してますし、バス爆破事件のあとのCLでも活躍しました。
管理人さんのおっしゃる通り、シュテーガー時代は中心選手でしたね。怪我で離脱してしまいましたが、この監督とも関係は良好で、バイデンフェラーの引退特別試合で再開した際は、ピッチ上で仲良く話し込んでいましたね。
最近のドイツの香川関連の記事はどうも情報が雑で、がっかりさせられます。でも、未だに結構記事になることは多いようですね。
[ 2020/03/09 14:38 ] [ 編集 ]
このメディアはアメリカのメディアなんですか?
てっきりイングランドのメディアだと思ってました
[ 2020/03/09 16:55 ] [ 編集 ]
香川選手の波瀾万丈なフォットボール人生はこれからも続いていくでしょう!
[ 2020/03/09 20:14 ] [ 編集 ]
ボスとファブレ以外は重用してたと言ってもいいと思うけど⋯⋯。
復帰後は、派手さは無くなった代わりにチームのバランス取りに尽力してたと思うよ。
[ 2020/03/10 03:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。