ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

香川!クロップとの忘れられない思い出について語る!《ドイツの反応》

【レヴィーア・スポーツ】

元ドルトムント香川!クロップとの忘れられない思い出について語る!

kagawa45.jpg


香川真司は30歳となり、そのキャリアですでに多くの事を経験している。フィールド内外で。彼は2019年にドルトムントでの2度目の時期を終える事となったが、現在ではスペイン2部のレアル・サラゴサでプレーしている。


ドルトムントは2010年に香川真司を35万ユーロで獲得したが、当時21歳だった香川はドルトムントの完全に中心的な選手として活躍する。そしてそのシーズンの優勝と、さらに2011/2012シーズンのダブルに大きく貢献している。


スポンサーリンク


そのシーズン、香川はリーガ31試合で13ゴール12アシストを記録し、多くのトップクラブの注目を集めるようになった。その中の一つがマンチェスター・ユナイテッドだ。

香川はアスレチック紙に対して、“当時の僕の見方では、マンチェスター・ユナイテッドはリヴァプール、アーセナル、ドルトムントよりも大きいというものでした。ドルトムントではとても幸せでしたが、どうしてもマンチェスター・ユナイテッドでプレーしたかったんです。”と香川は語る。


移籍の決め手となったのは、ユナイテッドの監督、サー・アレックス・ファーガソンとの話し合いだ。“彼とは空港で会ったんですが、僕が欲しいと言ってくれたんです。彼は僕と共に優勝したいと語りました。”と香川は語る。


そしてその計画は成功する。マンチェスター・ユナイテッドは2012/13シーズンに優勝を果たしたのだ。香川は負傷のために38試合中20試合でしかプレーしなかったが、それでも6ゴール4アシストを記録した。


香川BVBバス襲撃事件について語る。


いずれにせよイングランドで過ごした最初のシーズンは香川にとって最も成功したシーズンとなった。彼をマンチェスター・ユナイテッドに連れてきた監督が引退することになったのだ。ユナイテッドはその穴を埋めるのに苦労したが、その後モイーズ、ギグス、そしてファン・ハールと3人も監督が代わる事となった。香川はその3人の下で厳しい状況に立たされることとなったが、最後のファン・ハールが原因で2014年に移籍する事となった。


香川はそうしてドルトムントに戻って来たが、2011~2012年のレベルに戻る事はなかった。“良かった時もありますし悪かった時もありますね。”と彼は語る。“とても良かった時もあればとても悪かった時もあります。でもマンチェスターでの悪かった時期に学びました。”と彼は語る。


いずれにせよ最も悪かった時というのはフィールド外での出来事だ。2017年の4月にドルトムントのバス爆破事件が起こったのだ。香川は当時を思い出して語る。“大きな音がしました。本当に怖かったですね。マーク・バルトラが大けがをしたのを見ました。最初はISISかもしれないと思いましたが、それは個人の犯行でした。選手たちはその後、一緒になって、ポカールで勝とうと誓ったんです。それは忘れませんよ。”


ドルトムント時代の終わり


香川は2017年にポカールで優勝する。しかし彼の時代は徐々に終わりに近づいていく。香川は2017/2018シーズンにはリーガで19試合にしか出場しなかったのだ。


香川は2018年の9月に行われたロマン・ヴァイデンフェラーのお別れ試合でユルゲン・クロップと再会する。“彼は僕のプレー時間が十分ではないと言いました。僕はオーケーだと言ったんですけどね。彼は僕を良く知っているから、もしかしたら僕がオーケーではないと分かっていたのかもしれませんね。彼は僕のスタイルはスペインに合っていると言いました。そして僕はそこではずっとプレーしてみたかったと返事したんです。”と香川は語る。


香川は2018/2019年の後半戦、ベシクタシュにローン移籍したが、その後本当にスペインに移籍することになる。いずれにせよ2部リーガに。一部リーガ移籍はEU圏外の選手の規則により実現しなかったのだ。


“僕の最初の考えは、本当に2部でプレーしたいのか?というものでした。まだ30歳にもなっていませんでしたしね。でも他の国の1部に移籍するのはどうか考えたんです。できるだけ高いレベルで常にプレーしたかったんです。多くの選手達と話をしましたが、その中にはスペインでプレーしている選手たちもいました。彼らはスペイン2部のレベルはたいていの国の1部よりも上だと言っていたんです。”

そして行き先はスペインに決まった:“サラゴサは2部の中でもトップです。彼らは大きなスタジアムを持っていますしね。彼らは一部に戻りたいという野心を持っていました。”


クロップから香川への言葉


サラゴサは現在2部で2位に位置している。香川は30試合中22試合に出場し2ゴール2アシストを記録している。

しかしこれからもっと良くなるかも入れない。クロップの下で過ごした2011/2012シーズンのように。2019年のヴァイデンフェラーのお別れ試合で、現在のリヴァプールの監督は香川にある事を思い出させる。


“彼はドルトムントが優勝したのは僕がプレーしたからだと言ってくれたんです。もちろん他にも選手は沢山いました。だけどそれで本当に自信が湧いてきました。彼は全く心配する必要がないと言ってくれましたよ。だから心配しませんでした。彼の言葉は僕を幸せにしてくれましたし、その時のことは決して忘れません。”


以上です。

このインタビューの記事が結構いろいろなドイツ紙で取り上げられていましたので、地元紙のも取り上げてみました。割と良い取り上げられ方だと思ったので紹介しました。

[ 2020/03/09 16:38 ] 香川 | TB(-) | CM(7)
あちらこちら各媒体が取り上げてる中で、香川に直接インタビューした記者が書いた内容に最も近い良記事だと思います。
本筋に近いものを必ずこちらのサイトが取り上げてくれるだろうと待っていました、ありがとうございます。
[ 2020/03/09 17:27 ] [ 編集 ]
>香川はそうしてドルトムントに戻って来たが、2011~2012年のレベルに戻る事はなかった。

香川の個人能力(総合的な力)は戻ってきてからの方が上だと思いますが、一期目はリーグ優勝、次がダブル優勝だからなぁ…個人能力上がっても、結果として出なかった→戻らなかった。って事なんだろう…

でもサッカーなんて一人で出来るスポーツじゃないし、バイエルンに引き抜かれたりと相手のレベルも関係する。そして役割もシャドーからIHと変わったしね。そしてCLなんかは戻ってきてからの方が活躍してるし、単にドイツ人の印象だよ。
[ 2020/03/09 18:59 ] [ 編集 ]
とても素晴らしい記事。
しかし日本のメディアはマンU退団(ファンハールの言葉)の部分しか記事にしていないですね。
普通は現在、世界ナンバー1監督であるクロップとの会話こそハイライトとして取り上げるべきではないか?
日本のメディアはこれをただの一つとて取り上げているところはないです。
なぜ香川とクロップの記事を書かない??
信じられないですよ。
[ 2020/03/09 19:07 ] [ 編集 ]
>2017/2018シーズンにはリーガで19試合にしか出場しなかったのだ

このシーズンはボシュ → シュティーガーのシーズンでしたっけ?
ボシュ時代はレーブが視察に来ると香川はなぜか外されていたみたいな記憶がありますが
シュテーガーは香川を常にスタメンで使ってくれましたよ
怪我で3か月離脱するまで
それも常にフル出場だった
スペイン移籍は香川の希望でもありクロップの後押しもあったんですね
本当今でもいい関係が築けているようで香川には最高の監督であり理解者なんですね
[ 2020/03/09 19:27 ] [ 編集 ]
クロップと再開したヴァイデンフェラーの引退試合時は、ファブレに干されていた時だよ。あんなに冷遇していた香川をドルトムント現役代表として出席させたのは驚いたよ。ゲッツェやピスチェクでは無くて香川とシュメルツアだけが選ばれたから。(ロイスは代表で不在。日本代表は海外組全員呼ばない時だった)
そういえばその時シュテガーも心配顔で香川捕まえて話し込んでたね。香川は笑顔で大丈夫って答えてたぼかったけど、あの扱いは皆が不思議かる干し方だったから。
[ 2020/03/10 00:34 ] [ 編集 ]
元の有料記事読みました
著者はマンチェスター生まれのユナイテッドファンのアンディーさんと言うジャーナリストで、
今まで500人程のプロサッカー選手にインタビューしてきただけあって、読み応えのあるものでした。

ファーギーとの面談はオファーがユナイテッドからなのか、ファーギーからなのか確認したかったから
直接話したいとセッティングされたそうです。
インタビューはサラゴサの自宅で行われ、アンディーさんが予約していた電車の時間を過ぎてしまい、後発の電車の予約も満席で
香川の申し出でポルシェのSUVでAVEの駅まで送ってもらったそうです。

少し前にリヴァプールのマッチデープログラムで、南野が香川に相談した事が話題になっていましたが、
強烈なライバルクラブに所属してたけどクロップに愛された選手で在り、その選手に相談してクロップ絶賛を聞き、契約を後押しする。
日本人には南野がセレッソの後輩なのは周知ですが、リヴァポサポは知りませんし、そこは全く触れられていませんでしたから。
かと言ってユナイテッドサポさえもクロップは評価しているから、香川の立場は興味深いんですよね。
このあたりに興味を持たれてインタビューのオファーをしたのでは?と憶測しました。
[ 2020/03/10 03:31 ] [ 編集 ]
世界一の監督にプライベートでこんなに気にかけてもらえたら勇気百倍、ボシュ監督、ファブレ監督のもとでの不遇時代も笑顔でいられた謎が解けました。
ただ最近レバンドフスキが「(連覇当時の)この世のものと思えなかった」香川に戻らないのは、怪我の癒えないせいだろうと言っていましたが、好不調の波の押し引きが速くなっているようなのが気になります。今月31歳になる香川選手ですが、岡崎先輩に負けない活躍を期待したいです。(乾選手や柴崎選手も)
[ 2020/03/10 09:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。