Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!エムレ・ジャンの獲得はクロップ監督のおかげ!《ドイツの反応》

【スポーツビルト】

ジャン!ドルトムント移籍においてクロップがどのような役割を果たしかを明かす!

canbvb.jpg

彼は一月にやってきてばかりだが、もう代えの利かない存在だ。


エムレ・ジャンはこの冬ユベントスからドルトムントに移籍している。移籍金は2500万ユーロだった。そして移籍後ジャンはすぐにリーダー的な存在となっている。


スポンサーリンク


このドイツ代表選手がドルトムントにやってきたのはユルゲン・クロップのおかげだ。


ジャンはキッカー紙に対して、“クラブがユルゲンと連絡を取っていたことは分かっている。世界最高の監督であるユルゲンが、僕についてポジティブな評価をしてくれたのは嬉しいね。彼とは2年半一緒に働いていたから僕を良く知っているよ。”と語っている。


ジャンは2014年から2018年までリヴァプールでプレーしていた。クロップは2015年にリヴァプールの監督に就任したのだ。ジャンのイングランドでの評価は高く、この冬、プレミアリーグに移籍する事も可能だった。


ジャン:“プレミアリーグからだけでも3つのオファーが届いていた。その中にはマンチェスター・ユナイテッドもあったよ。でもリヴァプールに在籍していたかからそれについては一秒も考えなかったね。”



彼はドルトムントはとても親しみやすいと感じていたようだが、ここ数週間の活躍でクラブと選手共によりそう感じていることだろう。




以上です。

ジャンの獲得は良かったですね。とにかくドルトムントの失点は今の所減っていますからね。バイエルンが好調なだけに、手が届くか分かりませんが、まだ直接対決も残っていますし、あきらめないで欲しいですね。

[ 2020/03/10 08:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(2)
とりあえずディレイニーの穴埋めてくれたし潰してもくれるのでビッツェルが球出しにウェイトを置いてプレー出来るようになったので徐々に安定してきた。マリーシアもあるから剥がれにくい絆創膏になってきた。
それにハーランドみたいな前で点取り専門がいる場合、潰し屋+配給係のようなボランチの組み合わせは効果あるわな。ピルロ+ガットゥーゾだな。
ただし楽観はできない。ファブレがこのスタイルが好きではないだろうし、システム上、高速ドリブラーに弱い、緩急をつけられるのにも弱いという弱点もある。今後、バイエルンはじめこういうことがやれるクラブと二つか三つ当たるのでいいかどうかの判断は結果次第。
[ 2020/03/10 10:13 ] [ 編集 ]
正直ヴァイグル残しときゃ良かっただけだし、無駄金使っただけでまた選手が出て行くだろうな
[ 2020/03/10 23:07 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。