ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

《ドイツの反応》酒井高徳 ハンブルクに移籍か?ビルト記事

本日発売のビルトに、酒井高徳選手に関する記事がありましたので、紹介します。






ハンブルクがシュトゥットガルトのサイドバックを希望


ラッバディアがシュトゥットガルトの酒井を誘惑!


201506301710323ec.jpg


彼が最初の新加入になるだろうか?



ハンブルクがシュトゥットガルトのサイドバック酒井高徳の獲得に動いている。ブルーノ・ラッバディアはシュトゥットガルトの監督時代、酒井をドイツへと呼び寄せた。この日本代表選手はブルーノの下ではシュトゥットガルトで文句なしのレギュラーだった。


酒井は素早く、競り合いにも強く、両足が使えるプレーヤーと見られている。それに加えて、彼はデニス・ディークマイアー、そしてマティアス・オストロゾレクの代わりになることも出来るだろう。


この2014年のワールド・カップ出場者は、最近ではあまり頻繁に試合に出場してなかった。そして移籍を認められている。


酒井は、ドイツ人の母親と日本人の父親との間にニューヨークで生まれた。彼のシュトゥットガルトでの契約は2016年までとなっている。ハンブルクはもう数週間も前から彼の名前をリストに加えている。



スポンサーリンク


ハンブルクのメンバーの計画はラッバディアの意向にできるだけ添うものと見られている。そしてそれはイーヴォ・リッチェビッチ(28)にも言える。このクロアチア人はシーズン終盤ブルーノの下で多くのポイントを稼いだ。そのご褒美:新たに一年間の契約だ!


リッチェヴィッチの代理人フォルカー・シュトゥルートは“イーヴォはラッバディアの下でいつも機能した。監督は彼のために危険を犯してくれたんだ。”


明日はハンブルクの最初のトレーニングとなるが、リッチェヴィッチは姿を見せることになるだろう。その後ハンブルクは新加入の選手を紹介する予定であるが、それはシュトゥットガルトの酒井になるのであろうか?






以上です。



酒井選手はシュトゥットガルトで放出候補としてあげられていましたから、これは良い移籍ですね。ハンブルクはとにかく監督を変えまくりますから、監督が変わってしまったら難しくなってしまう可能性もありますが、少なくともラッバディアの間は使われるのではないでしょうか。新天地で頑張って欲しいです!

ハンブルクはお金もありますし、結構名前のある選手もいるんですが、本当にわけがわからないですよね・・。かつてのビッグクラブ、果たして再生はあるのか見ものですね。ドイツではいまだにビッグクラブ扱いで(メディアの取り上げ方において)、ヴォルフスブルクなんかよりもずっと注目度は高いです。


ツイッター https://twitter.com/ichliebefussbal
FaceBookページ:ブンデスリーガ ドイツの反応 ichliebefussball


[ 2015/06/30 17:31 ] 酒井高徳 | TB(-) | CM(7)
No title
問題はラッバディアがいつ切られてしまうかなんですよね
それにしてもHSVが今もビッグクラブ扱いってのはドイツだなと思います
[ 2015/06/30 22:14 ] [ 編集 ]
No title
ラッパディアは、人望のある人らしいし、正直、シュツットガルトのクラブ体質が嫌いなので、移籍は歓迎。
ただ、高徳自身もいい加減守備への意識を変えてくれないと、代表でプレーすることは歓迎できないね。
[ 2015/06/30 22:41 ] [ 編集 ]
No title
いやハンブルクは欧州でも一流扱いだよ
だからこそエミレーツ航空がスポンサーなのさ
[ 2015/07/01 00:05 ] [ 編集 ]
No title
とりあえず移籍先で試合に出れてドイツ1部なら上出来でしょ
今シーズン同様に来シーズンもシュツットガルはHSVと降格争いしてそうだし
[ 2015/07/01 00:56 ] [ 編集 ]
No title
ハンブルガーSVはプレーがいつも荒々しいので良い印象ではないですね。高徳のプレーまであんな風になってしまったらと考えると…。良い方向へ進むのを祈ります。
[ 2015/07/01 01:48 ] [ 編集 ]
No title
どちらかというと高徳のプレイは荒い方だよ
とにかく試合に出られるファーストチョイスになれるチームに移籍するのが一番
年齢のこともあるしもったいないガンバレ
[ 2015/07/01 10:40 ] [ 編集 ]
一時期ほどではないけどやっぱりW酒井には期待してるからとにかく試合に出てくれ〜
と言うことで移籍賛成
[ 2015/07/01 16:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。