Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!ハーラント!レヴァンドフスキーに宣戦布告!《ドイツの反応》

【ビルト】

ドルトムントのスーパー・ストライカー、ハーラント!
レヴァンドフスキーに宣戦布告!


haaland22331.jpg

まるでリーガとレヴァンドフスキーに対する脅しみたいだ!


ドルトムントのスーパー・ストライカーのエーリング・ハーラントはフランスのレキップ紙のインタビューにおいて、ドルトムントでのスタートについて、そして自身の将来の目標について語っている。



スポンサーリンク


そのうちの一つが、得点王になる事だ!ハーラント:“ブンデスリーガで得点王になりたいですね。でも僕は記録を考える人間ではありません。僕はチーム、そしてできるだけチームを助ける事を考えています。それだけです。”


そして彼は、“僕は、世界最高のサッカー選手になれるようにできるだけハードワークしようとしています。できる限りたくさん。僕の体が耐えられる限界まで。”と続けている。


はっきりしていることは、レヴァンドフスキーと同様の評価を得るためには、本当にたくさんそれに取り組まなければならないという事だ。このバイエルンスターは313試合で227ゴールをあげている。だけどこれは決して不可能ではない。ハーラントはここ8試合で9ゴールをあげているのだ。レヴァンドフスキーはたった2ゴールだ。



ハーラントは自信を持って、“小さかった時から自分に何ができるか分かっていました。自分には違いが出せることが分っていました。そして将来もっと良くなることができると思っています。”と語っている。


彼はどこを向上させたいのだろうか?“それはたくさんありますよ。右足、ヘディング、テクニック、左足、それからフィールド上での考え方、動き方、全てです。まだまだやる事がありますね。”と彼は語る。


彼は6年後どこにいるかという質問に対して、“まったく分かりませんね。もちろん夢はありますが。でもまだドルトムントに来たばかりですからね。ここで幸せですよ。一秒も無駄にすることなく、大きな事を達成したいですね。考えるのはそれだけですし、それに集中しています。スタジアムの雰囲気は僕の心を動かしますし、ここで良くなると思います。”





以上です。

ハーラントはなかなか野心家ですね。ちょっとクリスティアーノ・ロナルドを思い出しました。


[ 2020/03/11 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(1)
ブンデスで得点王を目指すならレヴァンドフスキーに対抗しなきゃダメだよね
素晴らしい選手だし,これからも伸びる余地があるからすごく期待してる

長い間ドイツで観たいなあ
[ 2020/03/11 16:51 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。