Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

香川!マンチェスター・ユナイテッドでうまくいかなかった理由を語る!《ドイツの反応》

【FussballEuropa】

香川、どうしてマンチェスター・ユナイテッドでうまくいかなかったのかを語る。

kagawa9.jpg

香川真司はマンチェスター・ユナイテッドで2シーズンを過ごしている。彼はどうしてイングランドで長期にわたってプレーすることがなかったのか、その理由を説明したが、それは監督交代にあるようだ。

スポンサーリンク


マンチェスター・ユナイテッドに移籍した香川にかかる期待は大きなものだった。そして少なくとも最初のシーズンはこれに答えるパフォーマンスを見せている。6ゴール6アシストは手堅い数字だ。


しかしその後変化が訪れた。サー・アレックス・ファーガソンが引退を宣言し、その後任のデイヴィッド・モイーズの後で香川はうまくいかなかったのだ。


このスコットランド人は結局長く務めることなく、その後、ライアン・ギグズが暫定監督に就任している。そしてその後にファン・ハールだ。

そしてファン・ハールは香川に対して、彼の下では多くプレーすることはないだろうことははっきりさせたとされている。


“2年で4人の監督ですからね。”と香川はアスレチックにおいて語っている。


“僕が来たのは25年間一度も監督が代わらないクラブだったんですが、その後短い間に、モイーズ、ギグズ、そしてファン・ハールですよ。”


香川はブラジルワールドカップにおいても個人的にがっかりする結果となったが、ユナイテッドに将来を感じていなかった。ユナイテッドはアンジェル・ディ・マリア、そしてラダメル・ファルカオとさらなる補強を推し進めていたのだ。


“それは僕の状況をより悪くしただけですね。その時、2年経ったし、マンチェスターを出ていく時だと思ったんです。”とファン・ハールからはっきりとしたメッセージを受けた香川は語る。ファン・ハールは、彼がそんなに多くプレーすることはないとはっきり告げたのだ。



香川はその後ドルトムント、ベシクタシュを経て、予想に反してスペイン2部のサラゴサに移籍している。移籍金は300万ユーロだ。彼はそこで25試合に出場し2ゴール1アシストを記録している。



以上です。

思えば、香川選手はユナイテッドに移籍してからは、監督が代わりすぎでしたね。ドルトムントに戻ってからもクロップ、トゥヘル、ボシュ、シュテーガー、ファヴレと5人ですからね・・・。
今はとにかくサラゴサで一部昇格に目指して頑張ってほしいですね。

[ 2020/03/11 17:37 ] 香川 | TB(-) | CM(2)
 クルピ、クロップ、ファーガソンと続いた頃はなんて運が良い選手なんだと思いましたが、その後は酷く運が悪い。人生ってわからないものですね。
[ 2020/03/11 18:37 ] [ 編集 ]
今のビクトールフェルナンデス監督はクロップやファーガソンにも引けを取らない素晴らしい監督だと思います
[ 2020/03/12 06:20 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。