Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドルトムント!トゥヘルPSGに敗れCL敗退!《ドイツの反応》

【ビルト】

ジャン!ネイマールとやりあい退場に!

ドルトムントPSGに敗れる!

cannez.jpg

トーマス・トゥヘルは今から3年前にドルトムントを首になったが、今度は彼がドルトムントをチャンピオンズリーグから追い出した!

スポンサーリンク


ドルトムントはパリで行われた無観客試合においてPSGに2:1で敗れCLから敗退したのだ。ドルトムントのディフェンダーがネイマールを抑えることができなかったのが原因だ。中央のヴィッツェルとジャンはまったくもって怖くなかった。さらにストライカーのハーラントは一年で最も重要な試合で消えてしまったのだ・・・。


すでに前半が終わった時点でドルトムントにとってはあまり良くない状況だった。


▶28分:ディ・マリアのコーナーからネイマールがフリーでヘディングを決めたのだ。ハキミはまったくネイマールを注意していなかった。さらにビュルキが飛び出さなかったせいでもある。スカイの解説者レ―マンはビュルキを批判している。“彼は出てこないとね。”と。

▶45分+1:今度はドルトムントのディフェンダーみんなが失敗だ。パリの攻撃はそんなに脅威ではなかったのに、元バイエルンのベルナートが2:0となるゴールを決める事となった。

後半はほとんど何も起こらなかった。パリはギアを一段下げたが、ドルトムントはそれを利用することができなかった。もっとも目立ったのはBVBのジャンがネイマールとやり合ってレッドカードを貰ったことだ。これはちょっと厳しい判断だ。ネイマールはイエローを貰っている。

ドルトムントのファヴレ監督は、スカイにおいて監督を批判している。“あれは厳しすぎるよ。笑うしかないね・・”


では試合の雰囲気はどうだっただろうか?スタジアムはコロナの影響で無人だったが、最初の数分は非常にうるさかった。スタジアムの前に集まるファンの声援がスピーカーを通してスタジアムに響いたのだ。


スタジアム前にはほぼ5000人のファンが駆けつけ、声援を送っていた。しかしスピーカーの件に関しては事前にUEFAと話をしていなかったようだ。そのため、途中でスピーカーを切る事となっている。その後少なくともスタジアム内は静かになったが、スタジアム前では花火が打ち上げられる騒ぎだった。


一方この夜、ドルトムントから花火が見られる気配は全くなかった。PSGのティーロ・ケーラーは“元シャルケの選手として、BVBを倒すことほど良い事はないね。”と語っている。



以上です。

試合は見れませんでしたが、負けてしまいましたね。残念ですが、やはりネイマールを抑えられなければ厳しくなるでしょうね・・・。これで残りはリーガだけとなってしまいましたが、なんとかバイエルンとの直接対決を制してほしいですね。

[ 2020/03/12 07:45 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(5)
無観客でも5000人も集まってしまうんですね。
[ 2020/03/12 08:33 ] [ 編集 ]
今日は5バックしてその前に4枚置いてハーランドのワントップ。
まあ541だわな。そんでハイプレス。
まるでバックラインの裏に長いボール出してくださいと言わんばかりの戦術だったし、現にPSGはそうしていた。縦の列をまるで無視したかのようなサッカーだった。それで中盤との間が開いたとこにグラウンダー出されてジャンもビッツェルも止めきれずにファール連発。片方は赤紙。ボランチ二枚がこれだったしトップのハーランドすら開始直後から削りスレスレのことを何度もやった。これでは点なんて当然取れるわけない。
まあリバプールの試合と並行して見てたんだけど、あそこはお客さんいっぱいで土砂降りの雨の中、延長までもつれ込んで最後に力尽きたんだけど、こちらはやたら静かにあっさり、つか自分から負けた印象ですね。
[ 2020/03/12 08:52 ] [ 編集 ]
「またしてもドルトムントがトゥヘルをクビに⁉」
見事な返り討ちでしたね
試合前におかしなフラグを立てるもんじゃありませんね
[ 2020/03/12 12:55 ] [ 編集 ]
何とも消化不良な感じの試合だったな……アンソニー・テイラーの神経質な判定でリズムを奪われて,緩んだところでネイマールとベルナト相手に失点
ハキミとサンチョは今一つキレがないしヴィツェルがトラップの前後で時間ロストするから速攻もハマらない
パリのDFラインはすごく丁寧でケーラーがたまにミスする以外はほぼ完璧(キンペンベは特に進歩が甚だしい)と来たらどうしようもないよね

トゥヘルとパリを賞賛するしかない
[ 2020/03/12 13:43 ] [ 編集 ]
なんかドルトムントらしくない戦い方で負けた感じ。
イチコメさんはバックライン裏が空いていた様に見えてたみたいだけど、かなり引いてたから裏は無かったよ。だから失点もセットプレーと中盤でのミス。崩されてシュートとは殆ど成らず。
逆に相手にポゼッションされてたからチャンスは少なく、サンチョもアザールもハキミも消えがち…ホランドは前プレ(守備)では目立ってたけど、良いタイミングではボール入らず。徹底的にマークされてたからね。
やはりトゥヘルはリアクションサッカーだった。守備はドルトムントの攻撃をほぼ対策した上で、ドルトムントの守備が硬いとみると攻撃はセットプレーになる様にファール誘ったり、CK狙ってた。
ムベッパもヴェラッティも不在で無観客のアゥエー。ファブレは守り倒して勝ち上がるつもりだったのかもしれないけど、サンチョやホランド、ハキミたちののモチベーションがそれで満足出来なかったのは自明。
[ 2020/03/12 19:08 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。