ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

ドルトムント!ファヴレ監督の続投にまたしても疑問!今年夏で解任か?《ドイツの反応》

【フスバールトランスファー】

BVB:ファヴレの続投に新たな疑問

favre6660.jpg

ルシアン・ファヴレの下、ボルシア・ドルトムントはまたしてもチャンピオンズリーグベスト16で敗退している。現在はコロナウイルスの影響で、監督に関する議論はいくらか鎮まっているが、このスイス人はこの夏解任となる可能性がある。

スポンサーリンク


すでにスポーツビルトが報じているところによると、ファヴレの続投は優勝した時のみとのことだ。優勝してドルトムント市内をパレードする事を実現させな限り6月後半でドルトムントの仕事が終わりになるとのことだ。



ファヴレの専門的な手腕に関しては、ヴァツケもツォルクも疑いは抱いていないとされている。しかし彼が監督でタイトルを獲得できるかどうかとなると疑問だ。現在ブンデスリーガではバイエルンと4ポイント差をつけられている。そのうちの3ポイントは直接対決で縮める事が可能だ。


ドルトムントが前半戦の0:4同様に次のバイエルン戦でも敗れた場合、ファブレの解任は濃厚となる。しかしいったい誰が彼の代わりになるかという問題が残っている。まだ誰も後任として説得力のある名前が挙がってこないのだ。


一つのオプションとなるのが、アヤックスのエリク・テン・ハーグ監督だ。マティアス・ザマーが彼を推しているとされている。しかし彼が採用する433のシステムがドルトムントに合うかどうかという見方もあるようだ。


システムで見れば、ニコ・コヴァチの方がドルトムントには合っているだろう。その他にはアディ・ヒュッターの名前も挙がっている。このオーストリア人はフランクフルトで監督を務めているが、ブンデスリーガでの監督の地位を安定させている。さらに人間的にはファヴレと対照とされている。マウリツィオ・ポチェッティーノ監督とユリアン・ナーゲルスマン監督はもう対象とはならないようだ。



以上です。

今シーズンあれだけ補強してもチームはそこまで強くなっていませんからね。今シーズンタイトルを獲得できなければ解任もしょうがないでしょう。ただ良い監督を連れてこなければ代えても意味がないですからね。その辺が難しいところですね。

[ 2020/03/19 06:00 ] ブンデスリーガ | TB(-) | CM(4)
もしかしたら監督よりGKの補強が最優先な気がする
リバプールもアリソンがいるといないじゃ強さが2段階ぐらい違う
[ 2020/03/19 08:10 ] [ 編集 ]
ファブレで優勝出来る未来が見えません。
彼はドルトムントを率いる器ではない
[ 2020/03/19 09:14 ] [ 編集 ]
リーガ優勝しても続投は勘弁ですよ。
カップ戦は国内もC Lもみっともない負け方だったし、リーガは首位に立ったのは覚えてる限り一回か二回しかない。それも瞬間的ですぐ下落ちた。これでは、仮に勝つとしてもバイエルンが勝手にコケないと勝てんでしょ?
あれだけお金使って選手選り好みして他力本願ではな。
[ 2020/03/19 11:37 ] [ 編集 ]
ぶっちゃけドルトムントというチームは亡くなったから、新しいドルトムントが出来たとしてもその辺の普通のチームにしかならんよね
コヴァチって選択も最悪
ボスを継続してたなら薬屋見たくなれたのに
[ 2020/03/20 15:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。