Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

マリオ・ゲッツェの悲劇!もうドルトムントではプレーせずに終わってしまう可能性《ドイツの反応》

【ビルト】

マリオ・ゲッツェの悲劇!
もうドルトムントではプレーしないかもしれない?


goett2.jpg

マリオ・ゲッツェは2014年にワールドカップの決勝で決勝点を挙げた。しかしその6年後、彼の将来は未定のままだ。


スポンサーリンク


コロナウイルスの影響で、マリオ・ゲッツェはもうドルトムントでプレーすることなく去ってしまうかもしれない。


はっきりしている事は彼の契約が6月30日までとなっていることだ。ビルトの情報によると、両サイド共に契約を延長しない事で合意しているとのことである。


ゲッツェはドルトムントに自分の将来があるとは思っていない。彼は1000万ユーロの年俸を減らすつもりはないとしており、さらに幹部も長期的に見て彼がスポーツ面で助けになるとは思っていないようだ。


マリオ・ゲッツェのドルトムントの悲劇的な終わりが近づいている。


現時点ではブンデスリーガが再開されるめどはたっていない。そのため彼には非常に悲しい終わりが近づいている。仮にブンデスリーガが再開したとしても、ルシアン・ファヴレがゲッツェを起用するとは思えない。2020年のゲッツェのプレー時間は14分だけだ。

▶ゲッツェは2016年にバイエルンからドルトムントに戻って来たが、一度も幸せになる事はなかった。トーマス・トゥヘル、ペーター・ボシュ、ペーター・シュテーガー、そしてファヴレの下で彼はプレーしたが、一度もクロップ時代のようなプレーを見せることがなかったのだ。

昨シーズンの後半戦のパフォーマンスがここ5年間で最も良いパフォーマンスだった。



以上です。

確かにこのままお別れとなりそうですね。あれだけ起用を続けて昨シーズンの後半戦はようやくゴールに絡むようになってきたのに、今シーズンはまったく起用されなくなりましたからね。監督の意向ではなくてヴァツケの意向で買い戻したようなものですから、しょうがないですね。

[ 2020/03/20 16:35 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(7)
 BVBの経営陣はゲッツェに何を求めていたのだろうか。本気でメッシのようになると思っていたわけではないでしょう。そのへんの裏事情を我々が愛するビルドさんが記事にしてくれないからしら?
[ 2020/03/20 17:15 ] [ 編集 ]
カストロと香川は彼のリハビリの為に犠牲になってしまった
[ 2020/03/20 19:11 ] [ 編集 ]
真実の愛も欲の前では無力って事が証明されたわけですね。
もっと愛を見せつけて欲しかったなぁ
[ 2020/03/20 21:22 ] [ 編集 ]
今年はどこも財政面で厳しくなるはずだけど買うとこあるんかな?
もっとも、ファブレは活躍しても使わないんだからかなり嫌気さしてるようでもあるし大幅にサラリー落としても出ていくかもな。
ハーランド獲ったんなら本来なら横か後ろはゲッツェ、その下にサンチョ、ロイス、ゲレーロあたりでやった方が、相手にとってはやりにくいんだろうが、自分の細かな理論に酔ってるフシがある上司じゃな。たぶん、やってらんねーになってるよ。
[ 2020/03/20 23:33 ] [ 編集 ]
結局ヴァツケはなんで買い戻したんでしょうか
[ 2020/03/21 02:34 ] [ 編集 ]
香川は散々批判されたのにゲッツェには何も言わない所か賞賛しまくるって感じだったじゃん
それに昨シーズンの終わり頃の数字って無理やりゲッツェが出てきて、ゲッツェは気持ち良いがチームは終わった感が出てた気がするが
[ 2020/03/21 10:12 ] [ 編集 ]
ゲッツェはフリーだから、他のクラブにとっては給料の問題だけだよ。何処かはあるだろ。
ヴァツケは彼の病気の予見は不可能だったし、ファブレがクラブ出たい発言したら徹底的に干すというタイプだというのも予見不可。そもそも買い戻した時ファブレが現監督になってるってのも予見不可能。
ヴァツケにとって、ゲッツェはユース時代からの可愛い選手、救いの手を差し伸べたのは仕方ないよ。
思いがけない全てが起こるのがサッカーで有り、世の中。コロナでサッカー出来ない日々が来るなんて世界中誰も想像してなかったしね…
[ 2020/03/21 10:13 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。