ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

日本!来週にも東京オリンピックをキャンセルする?ドイツ紙《ドイツの反応》

【ビルト】

日本、来週にもオリンピックをキャンセルする?


bioddf.jpg


コロナウイルスの影響で夏の東京オリンピックの開催が揺らいでいる。さらに日本でもオリンピックをキャンセルするべきだとの声が上がっているのだ。


オリンピックな7月24日に開催される事になっている。今週の木曜日、聖火がギリシアから日本に到着し、今の所すべては計画通りに進んでいる。しかし開催は現実的だろうか?

スポンサーリンク


多くのスポーツ選手が大会の延期を訴えている。そして日本では理事の一人がそれに賛成の意を示したのだ。柔道家の山口香だ。彼女は23人の理事のうちの一人であるが、山口は、このような状況下でオリンピックに向けて全力で準備する事は“アスリートにも危険がある。”と発言したのだ。


山口は3月27日の理事会で延期の提案をするつもりだ。そうなると夏の開催はキャンセルされ、別な日程に延期されるのだろうか?

さらに多くのドイツ人選手たちも、7月の開催に反対している。体操選手のアンドレアス・トーバは、“アンゲラ・メルケルの心揺さぶる演説の後でそれについて考えている。政治、医療、経済の事を考えても、オリンピックは延期するべきだと考えているよ。”と語っている。


またパラリンピック選手であるニコ・カッペルは8月25日から日本に行くことになっていたが、“パラリンピックが開催されるかわからなくなったね。”と発言している。


ドイツのオリンピック協会はIOCに対して話し合いを要求している。“IOCは東京オリンピックを延期する勇気を持つべきだ。そして多くのスポーツ選手を現在のようなはっきりしない状況に置くべきではない。”と副理事のハンス・ヨアヒム・ロレンツは語っている。


IOC会長のトーマス・バッハはニューヨーク・タイムズ紙のインタビュー内で、“もちろん我々はいくつかのシナリオを考えている。でも多くのプロスポーツのリーグとは異なり我々にはまだ4か月時間があるからね。”と語っている。


さらにバッハは、“我々も他の人々と同じようにこの危機に瀕している。そして我々も心配している。我々は決して別な惑星に住んでいるわけではない。だからこそ今決断を下すことは責任のある事ではない。”と続けている。


バッハはコロナウイルスが収まる事を期待している。しかし専門家の見方ではその可能性は低い。
もしかしたら3月27日の日本の理事会でキャンセルすることが決まるかもしれない。





以上です。

ヨーロッパではここ1週間で感染が一気に増えましたからね。今週から学校を閉鎖するなどいろいろと制限がかかっていますが、それがどのような効果を与えるかまずは見たいところではありますね。

[ 2020/03/21 05:38 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(4)
日本側には何の決定権も無い。全てIOC次第という契約だから。
日本側にあるのはのキャンセルだけだけど、中止という選択肢は日本人には無いよ、数兆円という莫大な施設投資してるからあくまでも延期。が、延期してくれという権利が無いので「開催に向けて一致団結して準備しています」を繰り返してる。
少しも弱気を見せたら日本側の要請で中止、となる事を怖れての発言。真意は「延期だろ!!」だと思ってる。
[ 2020/03/21 09:59 ] [ 編集 ]
オリンピック開催時期には北半球は収束してる可能性が高いが、選考会とか出来てないもんもあるし、選手のコンディションも悪いしね
もし開催されるなら大番狂わせな記録が出るんじゃないの
[ 2020/03/21 10:16 ] [ 編集 ]
日本はなんともなくとも外国があれじゃな。
ヨーロッパのピークはこれからだろうし、アメリカの拡大はまだ先。こんなんでは延期が妥当。つか、場合によっては中止も視野に入ってきた。感染者数が高止まりの気配があるからな。
まあ、オリンピックにカネかけた人たちはご愁傷さんですね。
[ 2020/03/21 11:10 ] [ 編集 ]
この7年間の日本の首相の酷さを見てると、とてもじゃないけど五輪は開催してもらいたくありませんね。
外国ばかりを見て日本国民の事は何一つ考えていませんから。
[ 2020/03/21 19:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。