ブンデスリーガ ドイツの反応 Ich liebe Fussball!!

ブンデスリーガの情報をドイツのメディアを中心に翻訳!

レヴァンドフスキー!コロナウイルスの危機に立ち向かうために100万ユーロを寄付!

【スポーツビルト】

レヴァンドフスキー!コロナウイルスの危機に立ち向かうために100万ユーロを寄付!


leviivi.jpg


レオン・ゴレツカとヨシュア・キミッヒに続いてさらなるバイエルンの選手が自腹を切った。コロナウイスルによる危機を助けるために!ロベルト・レヴァンドフスキーと彼の妻のアンナが100万ユーロを寄付したのだ。

スポンサーリンク


この夫婦はスポーツビルトに対して、“私たちを取り巻く状況が非常に困難なものであることは良く分かっている。私たちはみな一つチームだ。もし私たちに誰かを助けることができるのであれば、ぜひそうさせてほしい。この状況はみんなに関係がある。だからみんな専門家達の意見をしっかり聞くようにしてほしい。責任ある行動を!”と語っている。


ロベルトとアンナは、“私たちはもうすぐ普段の生活に戻れると信じている。この状況一丸となって立ち向かおう!”と続けている。



ゴレツカとキミッヒが合わせて100万ユーロを♯WeKickCoronaに寄付していた!







以上です。

サッカー関係者が給料の一部を受け取らないなどとニュースになっていましたが、レヴァンドフスキーなどサッカー選手が寄付が増えてきましたね。


外出禁止令が出された地域も増えてきた中で、解雇される人たちも出てきてしまっているので、困った人が助かるような使い道がうまく見つかると良いですね。

[ 2020/03/22 09:43 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(3)
経済活動がほぼ停止してるから会社や個人にかかわらず手元の現金がなくなりつつある。
アメリカは完全にそうなった。
早晩、ヨーロッパも日本もそうなるので、今回のレバみたいなことは世の中にとってはとても良いこと。
日本円にしたら一億ポンだもんね。
にもかかわらず、どこぞの国の財務のお偉いさんやら金持ち連中は株の値段の心配ばかりしてるよ笑
少しはスポーツマン見習え!
[ 2020/03/22 12:35 ] [ 編集 ]
ヨーロッパやアメリカでは、まず収入80%補償とか税金免除、検査と治療費の免除など、国民の暮らしを守る対策を設定したうえで、外出禁止令を実施しているところが多いようですね。

日本では補償などの措置を考えず休校したため、収入がなくなり大変な目にあっている人が桁違いだと思います。検査もきちんとしていないため感染者数、死亡者数も信ぴょう性がなく、ニューヨークタイムズやBBCでも日本のデータは信頼に値しないと言われているようです。

ドイツはメルケル首相からして国民のための対策を考えていてうらやましい限りです。
[ 2020/03/22 15:16 ] [ 編集 ]
もう論調が変わってるからね
検査過多を咎めこそすれど称賛はされてないし、日本の開示は清潔な国だからって書き換えられてる
レヴァやゴレツカ、キミッヒが立派だっていう素晴らしいニュースなのに、どうしてそうまでして日本を貶めたいのか
[ 2020/03/23 10:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿   ※コメントは承認制となっております。












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。