Ich liebe Fussball!!

海外のサッカー情報を日本人選手の活躍を中心にお届けします!

ドイツZDF放送!香川が大活躍した2012年のポカール決勝の再放送を決定!ファン大喜び!《ドイツの反応》

【西ドイツアルゲマイネ新聞】

ZDFがセンセーショナルな決断!BVBファンは大喜び!

kagawa9.jpg

ドルトムントのファン達が大喜びしている!!!


ドルトムントのファン達はここ数週間、彼らの心のクラブの試合を諦めなければならなかった。次のドルトムントの試合はまだ数週間先になるとみられている。

スポンサーリンク


今はまったく試合が行われていないが、それでもドルトムントファンは喜んでいる。なんと今から2012年の5月12日に行われたポカール決勝戦の再放送が見れる事となったのだ。ドルトムントがバイエルンに5:2で勝利し、ポカール優勝でダブルを達成した試合だ。


この試合は無料だが、ノーカットで放送され、ベラ・レティのオリジナル実況付きだ。そこではレヴァンドフスキーがハットトリックを達成したが、当時のロッベンとリベリーでさえもボルシア・ドルトムントを止められなかったのだ。



試合を見たければZDF放送の“ARCHIV”から見つけることができる。それ以外には1984年に行われたポカール、シャルケ対バイエルン戦(6:6)も見ることができる。




以上です。

ZDFのサイトであの伝説の試合が見れるようになりました。あれは本当に歴史に残る試合でした。いまちょっと見ましたが素晴らしいですね。日本から見れるかどうかわかりませんが、いちおうリンクしておきます。


[ 2020/03/27 06:00 ] 海外サッカー | TB(-) | CM(6)
マンU移籍とかつまらないジョークかと思ったら観客席のファーガソンがカメラに抜かれて叫んだ記憶が
[ 2020/03/27 12:14 ] [ 編集 ]
リンク先はドイツ国内でのみ視聴可能のようです。残念!
[ 2020/03/27 18:24 ] [ 編集 ]
ヴァイデンフェラーの負傷交代で枠を一つ失ってもあの豪華なバイエルンに余裕で勝ってしまう最強時代のドルトムント。
レヴァンドフスキーに「この世のものと思えなかった」と言わしめた全盛期の香川。役目果たしてベンチに下がってもカメラに抜かれてましたね。
久しぶりに見直してみて思ったのは、香川やレヴァやフンメルスはもちろんピシュチェク、スボティッチ、グロクロ、そしてシュメルもこんないい選手だったのかと思ったし、ギュンドアンもこの直後の1年以上の離脱がなければ今頃レアルやバルサにいてもおかしくない逸材だった。
しかしリベリーのあのドリブルとゴール、別格でしたね。
[ 2020/03/27 22:36 ] [ 編集 ]
リンク先のはドイツ国内でしか観れないようなので、ニコニコ動画のを貼らせていただきます。
英語実況ですがこちらで観られます。

前半 https://www.nicovideo.jp/watch/sm17812843

後半 https://www.nicovideo.jp/watch/sm17814536
[ 2020/03/28 10:50 ] [ 編集 ]
ニコ動のアドレスありがとうございました。暗いニュースばかりの中久々楽しませて頂きました。いやー香川素晴らしい!「この世のものとは思えない」って言わしめるパフォーマンス。
でもドルトムントというチームの一体感がなせる技。香川のパフォーマンスは今もレアル戦等見てもそう変わらないけど、サラゴサとは一体感がまるで違うよね…バイエルンの選手達も懐かしいメンバーで楽しめた。
またあのワクワク感味わいたいから、早くコロナ収束して欲しいね。
[ 2020/03/29 10:31 ] [ 編集 ]
前回はありがとうございました。
>>「ただ得失点差ではポンフェラディーナが-5であるのに対して、コルーニャは-18となっていますから、残留はほぼ不可能ですが、理論的には13点差で勝利すれば残留という事になりそうですね・・。」

多くの国や国際大会でのルールでは勝ち点が並んだ場合は得失点差というのが基本なので勘違いしてしまいがちなのですが、リーガのルールですと、勝ち点が並んだ場合は直接対決の結果が優先されるというルールになっていたかと思います;;


勝ち点 → 直接対決(当該チーム間)の得失点差 → 全試合の得失点差 → 全試合の総得点 → フェアプレーポイント


今回では、コルーニャはアウェイで2-0で負け、ホームでは2-1で勝利しています。得失点差で、ポンフェラディーナの方が上かと思いますので、リーガのルールでいうと、コルーニャが最終節に試合をして何十点もの大量得点を取ったところで既に直接対決で負けているため降格は確定しているのかと思われます。
したがって、最終節をやらせてもらえないことへの訴えなら理解できないこともありませんが、それに絡めての降格うんぬんという訴えは無意味であり、間違いなく通らないので、そこら辺の変な訴えなり裁判なりが起こるのがスペインらしさに感じてしまいますね・・・。
[ 2020/07/29 18:00 ] [ 編集 ]
 












管理者にだけ表示を許可する
連絡先
ichliebefussball2014@gmail.com
当ブログについて
当ブログは、ドイツの情報を管理人の目線から日本の皆様に紹介することを目的としており、著作権の侵害を目的とするものではありません。 当ブログで使用されている写真と元記事の著作権は全て著作者にあります。 また当ブログは、全て管理人が自分で翻訳しています。写真に関しても、できるだけ自分で撮影したものを使用しておりますので、当ブログの記事、写真等を使用したい場合は、必ず事前にご連絡お願いします。(無断転載はしないでください。) また管理人が雑誌等を撮影した写真を載せる場合は、著作者を尊重して、解像度を落として、あくまで雰囲気だけが伝わるようにしてあります。 当ブログの記事に関して、ご指摘などございましたら、速やかに対処させていただきます。また当ブログは相互RSS、リンクの募集を致しております。どうぞお気軽に下記の連絡先までご連絡ください。